149件中 61 - 70件表示
  • 佐藤秀司

    佐藤秀司から見た渡辺明 (棋士) 渡辺明 (棋士)

    第3期(2017年度)叡王戦で予選七段戦を勝ち抜き本戦に進出。本戦1回戦で渡辺明棋王に敗れる。佐藤秀司 フレッシュアイペディアより)

  • 横山泰明

    横山泰明から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第24期(2016年度)銀河戦では本戦(ブロック)で5連勝を達成し決勝トーナメント進出。渡辺明竜王らを破ってベスト4入り。横山泰明 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎健二

    神崎健二から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2016年に八段昇段。八段まで全て勝数規定で昇段したのは阿部隆、中田宏樹、中川大輔、日浦市郎、泉正樹に続き史上6人目である。また、順位戦B級2組を経験せずに八段昇段したのは屋敷伸之、渡辺明、日浦市郎に続き史上4人目である。神崎健二 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津流急戦矢倉

    阿久津流急戦矢倉から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第21期竜王戦七番勝負で、カド番に追い詰められた渡辺明竜王が第6局と第7局でこの戦法を連採し、逆転防衛の原動力となったことで、本戦法は再び注目を浴びることとなった。阿久津流急戦矢倉 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋倶楽部24

    将棋倶楽部24から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    将棋ソフト不正使用疑惑において、渡辺明は「一致率が40%でも急所のところでカンニングすれば勝てる」と述べており、高段者が要所でソフトを併用して指していると不正の立証が困難である。将棋倶楽部24 フレッシュアイペディアより)

  • 野月浩貴

    野月浩貴から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第56回(2006年度)NHK杯戦で、渡辺明(当時竜王)、島朗らを破りベスト4進出。野月浩貴 フレッシュアイペディアより)

  • 村山慈明

    村山慈明から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    棋界では渡辺明、戸辺誠と共に『酷評三羽烏』と言われ、歯に衣着せぬ物言いで知られる。ちなみに、村山は雛鳥らしい。村山慈明 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤能

    伊藤能から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    その他にも、要所要所で見せ場を作っている。第19回全日本プロ将棋トーナメント1回戦(2000年6月16日)では、後に初代永世竜王となる渡辺明に棋士人生初の黒星を喫させ、第61期順位戦・C級2組3回戦(2002年8月20日)では、第30回将棋大賞・連勝賞を受賞した山崎隆之の連勝を16で止めた。伊藤能 フレッシュアイペディアより)

  • Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太

    Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    中学2年生で迎えた第59回奨励会三段リーグ戦(2016年度前期)で、2016年9月3日に10月1日付・14歳2か月での四段昇段=プロ入りを決め、最年少棋士記録(加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段)を62年ぶりに更新した。中学生でプロ入りを果たしたのは、加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明に続いて5人目、また三段リーグを1期抜けしたのは、小倉久史・屋敷伸之・川上猛・松尾歩・三枚堂達也に続いて6人目であった。Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太 フレッシュアイペディアより)

  • 第18期竜王戦

    第18期竜王戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第18期竜王戦は、2005年度(2004年12月 - 2005年12月)の竜王戦である。竜王戦は将棋のタイトル戦の一つである。1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。今期は渡辺明竜王が防衛し2期連続2期目の獲得。第18期竜王戦 フレッシュアイペディアより)

149件中 61 - 70件表示

「渡辺明」のニューストピックワード