149件中 51 - 60件表示
  • 佐々木勇気

    佐々木勇気から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2004年、同4年(出場時は3年)のとき、小学生将棋名人戦で優勝(準優勝は、菅井竜也)。4年生の優勝は、1994年の渡辺明以来、史上2人目の最低学年記録である。同年9月、6級で奨励会に入会。佐々木勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川晶司

    瀬川晶司から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2006年10月10 - 11日(現地時間)に、アメリカ・サンフランシスコで行われた第19期竜王戦第1局では記録係を務めたが、2日目の昼休憩に寝入ってしまい、休憩明けの開始時間に遅刻し対局が時間どおりに進まなくなるハプニングを引き起こした。この竜王戦にて他の関係者は交代で仮眠を取っていたが、記録係は対局中に交代できないため、時差ボケ解消のための仮眠は休憩時にしか取れなかった。休憩後に竜王の渡辺明が指そうとしたとき、記録係の瀬川がいなかったため指すことを控えた。立会人の深浦康市がストップウォッチを用意していたところで瀬川が入室し対局が再開された(ちなみにこの対局は渡辺竜王(当時)が1分将棋になった末に負けたが、その後勝ち越してタイトルは防衛している)。主催紙の読売新聞では、紙面にてこのトラブルを「前代未聞の事態」と報じた。瀬川晶司 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山雄亮

    遠山雄亮から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2010年、6月から10月にかけて公式戦11連勝を記録し、一時、連勝ランキングでトップに立つ。同年、第52期(2011年度)王位戦において、予選で渡辺明、先崎学らを破り、初のリーグ入り(3勝2敗で陥落)。リーグ初戦で王将挑戦中の豊島将之に勝ったのが公式戦通算100勝目(72敗)となり、五段昇段。順位戦でも8勝2敗の好成績だったが、稲葉陽との順位1枚の差に泣き、またしてもC級1組への昇級はならなかった。遠山雄亮 フレッシュアイペディアより)

  • 指導棋士

    指導棋士から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    後藤元気 - 渡辺明の兄弟弟子。将棋ライター指導棋士 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉久史

    小倉久史から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第44期(2003年度)王位戦でリーグ入りし、羽生善治、渡辺明を破る活躍を見せたが、リーグ残留失敗。小倉久史 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河戦

    銀河戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    決勝戦で優勝した場合、「銀河」の称号が与えられ、次回大会まで番組内では「稲葉陽銀河」などのように呼称される。渡辺明が優勝した時には「銀河竜王」という称号になるため本人のブログなどで話題になった。第22期 銀河戦銀河戦 フレッシュアイペディアより)

  • マイナビ出版

    マイナビ出版から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    誰でもカンタン! 渡辺明の詰め将棋(2006年) ニンテンドーDSマイナビ出版 フレッシュアイペディアより)

  • 指宿白水館

    指宿白水館から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2017年(平成29年)12月5日 - 第30期竜王戦第5局が行われ羽生善治が渡辺明竜王に勝利し、永世七冠を達成。指宿白水館 フレッシュアイペディアより)

  • 古作登

    古作登から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    『よくわかる将棋入門』 渡辺明 (監修) 小学館 2008年古作登 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋のアマチュア棋戦

    将棋のアマチュア棋戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    羽生善治、佐藤康光、森内俊之、屋敷伸之、渡辺明ら数多くの棋士を輩出。将棋のアマチュア棋戦 フレッシュアイペディアより)

149件中 51 - 60件表示

「渡辺明」のニューストピックワード