159件中 101 - 110件表示
  • 1977年のテレビ (日本)

    1977年のテレビ (日本)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    まひる野(原作:渡辺淳一/出演:中野良子、平幹二朗、芦田伸介、野際陽子 他)1977年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 見城徹

    見城徹から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1993年、取締役編集部長の役職を最後に角川書店を退社。部下5人と幻冬舎を設立、代表取締役社長に就任。設立後、五木寛之『大河の一滴』『人生の目的』、石原慎太郎『弟』『老いてこそ人生』、唐沢寿明『ふたり』、郷ひろみ『ダディ』、天童荒太『永遠の仔』、梁石日『血と骨』、向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』、村上龍『13歳のハローワーク』、上大岡トメ『キッパリ!』、木藤亜也『1リットルの涙』、山田宗樹『嫌われ松子の一生』、劇団ひとり『陰日向に咲く』の14作のミリオンセラーをはじめ、小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言・戦争論1 - 3』、白川道『天国への階段』、細川貂々『ツレがうつになりまして。』、村上龍『半島を出よ』、渡辺淳一『愛の流刑地』、宮部みゆき『名もなき毒』など、ベストセラーを送り出した。見城徹 フレッシュアイペディアより)

  • 色川武大

    色川武大から見た渡辺淳一渡辺淳一

    夏堀正元、井出孫六、黒井千次らと同人誌『層』発刊。また近藤信行、平岡篤頼、古井由吉等の同人誌『白猫』にも参加。有馬頼義主宰の若手作家の文学サロン「石の会」では高井有一、高橋昌男、五木寛之、佃實夫、萩原葉子、室生朝子、中山あい子、後藤明生、森内俊雄、渡辺淳一、梅谷馨一、立松和平らを知る。色川武大 フレッシュアイペディアより)

  • 倍賞 千恵子

    倍賞千恵子から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『いま語る私の歩んだ道 1』渡辺淳一,名塩良一郎,小檜山博,輪島功一,安川英昭共著 北海道新聞社 2006倍賞千恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚真生

    手塚真生から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『阿寒に果つ』(2011年、写真集&ショートムービー) - 時任純子 役手塚真生 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南爆走族

    湘南爆走族から見た渡辺淳一渡辺淳一

    本作のプロデューサー・坂上順は「オーディションを行う一年前に企画が上がった」と述べている。東映は1987年ゴールデンウィークのこの枠に当初、松方弘樹、勝新太郎、ビートたけしらの出演、監督・鷹森立一で『戦争と平和』という九州を舞台にした実録ヤクザ映画大作を製作準備していたが、1981年夏から道仁会と山口組系伊豆組の対立抗争が激化し、市民まで巻き込む無差別戦争になったことから、京都府警から岡田茂東映社長に圧力がかかり製作延期になった。『吉原炎上』を繰り上げする案もあったが繰り上げされず。"ヤング路線"として『スケバン刑事』『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲』を並べ、それならビデオで人気を集めている『湘南爆走族』をつなげて"ツッパリ三連打"にしようとの案が出て、"ヤング路線"の最終作(トリ)として本作を公開した。岡田社長は「"三連打"は偶然の番組編成になったわけだけど、いまやファッションの根源は中学生が握っているんだよ」、「幼稚園、小学1?2年の層は『まんがまつり』その他で掴んできたし、アダルト映画(渡辺淳一作品など)はある程度のものを持っているんだが、その中間層を取るものがなく、これが東映の弱点だった。この手のものは東映独自ではなかなかやれなかったんだが、ヤングものを東映でも出来る、この体質になってきたというのは大きな成果だよ」などと話した。湘南爆走族 フレッシュアイペディアより)

  • 失楽園 (渡辺淳一)

    失楽園 (渡辺淳一)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『失楽園』(しつらくえん)は、渡辺淳一の恋愛小説、また、それを原作とした映像作品。小説は1995年9月から翌年10月にかけて『日本経済新聞』に掲載され、1997年2月に講談社から単行本として刊行された。。失楽園 (渡辺淳一) フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のテレビ (日本)

    1997年のテレビ (日本)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    7日 - よみうりテレビ・日本テレビ系月曜22時枠で、渡辺淳一原作のテレビドラマ『失楽園』(主演:古谷一行・川島なお美)が放送開始( - 9月22日)。1997年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 小さいおうち

    小さいおうちから見た渡辺淳一渡辺淳一

    直木賞の選評では、丹念な取材と精密な考証によって時代の空気を描き切った著者の作家としての資質の評価、及び次作への期待の高まりが感じられる点(浅田次郎)、全体の完成度は高く、受賞作とするのに大きな異議はない(北方謙三)など概ね高評価だが、この設定ならもっといろいろなことができるのにもったいない(宮部みゆき)、昭和モダンの家庭的な雰囲気はある程度書けてはいるが、肝心のノートに秘められていた恋愛事件がこの程度では軽すぎる(渡辺淳一)といった評が成された小さいおうち フレッシュアイペディアより)

  • 10月24日

    10月24日から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1933年 - 渡辺淳一、作家(+ 2014年)10月24日 フレッシュアイペディアより)

159件中 101 - 110件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード