91件中 51 - 60件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た銀河戦

    第13期(2005年)銀河戦で森内を撃破し、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦で初優勝。さらに第36期(2005年度)新人王戦三番勝負で、千葉幸生を2連勝で破り優勝。この年度は41勝を挙げ、将棋大賞の優秀棋士賞(新設)と最多勝利賞を受賞。記録部門での受賞は、これが初。46期王位戦リーグ入りし、紅組で3-2の成績。紅組は4名が3-2となり4名トーナメントによるプレーオフが行われたが、1勝に終わった。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    2006年3月、初めてNHK杯(2005年度)の決勝に進出。相手は丸山忠久であったが惜しくも敗れる。この将棋は渡辺の先手となったが、初手は非常に珍しい▲3六歩(袖飛車戦法)であった。局後のインタビューで「決勝戦なので一発派手なことをやってやろうかと」と語った。また、63手目▲3三桂不成と捨てた手についても、「魅せてやろうかと(思って)」と語る。第64期順位戦C級1組を8勝2敗でB級2組に昇級。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た競馬

    将来の夢は「馬主になること」というほどの競馬好きで、GI競走のテレビ中継にゲストとして呼ばれたこともある。2008年竜王戦第1局はパリで行われたが、その際もサンクルー競馬場に立ち寄って馬券を購入したという。棋士引退後は「フルタイム競馬ジジイ」になりたいとのことで、競馬雑誌のインタビューでは「現役を引退して、月曜日の朝から(前の週の)レースを全部見たりするのが、今から楽しみなんですよ」と語っている。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た中飛車

    一方、第20期(2007年度)竜王戦では逆に2年連続で佐藤の挑戦を受け、4勝2敗で防衛に成功し、竜王戦の連覇新記録となる竜王位4連覇を達成。佐藤とは、互いに自分のタイトルを防衛・連覇し合う結果となった。この竜王戦第6局では前年に引き続き、後手番となった佐藤が渡辺の初手▲7六歩に対し2手目△3二金を採用。渡辺はこの竜王戦の前に、将棋世界の「イメージと読みの将棋観」の中で「この手に対しては中飛車で指せば先手がいい。今度指されたら中飛車にしますよ」と語っており、その予告通りに渡辺は飛車を中央に転回。その結果、佐藤も飛車を中央に振って相中飛車の力戦となり、最終的に渡辺が勝利した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たJT将棋日本シリーズ

    2011年1月6日、渋谷区千駄ヶ谷・東京将棋会館にて行われた第36期棋王戦挑戦者決定戦第2局において広瀬章人王位に勝利。敗者ゾーンからの2連勝で久保への挑戦権を獲得したが、1勝3敗で奪取はならなかった。2月17日、第60期王将戦リーグ残留決定戦では三浦弘行を破り、王将リーグ初残留を決めた。7月、第59期王座戦挑戦者決定戦で久保利明を破る。9月27日、3-0のストレートで19連覇中の羽生王座を下し初の王座位を獲得。初めての複数冠となり、規定により序列1位となる。また、第19期銀河戦において糸谷哲郎を下して4年ぶり3回目の優勝。12月2日、第24期竜王戦で丸山忠久を4-1で下し、竜王戦8連覇を達成した。一方で第32回JT将棋日本シリーズこの棋戦で初勝利を上げた後、勝利を重ね決勝戦に進出するも、羽生に敗れ準優勝。第61期王将戦リーグでは4-2で残留。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た千駄ヶ谷

    2011年1月6日、渋谷区千駄ヶ谷・東京将棋会館にて行われた第36期棋王戦挑戦者決定戦第2局において広瀬章人王位に勝利。敗者ゾーンからの2連勝で久保への挑戦権を獲得したが、1勝3敗で奪取はならなかった。2月17日、第60期王将戦リーグ残留決定戦では三浦弘行を破り、王将リーグ初残留を決めた。7月、第59期王座戦挑戦者決定戦で久保利明を破る。9月27日、3-0のストレートで19連覇中の羽生王座を下し初の王座位を獲得。初めての複数冠となり、規定により序列1位となる。また、第19期銀河戦において糸谷哲郎を下して4年ぶり3回目の優勝。12月2日、第24期竜王戦で丸山忠久を4-1で下し、竜王戦8連覇を達成した。一方で第32回JT将棋日本シリーズこの棋戦で初勝利を上げた後、勝利を重ね決勝戦に進出するも、羽生に敗れ準優勝。第61期王将戦リーグでは4-2で残留。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た王将戦

    2009年9月24日、第59期王将戦の二次予選決勝で勝ち、棋界随一の難関(定員7名、残留4名)である王将リーグに初めて入る。しかし、この時のリーグ戦では2-4で負け越して陥落となった。第50期王位戦リーグに復帰するも、3-2で陥落。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た小学生将棋名人戦

    小学1年生頃、アマ五段の父に教えられ将棋を覚える。1994年、葛飾区立宝木塚小学校4年生(出場時は3年生)で第19回小学生将棋名人戦に出場し、4年生で史上初の優勝(その後、複数名の例がある)。その年に所司和晴に入門し、6級として奨励会入り。1年間で2級まで昇級する。1級で足踏みをするも、初段、二段をそれぞれ1年で通過し三段リーグ入り。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た穴熊囲い

    居飛車党で、固い玉形、特に居飛車穴熊からの攻めを得意にしており、矢倉、対振り飛車、角換わりとあらゆる戦型において駒を繰り替えて『穴熊』にする戦い方を用いることが多く、特に先手番における矢倉穴熊の勝率が高い。また、少々強引でも自玉が安全なため結果的に攻めが成功する、いわゆる「Z(ゼット):絶対玉が詰まない形にして攻めまくる」と呼ばれるパターンが多く、現代的な実戦感覚に優れているとされる。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た横歩取り8五飛

    2004年の竜王奪取時までは、後手番では横歩取り8五飛を多用していたが、2005年以降は採用数が極端に減った。このことについて、本人は将棋世界の中で「横歩取りばっかり指していると進歩が無い」とコメントしているが、この他にも研究が進んで後手が勝ち辛くなってきたことが挙げられる。その「棋風変更」のため、後手番の初手にはほとんど飛車先の歩を突く、現在の棋界では少数派である「居飛車正統派」となり、そのため「後手番で苦戦している」といわれていた。しかし、第21期竜王戦では後手急戦矢倉を採用し、かつ新手を繰り出すという趣向を見せ、それまで戦法の単調さに苦言を呈すことの多かった谷川浩司も「評価が大きく変わった」と絶賛した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「渡辺明」のニューストピックワード