143件中 21 - 30件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た木村義雄

    渡辺が永世竜王の資格を得るまでに獲得したタイトルは竜王のみであるが、1種類のみのタイトルの獲得で永世称号を手にしたのは、名人戦以外のタイトル戦がなかった時代の木村義雄に続き2人目である。複数種タイトルがある中の1種類のみは初である。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た伊奈祐介

    2004年19歳のときに伊奈めぐみ(棋士の伊奈祐介の妹で元女流育成会員。詰将棋作家)と結婚。翌年長男が生まれた。その妻のめぐみは『別冊少年マガジン』2013年6月号より、渡辺を題材とした漫画『将棋の渡辺くん』の連載を始め、漫画家としてデビューしている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た宮田敦史

    1年で2級まで昇級し、1級で足踏みをするも、初段、二段をそれぞれ1年で通過し三段リーグ入り。中学進学時には「このまま行くと三段リーグと高校受験が被って大変なことになる」と考え、それを避けるために中高一貫校を受験しようと決意。同門の3年先輩である宮田敦史が通っており「将棋に理解がありそう」という理由で聖学院を選んだ。中学・高校時代の同級生に宮澤聡(ジグザグジギー)がおり、中高の6年間ずっと隣の席だった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た永瀬拓矢

    2015年から始まった第1期叡王戦には参加しなかった。2015年9月5日に開催された第36回JT将棋日本シリーズの2回戦で行方尚史と対局し、同棋戦史上最長の297手を記録したうえ、同棋戦史上初の持将棋になったが、同日中に指し直し局が行われ、渡辺が勝利した。 2015年9月14日、第28期竜王戦挑戦者決定戦で、永瀬拓矢を破り、糸谷哲郎竜王への挑戦権を獲得。渡辺にとっては初めて、後輩と戦うタイトル戦となったが、4-1で3期ぶりに竜王に復位し、棋王と合わせて二冠となる。続く第41期棋王戦でも、挑戦者の佐藤天彦を相手に3-1で防衛して4連覇を達成した。なお、渡辺が勝利した第41期棋王戦の最終第4局で2015年度の名局賞を受賞した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た大山康晴

    複数の永世称号を獲得した棋士は、大山康晴、中原誠、羽生善治に続いて史上4人目。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た行方尚史

    第22期(2014年)銀河戦で、決勝戦で松尾歩を破り、3年ぶり4回目の優勝。2014年11月16日に、第35回JT将棋日本シリーズの決勝戦で羽生を破り、初優勝を果たした。また、第40期棋王戦では、挑戦者の羽生善治に3-0でストレート勝ちして、3連覇を達成。しかし並行して行われていた第64期王将戦では棋王を奪った郷田真隆に3-4で敗れて王将位を郷田に奪われ、棋王のみの一冠に後退した。第73期A級順位戦では、渡辺明、広瀬章人、久保利明、行方尚史が、共に6勝3敗で並び、初のプレーオフへ進出できたが、久保に敗れて名人への挑戦権を得られず、2014年度を終えた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た松尾歩

    第22期(2014年)銀河戦で、決勝戦で松尾歩を破り、3年ぶり4回目の優勝。2014年11月16日に、第35回JT将棋日本シリーズの決勝戦で羽生を破り、初優勝を果たした。また、第40期棋王戦では、挑戦者の羽生善治に3-0でストレート勝ちして、3連覇を達成。しかし並行して行われていた第64期王将戦では棋王を奪った郷田真隆に3-4で敗れて王将位を郷田に奪われ、棋王のみの一冠に後退した。第73期A級順位戦では、渡辺明、広瀬章人、久保利明、行方尚史が、共に6勝3敗で並び、初のプレーオフへ進出できたが、久保に敗れて名人への挑戦権を得られず、2014年度を終えた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た糸谷哲郎

    2011年1月6日、第36期棋王戦挑戦者決定戦第2局において広瀬章人王位に勝利。敗者ゾーンからの2連勝で久保への挑戦権を獲得したが、1勝3敗で奪取はならなかった。2月17日、第60期王将戦リーグ残留決定戦では三浦弘行を破り、王将リーグ初残留を決めた。7月、第59期王座戦挑戦者決定戦で久保利明を破って挑戦権を得て、9月27日、3-0のストレートで19連覇中の羽生王座を下し初の王座位を獲得。初めての複数冠となり、規定により序列1位となる。また、第19期銀河戦において糸谷哲郎を下して4年ぶり3回目の優勝。12月2日、第24期竜王戦で丸山忠久を4-1で下し、竜王戦8連覇を達成した。そして、渡辺が勝利した第24期竜王戦第4局で名局賞を受賞した。一方で第32回JT将棋日本シリーズで決勝戦に進出するも、羽生に敗れ準優勝。第61期王将戦リーグでは4-2で残留。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た久保利明

    第68期B級1組順位戦は、渡辺(竜王)、久保利明(棋王)、深浦康市(王位)という当時の3名のタイトル保持者によるA級昇級争いとなる。2010年2月5日に行われた第12回戦で深浦との直接対決を制し、順位戦初参加から10年目・B級1組3年目にして、ついにA級昇級を決める。第51期王位戦リーグでは復帰するも、3-2で陥落。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た棋聖戦 (将棋)

    同年、第78期棋聖戦で、竜王としてようやく初めてのタイトル挑戦者となるが、佐藤康光に1-3で敗れ二冠を逃す。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

143件中 21 - 30件表示

「渡辺明」のニューストピックワード