91件中 41 - 50件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たパリ

    将来の夢は「馬主になること」というほどの競馬好きで、GI競走のテレビ中継にゲストとして呼ばれたこともある。2008年竜王戦第1局はパリで行われたが、その際もサンクルー競馬場に立ち寄って馬券を購入したという。棋士引退後は「フルタイム競馬ジジイ」になりたいとのことで、競馬雑誌のインタビューでは「現役を引退して、月曜日の朝から(前の週の)レースを全部見たりするのが、今から楽しみなんですよ」と語っている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た2009年

    2009年度の第22期竜王戦では、永世名人の資格を持つ森内俊之が挑戦者となり、タイトル戦として史上初の「永世竜王対永世名人」(資格者)という戦いとなったが、第4局(2009年11月25 - 26日)まで渡辺が4連勝のストレートで防衛に成功(6連覇)。そして次年度(2010年度)の第23期は、羽生善治の2年ぶりとなる挑戦を4勝2敗で返り討ちにして7連覇を達成、竜王7期も6期の羽生を抜いて歴代単独トップとなった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たTBSテレビ

    そして森内俊之との第17期竜王戦七番勝負でフルセットの末に勝ち、2004年12月28日、名人とともに将棋界の二大タイトルの一つである竜王位を弱冠20歳で獲得した。4組から竜王挑戦し、奪取に成功したのは藤井猛以来2人目である。また、20歳でのタイトル獲得は、屋敷(18歳・棋聖)、羽生(19歳・竜王)に次ぐ史上3番目の年少記録であった。なお、竜王奪取の前々日には、渡辺を追ったテレビのドキュメンタリー番組(毎日放送制作・TBS系『情熱大陸』)が放送されていた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た日本放送協会

    竜王戦の挑戦者になった際に記念扇子を作ることになっていたが、書道が大の苦手だったらしく、将棋界の書道の達人で渡辺とは旧知の仲である石橋幸緒に指導を受けて腕を上げた(NHKのトップランナーにて紹介される)。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た筑摩書房

    頭脳勝負 将棋の世界(2007年11月、筑摩書房、ISBN 978-4-480-06392-2)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た浅川書房

    四間飛車破り 急戦編(2005年4月、浅川書房、ISBN 4-86137-009-4)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た新進棋士奨励会

    小学1年生頃、アマ五段の父に教えられ将棋を覚える。1994年、葛飾区立宝木塚小学校4年生(出場時は3年生)で第19回小学生将棋名人戦に出場し、4年生で史上初の優勝(その後、複数名の例がある)。その年に所司和晴に入門し、6級として奨励会入り。1年間で2級まで昇級する。1級で足踏みをするも、初段、二段をそれぞれ1年で通過し三段リーグ入り。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た順位戦

    2002年度の第61期順位戦C級2組で9勝1敗の成績を挙げC級1組へ昇級。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た王位戦

    2003年9月、王座戦において、史上3番目の若さ(19歳)でタイトル挑戦者となり、棋界の第一人者である羽生善治に挑んだ。第3局までで渡辺の2-1で羽生をカド番に追い込んだが、そこから2連敗しタイトル獲得には至らなかった。この活躍により、将棋大賞の新人賞を受賞。第44期王位戦リーグ入り(1-4)。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た棋士 (将棋)

    渡辺 明(渡邊 明、わたなべ あきら、1984年4月23日- )は、将棋棋士。永世竜王の資格を保持。所司和晴門下。棋士番号は235。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「渡辺明」のニューストピックワード