前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示
  • 川西政明

    川西政明から見た渡辺淳一渡辺淳一

    大阪府大阪市生まれ。広島県尾道市出身。1965年、中央大学商学部卒業後、河出書房新社へ入社し、文芸編集者生活時代には『高橋和巳作品集』、『埴谷雄高作品集』などを編集、渡辺淳一の担当だった。1972年に退社後、文芸評論活動に専念。戦後派文学や新日本文学会で活動した作家に関する論考が多い。1997年『わが幻の国』で第25回平林たい子文学賞、2006年に『武田泰淳伝』で第17回伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。川西政明 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のテレビドラマ (日本)

    2013年のテレビドラマ (日本)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    日本テレビ系水曜ドラマ枠にて、渡辺淳一原作の医療サスペンスドラマ『雲の階段』(主演:長谷川博己)放送開始( - 6月19日)。2013年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 雲の階段

    雲の階段から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『雲の階段』(くものかいだん)は、渡辺淳一による日本の小説。雲の階段 フレッシュアイペディアより)

  • 七里圭

    七里圭から見た渡辺淳一渡辺淳一

    2007年には、『眠り姫』、『ホッテントットエプロン―スケッチ』、『マリッジリング』と、3本の監督作品が公開された。七里圭 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼義

    有馬頼義から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1960年代から、自宅に若手作家たちを集めて「石の会」を主宰。高井有一、高橋昌男、色川武大、佃実夫、萩原葉子、室生朝子、後藤明生、森内俊雄、渡辺淳一、梅谷馨一、早乙女貢らが参加していた。有馬頼義 フレッシュアイペディアより)

  • 別れぬ理由

    別れぬ理由から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『別れぬ理由』(わかれぬりゆう)は、渡辺淳一が1986年に発表した小説。『週刊新潮』2月13日号から1987年3月5日号まで連載された。同作を原作とし、1987年に製作・公開された日本映画と1988年にTBS系列で放送されたテレビドラマについても紹介する。別れぬ理由 フレッシュアイペディアより)

  • 桜の樹の下で

    桜の樹の下でから見た渡辺淳一渡辺淳一

    『桜の樹の下で』(さくらのきのしたで)は、渡辺淳一が1987年に発表した小説。週刊朝日の5月8日号から1988年4月22日号に連載された。同作を原作とし、1989年に公開された日本映画についても紹介する。桜の樹の下で フレッシュアイペディアより)

  • 中城ふみ子

    中城ふみ子から見た渡辺淳一渡辺淳一

    また川端は小説『眠れる美女』にふみ子の『乳房喪失』の歌の「不眠のわれに夜が用意しくるもの蟇、黒犬、水死人のたぐひ」を引用し、渡辺淳一はふみ子をモデルにした小説『冬の花火』を書いている。中城ふみ子 フレッシュアイペディアより)

  • 中島丈博

    中島丈博から見た渡辺淳一渡辺淳一

    失楽園(1997年、よみうりテレビ・日本テレビ系列)- 渡辺淳一原作中島丈博 フレッシュアイペディアより)

  • ひとひらの雪

    ひとひらの雪から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『ひとひらの雪』(ひとひらのゆき)は、渡辺淳一の恋愛小説、またそれを原作とした映像作品。小説は1981年3月12日から1982年5月10日にかけて『毎日新聞』朝刊に掲載され、1983年3月に文藝春秋から単行本上下巻がまとめて刊行された。単行本は後に角川書店、集英社でも出版された。本項目では、同作を原作とした映画およびテレビドラマについても記述する。ひとひらの雪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード