159件中 91 - 100件表示
  • 4月30日

    4月30日から見た渡辺淳一渡辺淳一

    2014年 - 渡辺淳一、小説家(* 1933年)4月30日 フレッシュアイペディアより)

  • 小島可奈子

    小島可奈子から見た渡辺淳一渡辺淳一

    2008年、映画『泪壺』(渡辺淳一原作)で、銀幕初主演。小島可奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 火宅の人

    火宅の人から見た渡辺淳一渡辺淳一

    断続的に小説連載中の1960年代半ば、当時の東映京都撮影所所長・岡田茂(のち、同社社長)が檀一雄の異母兄弟である高岩淡に「これは東宝向けやから、うちは映画にせんとこうよ」と言い、高岩も「いいですよ」という話で終わっていた。岡田は檀の東大経済学部の後輩にあたり、檀の無二の親友である坪井与(與)と3人で戦後すぐからよく飲み歩いていた仲だった。その後1982年の『鬼龍院花子の生涯』の大ヒットで、東映でも文芸作品の企画が通りやすい状況になり、1983年になって深作欣二が『人生劇場』を正月跨ぎで京都で撮影していた時、「おせち料理が食べたい」と深作が言うので高岩が自宅に深作と松坂慶子を一緒に招待した。すると深作が「檀一雄の資料を見せてくれ」と言うので高岩が「何で?」と聞くと「『火宅の人』をやりたい」「東映がダメなら松竹か東宝でやる」と言って檀の資料を持って帰った。1985年の渡辺淳一原作『ひとひらの雪』の監督を深作が事情で降板したとき、深作と高岩が相談して何かやってると聞きつけた岡田社長が高岩に「何をやるんだ」と問い詰め、高岩が「社長は反対するかもしれませんけど『火宅の人』を深作とやりたいんです」と言ったら、岡田が膝をたたいて「いまの東映ならもってこいや、やれ!」と製作OKが出た。火宅の人 フレッシュアイペディアより)

  • オール讀物新人賞

    オール讀物新人賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第53回 - 62回:井上、藤沢、古山、小松左京、渡辺淳一 オール讀物新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 風姿花伝

    風姿花伝から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 『秘すれば花』(現代語での解説・エッセイ)講談社文庫 (同書のオーディオブック/電子書籍版)風姿花伝 フレッシュアイペディアより)

  • 保阪 尚希

    保阪尚希から見た渡辺淳一渡辺淳一

    マリッジリング(2007年) - 桑村紀夫 役保阪尚希 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の流刑地

    愛の流刑地から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『愛の流刑地』(あいのるけいち)は、渡辺淳一の長編小説。2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」朝刊に連載。2006年に幻冬舎から刊行された。略称は「愛ルケ(あいるけ)」。新聞掲載時の挿絵は小松久子が担当。2007年に相次いで映画化・TVドラマ化された。初版発行部数は、上下巻合わせて40万部。愛の流刑地 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 『幻覚』(中央公論新社)2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川市中央図書館

    豊川市中央図書館から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1993年(平成5年)10月には豊川市制50周年記念事業として「本に親しむみんなのつどい」を開催し、小説家の渡辺淳一が講師を務めたイベントには801人の参加者があった。1994年(平成6年)7月には貸出冊数を4冊から5冊に増やした。1997年(平成9年)8月には豊川市立保育園におやこ文庫を設置し、図書の配送を開始した。1998年(平成10年)5月には保育園や小学校などを対象に団体貸出を開始した。豊川市中央図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部定事件

    阿部定事件から見た渡辺淳一渡辺淳一

    「失楽園」渡辺淳一 1997年(平成9年)阿部定事件 フレッシュアイペディアより)

159件中 91 - 100件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード