前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • 2016年の競輪

    2016年の競輪から見た渡邉晴智渡邉晴智

    2日 - 【記録】渡邉晴智(静岡73期)が弥彦記念決勝にて、通算取得賞金で10億円を突破。競輪で通算26人目、現役では今年5月25日の山崎芳仁以来15人目の達成。2016年の競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺晴智

    渡辺晴智から見た渡邉晴智渡邉晴智

    渡辺晴智 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の自転車競技

    1973年の自転車競技から見た渡邉晴智渡邉晴智

    7月30日 - 渡邉晴智 (、競輪選手)1973年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 金子貴志

    金子貴志から見た渡邉晴智渡邉晴智

    競輪選手となってからは競輪のみならず自転車競技のトラックレースでも活躍の場を広げ、2002年に韓国の釜山で開催されたアジア競技大会では、個人、チーム(神山雄一郎、渡邉晴智とともに)の両スプリント種目を制覇した。金子貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 新田康仁

    新田康仁から見た渡邉晴智渡邉晴智

    2008年は高松宮記念杯競輪での決勝において同県の渡邉晴智とワン・ツー(新田は2着)を決め、その勢いのまま7月に四日市競輪場で行われたサマーナイトフェスティバルでは自身初のGII優勝を果たした。新田康仁 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉雄太

    渡邉雄太から見た渡邉晴智渡邉晴智

    渡邉 雄太(わたなべ ゆうた、1994年12月1日 - )は、静岡県富士市出身の競輪選手。日本競輪学校第105期生。日本競輪選手会静岡支部所属。師匠は同じく競輪選手で叔父の渡邉晴智(73期)。渡邉雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た渡邉晴智渡邉晴智

    第61回日本選手権競輪(静岡競輪場 3月18日〜23日) 優勝:渡邉晴智2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 神山雄一郎

    神山雄一郎から見た渡辺晴智渡邉晴智

    2015年4月に共同通信社杯競輪を優勝した際には、自身が持ち味を称える追い込み選手として、山口健治、井上茂徳、伊藤公人、山口幸二、小野俊之、高木隆弘、佐藤慎太郎、渡辺晴智の名を挙げていった。神山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高知競輪場

    高知競輪場から見た渡邉晴智渡邉晴智

    2013年7月25日の記念競輪初日11R特選競走で武田豊樹、渡邉晴智以下7人が牽制しあう間に単騎で中村一将がスパートし、そのまま1位で入線(ゴール)した。しかし他の7選手は大差のまま入線してしまったため、2位以下入線の7名が追走義務違反のため失格となる。レース自体は中村の1着で成立したが2着が成立しなかったため、このレースの7賭式車券と当日のDokanto!4twoは全額返還となった。なお失格の7名は高知競輪場から1年以上のあっせん停止処分を受け即日帰郷となり、後日JKAより失格の日より4ヶ月以上全ての競走へのあっせんを停止する処分が下された。高知競輪場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示

「渡辺晴智」のニューストピックワード