143件中 11 - 20件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た谷川浩司

    中学3年であった2000年3月、第26回三段リーグで13勝5敗の1位となり、同年4月に15歳で四段昇段(プロ入り)。加藤一二三・谷川浩司・羽生善治に続く、史上4人目の中学生棋士となった。なお、河口俊彦は渡辺を奨励会時代から高く評価していた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た所司和晴

    所司和晴門下。棋士番号235。東京都葛飾区出身。聖学院中学校・高等学校出身。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た佐藤康光

    第19期(2006年度)竜王戦はフルセットの末、佐藤康光の挑戦を退けて防衛に成功(2006年12月21日)。藤井猛と並んで最多タイ記録となる竜王位3連覇を達成した。この竜王戦では第1、2局で連敗し、第3局も途中まで劣勢に追い込まれていたが、終盤でまるで作ったような逆転の一手(本人談、124手目△7九角)があって逆転勝ちした。これで七番勝負の流れが変わり、続く第4、5局も勝って3連勝とした。第6局では渡辺の初手▲7六歩に対し、佐藤が2手目△3二金と指し渡辺を挑発した(3二の金は、相手が振り飛車の場合には適さない位置とされるため、2手目△3二金は居飛車党の棋士に対し「振り飛車も指せるか」と挑発する意味がある)。渡辺はこの挑発に乗って不慣れな振り飛車を指して負け、勝負の行方は最終局に持ち込まれる。そして第7局で、佐藤はまたしても2手目△3二金を採用したが、今度は渡辺は挑発に乗らず矢倉(相居飛車)になり、渡辺が勝利して竜王位を防衛した。47期王位戦リーグでは紅組で4-1の成績であったが、紅組プレーオフで敗退。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た郷田真隆

    2013年1月7日、第38期棋王戦挑戦者決定戦で羽生善治を下し、2期ぶりの挑戦権を獲得。2月9日に、準決勝で羽生、決勝で菅井竜也を破り第6回朝日杯将棋オープン戦優勝。3月7日、第62期王将戦で佐藤康光を4-1で下し、初の王将位を獲得。同月17日のNHK杯では、羽生善治を破り、5連覇を阻止したと同時に自身初優勝を果たした。同月24日、第38期棋王戦で、郷田真隆を3-1で下し、初の棋王位を獲得。史上8人目の三冠となった。2012年度の将棋大賞で自身初の最優秀棋士賞を受賞した。2013年4月26日、第84期棋聖戦挑戦者決定戦で、郷田真隆を破って挑戦権を得るも、結局1-3で羽生善治棋聖に敗れた。11月29日には、森内俊之名人に1-4で敗れ、竜王位失冠。歴代最長である竜王位連覇は9期でストップした。しかし第39期棋王戦では、挑戦者の三浦弘行に3-0でストレート勝ちして、2連覇を達成。第63期王将戦でも、挑戦者の羽生を4-3で破り、2連覇を達成した。2014年2月7日に、日本将棋連盟が発表した「2013年獲得賞金・対局料ベスト10」で、1億255万円で初の1位となり、羽生は16年ぶりに1位から陥落した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た藤沢秀行

    なお、5年の間に他のタイトルを獲得せず棋界最高峰(賞金額も最多)のタイトル1つだけを獲得・5連覇して永世称号を得たケースは囲碁界にもあり、藤沢秀行が棋聖戦(囲碁)において5連覇で名誉棋聖の称号を獲得している(最終的に6連覇、第1期(1977年)- 第6期))。ただし、藤沢の場合は棋聖獲得の前に名人や王座の獲得歴がある。49期王位戦リーグは1-4で陥落。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た石橋幸緒

    竜王に就位したばかりの頃、免状や記念扇子など、毛筆で署名・揮毫する機会が大幅に増えたのに対し、当時は書道が大の苦手だったため、将棋界の書道の達人で渡辺とは旧知の仲である石橋幸緒の指導を仰いだ。その結果、ある程度まともな字が書けるようになったが、時間が経つと元に戻ってしまった。これについて本人は「個性だから」と開き直っている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た小学館

    よくわかる将棋入門 (ビッグ・コロタン)(古作登との共著、2008年2月、小学館、ISBN 978-4-092-59112-7)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た角川書店

    ボナンザVS勝負脳 最強将棋ソフトは人間を超えるか(共著、2007年8月、角川書店、ISBN 978-4-04-710107-4)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た文藝春秋

    勝負心 (2013年11月、文藝春秋、ISBN 978-4-16-660950-5)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た戸辺誠

    村山慈明、戸辺誠、佐藤天彦と若手時代から交流が厚い。若手時代、渡辺、村山、戸辺で「酷評三羽烏」と呼ばれ、後に佐藤が加わって「四羽烏」となった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

143件中 11 - 20件表示

「渡辺明」のニューストピックワード