149件中 81 - 90件表示
  • 第23期竜王戦

    第23期竜王戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第23期竜王戦は、2010年度(2009年12月 - 2010年12月)の竜王戦である。竜王戦は将棋のタイトル戦の一つである。1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。今期は渡辺明竜王が防衛し7期連続7期目の獲得。第23期竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 森下卓

    森下卓から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2007年、第28回JT将棋日本シリーズで渡辺明竜王、佐藤康光JT杯覇者(棋聖・棋王)、森内俊之名人らタイトル保持者を連破して優勝。2008年、第29回JT将棋日本シリーズは、決勝で弟弟子の深浦康市王位を破って2連覇し、「自分でびっくりしました」と語った。しかし同年の順位戦では4勝8敗の不振によりB級2組への陥落が決定した。7森下卓 フレッシュアイペディアより)

  • 木村一基

    木村一基から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2005年、竜王戦の挑戦者決定三番勝負において2-0で三浦弘行を破り、ついにタイトル初挑戦。挑戦を決めた対局の後、盤の前に一人残り、涙を流した。しかし、七番勝負は渡辺明竜王に0-4で敗れる。木村一基 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤銀次郎

    斎藤銀次郎から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    弟子に平野広吉七段。平野門下には所司和晴がおり、所司門下の、渡辺明(永世竜王・永世棋王資格者)をはじめとする多数の棋士・女流棋士は、斎藤の曽孫弟子となる。斎藤銀次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第29期竜王戦

    第29期竜王戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第29期竜王戦は、2016年度(2015年12月 - 2016年12月)の竜王戦である。竜王戦は将棋のタイトル戦の一つである。1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。今期は渡辺明竜王が防衛し2期連続11期目の獲得。第29期竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り8五飛

    横歩取り8五飛から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    横歩取り8五飛は、上記の丸山の例以外でもタイトル戦の大舞台でもたびたび現れる戦法となった。劇的な一手で勝負がほぼ決してしまうこともあり、2004年の名人戦(森内俊之が羽生善治から名人位を奪取)における▲7四歩、2004年竜王戦(渡辺明が森内俊之から竜王位を奪取)における△3七歩などはその例であろう。横歩取り8五飛 フレッシュアイペディアより)

  • 相掛かり

    相掛かりから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    渡辺明 - 後手の守備力が高いので主導権を握りにくい。腰掛け銀は受け身、ひねり飛車は玉形の差が大きいので勝率が悪い。相掛かり フレッシュアイペディアより)

  • ジグザグジギー

    ジグザグジギーから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    中学・高校時代の同級生に将棋棋士の渡辺明(永世竜王・棋王の資格保持者)がおり、中高の6年間ずっと隣の席だった。当時は渡辺が登校途中に購入したスポーツ新聞から格闘技面だけを抜き出し宮澤に渡すのが習慣だったという。ジグザグジギー フレッシュアイペディアより)

  • シャンプーハット (お笑いコンビ)

    シャンプーハット (お笑いコンビ)から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    将棋好きで、腕前はアマチュア初段。仕事の合間を縫って関西将棋会館にもよく出没するほか、『将棋世界』が愛読誌であることを公言している。2014年4月にはニコニコ超会議の将棋企画で渡辺明二冠と飛車角落ち(二枚落ち)で対局し勝利を収め、2015年には日本将棋連盟から将棋普及に貢献したとして感謝状が贈られた。シャンプーハット (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 波戸康広

    波戸康広から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    趣味は将棋。2012年12月には日本将棋連盟から初段の免状が授与された。また2014年には、将棋親善大使に委嘱された。2015年7月には横浜FMの試合前イベントで郷田真隆王将(飛車落ち)と対局し、見事勝利を収め二段の認定を受けた。雑誌『将棋世界』2015年9月号に、渡辺明九段との対談記事が掲載される。2017年10月には北九州国際会議場で開かれた第7回国際将棋フォーラムの将棋トーナメントに日本代表として出場した。波戸康広 フレッシュアイペディアより)

149件中 81 - 90件表示

「渡辺明」のニューストピックワード