143件中 81 - 90件表示
  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たマガジン・マガジン

    渡辺流 次の一手 (2013年10月、マガジン・マガジン、ISBN 978-4-89644-845-0)渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た棋戦 (将棋)

    渡辺 明(わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た銀河戦

    第13期(2005年)銀河戦で森内を撃破し、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦で初優勝。さらに第36期(2005年度)新人王戦三番勝負で、千葉幸生を2連勝で破り優勝。この年度は41勝を挙げ、将棋大賞の優秀棋士賞(新設)と最多勝利賞を受賞。記録部門での受賞は、これが初。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た王位戦 (将棋)

    2003年9月、第51期王座戦で、史上3番目の若さ(19歳)でタイトル挑戦者となり、棋界のトップである羽生善治に挑んだ。第3局までで渡辺の2-1で羽生をカド番に追い込んだが、そこから2連敗しタイトル獲得には至らなかった。この活躍により、将棋大賞の新人賞を受賞。第44期王位戦リーグ入り(1-4)。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た将棋大賞

    2003年9月、第51期王座戦で、史上3番目の若さ(19歳)でタイトル挑戦者となり、棋界のトップである羽生善治に挑んだ。第3局までで渡辺の2-1で羽生をカド番に追い込んだが、そこから2連敗しタイトル獲得には至らなかった。この活躍により、将棋大賞の新人賞を受賞。第44期王位戦リーグ入り(1-4)。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た詰将棋

    実は若い頃は詰将棋が大の苦手だった。奨励会時代はそのため詰将棋が嫌いだったが、竜王に就位してから試しにやってみたら解けるようになっていたという。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た王将戦

    2009年9月24日、第59期王将戦の二次予選決勝で勝ち、棋界随一の難関(定員7名、残留4名)である王将リーグに初めて入る。しかし、この時のリーグ戦では2-4で負け越して陥落となった。第50期王位戦リーグに復帰するも、3-2で陥落。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た竜王戦

    渡辺 明(わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    2006年3月、初めてNHK杯(2005年度)の決勝に進出。相手は丸山忠久であったが惜しくも敗れる。この将棋は渡辺の先手となったが、初手は非常に珍しい▲3六歩(袖飛車戦法)であった。局後のインタビューで「決勝戦なので一発派手なことをやってやろうかと」と語った。また、63手目▲3三桂不成と捨てた手についても、「魅せてみようかと(思って)」と語る。第64期順位戦C級1組を8勝2敗でB級2組に昇級。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た叡王戦

    2015年から始まった第1期叡王戦には参加しなかった。2015年9月5日に開催された第36回JT将棋日本シリーズの2回戦で行方尚史と対局し、同棋戦史上最長の297手を記録したうえ、同棋戦史上初の持将棋になったが、同日中に指し直し局が行われ、渡辺が勝利した。 2015年9月14日、第28期竜王戦挑戦者決定戦で、永瀬拓矢を破り、糸谷哲郎竜王への挑戦権を獲得。渡辺にとっては初めて、後輩と戦うタイトル戦となったが、4-1で3期ぶりに竜王に復位し、棋王と合わせて二冠となる。続く第41期棋王戦でも、挑戦者の佐藤天彦を相手に3-1で防衛して4連覇を達成した。なお、渡辺が勝利した第41期棋王戦の最終第4局で2015年度の名局賞を受賞した。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

143件中 81 - 90件表示

「渡辺明」のニューストピックワード