143件中 41 - 50件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た千田翔太

    2017年3月27日、第42期棋王戦第5局で勝ち、千田翔太の挑戦を3-2で退けて棋王を防衛し(5連覇)、羽生善治以来22年ぶり、史上2人目の永世棋王を獲得した。永世棋王の条件は「連続5期」のみなので、他の永世称号に比べて獲得が難しい。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た橋本崇載

    2004年、第17期竜王戦の4組で阿久津主税、橋本崇載、塚田泰明らを破って優勝し、本戦トーナメントに進出。本戦トーナメントでは森雞二、谷川浩司、屋敷伸之に勝ち、挑戦者決定三番勝負では森下卓を2-0のストレートで破り、無敗の10連勝で挑戦権を得る。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た日浦市郎

    順位戦B級2組を経験せずに八段昇段(屋敷伸之に続き史上2人目、後に日浦市郎、神崎健二も「達成」)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た大橋貴洸

    所司門下の同門には、棋士の松尾歩・宮田敦史・石田直裕・石井健太郎・近藤誠也・大橋貴洸、女流棋士の伊奈川愛菓・渡辺弥生がいる。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た先崎学

    第46期王位戦でリーグ入り。このときの紅組リーグでは渡辺を含む4名が3-2の同率首位となりプレーオフが開かれ、1回戦で屋敷伸之に勝利するも2回戦で先崎学に敗れ、リーグも陥落となった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た河口俊彦

    中学3年であった2000年3月、第26回三段リーグで13勝5敗の1位となり、同年4月に15歳で四段昇段(プロ入り)。加藤一二三・谷川浩司・羽生善治に続く、史上4人目の中学生棋士となった。なお、河口俊彦は渡辺を奨励会時代から高く評価していた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た森下卓

    2004年、第17期竜王戦の4組で阿久津主税、橋本崇載、塚田泰明らを破って優勝し、本戦トーナメントに進出。本戦トーナメントでは森雞二、谷川浩司、屋敷伸之に勝ち、挑戦者決定三番勝負では森下卓を2-0のストレートで破り、無敗の10連勝で挑戦権を得る。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た木村さゆり

    小学校1年生の頃、アマ五段の父に教えられ将棋を覚える。1994年、小学4年(出場時は3年)で第19回小学生将棋名人戦優勝。小学生将棋名人戦で、4年生での優勝は史上初であった(その後、複数名の例がある)。同年、所司和晴門下で奨励会を受験し、6級で入会。奨励会入会試験では木村さゆり6級(現・竹部さゆり女流)と対戦して勝利したが、この対局は互いに極端な早指しで2分で終わった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た菅井竜也

    2013年1月7日、第38期棋王戦挑戦者決定戦で羽生善治を下し、2期ぶりの挑戦権を獲得。2月9日に、準決勝で羽生、決勝で菅井竜也を破り第6回朝日杯将棋オープン戦優勝。3月7日、第62期王将戦で佐藤康光を4-1で下し、初の王将位を獲得。同月17日のNHK杯では、羽生善治を破り、5連覇を阻止したと同時に自身初優勝を果たした。同月24日、第38期棋王戦で、郷田真隆を3-1で下し、初の棋王位を獲得。史上8人目の三冠となった。2012年度の将棋大賞で自身初の最優秀棋士賞を受賞した。2013年4月26日、第84期棋聖戦挑戦者決定戦で、郷田真隆を破って挑戦権を得るも、結局1-3で羽生善治棋聖に敗れた。11月29日には、森内俊之名人に1-4で敗れ、竜王位失冠。歴代最長である竜王位連覇は9期でストップした。しかし第39期棋王戦では、挑戦者の三浦弘行に3-0でストレート勝ちして、2連覇を達成。第63期王将戦でも、挑戦者の羽生を4-3で破り、2連覇を達成した。2014年2月7日に、日本将棋連盟が発表した「2013年獲得賞金・対局料ベスト10」で、1億255万円で初の1位となり、羽生は16年ぶりに1位から陥落した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た高尾紳路

    将来の夢は「馬主になること」というほどの競馬好きで、GI競走のテレビ中継にゲストとして呼ばれたこともある。2008年竜王戦第1局はパリで行われたが、その際もサンクルー競馬場に立ち寄って馬券を購入したという。同じく競馬好きで知られる囲碁棋士の高尾紳路の紹介で一口馬主になったりもしている。棋士引退後は「フルタイム競馬ジジイ」になりたいとのことで、競馬雑誌のインタビューでは「現役を引退して、月曜日の朝から(前の週の)レースを全部見たりするのが、今から楽しみなんですよ」と語っている。ただ妻からは「今もう隠居してるじゃん」「週休5日のくせに」と突っ込まれている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示

「渡辺明」のニューストピックワード