143件中 31 - 40件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た棋王戦 (将棋)

    渡辺 明(わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た藤井猛

    そして森内俊之竜王との第17期竜王戦七番勝負でフルセットの末に勝ち、2004年12月28日、名人とともに将棋界の二大タイトルの一つである竜王位を弱冠20歳で獲得した。4組から竜王挑戦し、奪取に成功したのは藤井猛以来2人目である。また、20歳でのタイトル獲得は、屋敷(18歳・棋聖)、羽生(19歳・竜王)に次ぐ史上3番目の年少記録であった。なお、竜王奪取の前々日には、渡辺を追ったテレビのドキュメンタリー番組(毎日放送制作・TBS系『情熱大陸』)が放送されている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た加藤一二三

    中学3年であった2000年3月、第26回三段リーグで13勝5敗の1位となり、同年4月に15歳で四段昇段(プロ入り)。加藤一二三・谷川浩司・羽生善治に続く、史上4人目の中学生棋士となった。なお、河口俊彦は渡辺を奨励会時代から高く評価していた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た棋風

    2004年の竜王奪取時までは、後手番では横歩取り8五飛を多用していたが、2005年以降は採用数が極端に減った。このことについて、本人は将棋世界の中で「横歩取りばっかり指していると進歩が無い」とコメントしているが、この他にも研究が進んで後手が勝ち辛くなってきたことが挙げられる。その「棋風変更」のため、後手番の初手にはほとんど飛車先の歩を突く、現在の棋界では少数派である「居飛車正統派」となり、そのため「後手番で苦戦している」といわれていた。しかし、第21期竜王戦では後手急戦矢倉を採用し、かつ新手を繰り出すという趣向を見せ、それまで戦法の単調さに苦言を呈すことの多かった谷川浩司も「評価が大きく変わった」と絶賛した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た伊奈川愛菓

    所司門下の同門には、棋士の松尾歩・宮田敦史・石田直裕・石井健太郎・近藤誠也・大橋貴洸、女流棋士の伊奈川愛菓・渡辺弥生がいる。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た深浦康市

    同年、第48期王位戦では4-1で白組プレーオフを制し、挑戦者決定戦に進出したが、深浦康市に敗れる。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た森けい二

    2004年、第17期竜王戦の4組で阿久津主税、橋本崇載、塚田泰明らを破って優勝し、本戦トーナメントに進出。本戦トーナメントでは森雞二、谷川浩司、屋敷伸之に勝ち、挑戦者決定三番勝負では森下卓を2-0のストレートで破り、無敗の10連勝で挑戦権を得る。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た千葉幸生

    第13期(2005年)銀河戦で森内を撃破し、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦で初優勝。さらに第36期(2005年度)新人王戦三番勝負で、千葉幸生を2連勝で破り優勝。この年度は41勝を挙げ、将棋大賞の優秀棋士賞(新設)と最多勝利賞を受賞。記録部門での受賞は、これが初。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た塚田泰明

    2004年、第17期竜王戦の4組で阿久津主税、橋本崇載、塚田泰明らを破って優勝し、本戦トーナメントに進出。本戦トーナメントでは森雞二、谷川浩司、屋敷伸之に勝ち、挑戦者決定三番勝負では森下卓を2-0のストレートで破り、無敗の10連勝で挑戦権を得る。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た村山慈明

    村山慈明、戸辺誠、佐藤天彦と若手時代から交流が厚い。若手時代、渡辺、村山、戸辺で「酷評三羽烏」と呼ばれ、後に佐藤が加わって「四羽烏」となった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示

「渡辺明」のニューストピックワード