159件中 11 - 20件表示
  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    小説の発表の場としての役割もあり、連載された小説は「新聞小説」といわれる。大抵挿絵が載っているのが特徴である。連載された小説を切り取って綴じることで一冊の本にすることも可能であり、書籍の購入が出来ない人にも小説を読む楽しみを与えた。夏目漱石などの小説は最初、新聞に発表された。熱心なファンもおり、『毎日新聞』に連載された山田智彦の『蒙古襲来』は、著者のもとに「朝一度読み、夕刻もう一度読む。とても楽しいので10年でもやって欲しい」というファンレターが届いたこともある。また、宮城谷昌光が神戸新聞などに連載していた『孟嘗君』は、阪神大震災の時に新聞休刊により連載が一旦途絶したが、人気のために新聞復刊後、中断分を10回、2面を使って掲載している。近年は渡辺淳一『愛の流刑地』(『日本経済新聞』連載)・『あじさい日記』(『産経新聞』連載)などが話題となった。日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 川島なお美

    川島なお美から見た渡辺淳一渡辺淳一

    失楽園(1997年7月 - 9月、読売テレビ、原作 渡辺淳一)- 松原凛子 役川島なお美 フレッシュアイペディアより)

  • 人妻風俗

    人妻風俗から見た渡辺淳一渡辺淳一

    人妻風俗は「低い年齢層の中高生をイメージさせる女性」ではなく「20代以降の成熟した大人世代の女性」によるサービスを謳い、集客に成功する。渡辺淳一の不倫小説「失楽園」がブームとなったことも追い風となり、デリヘル・ホテヘル店が新たに風適法管理下に入った1999年前後、風俗の1ジャンルとして定着した。人妻風俗 フレッシュアイペディアより)

  • 村山由佳

    村山由佳から見た渡辺淳一渡辺淳一

    ボクらの時代 メス化する男たちオス化する女たち(テレビの対談番組の書籍化、渡辺淳一×村山由佳×西川史子、扶桑社、2009年11月、ISBN 9784594060985)村山由佳 フレッシュアイペディアより)

  • 村上芳正

    村上芳正から見た渡辺淳一渡辺淳一

    装幀画を手がけた作家は、三島由紀夫、河野多恵子、多田智満子、吉行淳之介、立原正秋、ジャン・ジュネ、沼正三、澁澤龍彦、吉田知子、瀬戸内晴美(寂聴)、大原富枝、連城三紀彦、赤江瀑、山村正夫、皆川博子、曾野綾子、渡辺淳一などがあげられる。雑誌『幻影城』の挿絵も担当した。村上芳正 フレッシュアイペディアより)

  • 鈍感力

    鈍感力から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『鈍感力』(どんかんりょく)は作家の渡辺淳一のエッセイである。鈍感力 フレッシュアイペディアより)

  • 重金敦之

    重金敦之から見た渡辺淳一渡辺淳一

    東京都生れ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。朝日新聞社に入り、編集委員、常磐大学人間科学部教授(ジャーナリズム論)を経て、文芸ジャーナリスト。「週刊朝日」在籍中に池波正太郎、松本清張、結城昌治、渡辺淳一といった作家たちの担当編集者を務めた。食や酒に関する随筆を主に手がける。重金敦之 フレッシュアイペディアより)

  • プラチナ世代

    プラチナ世代から見た渡辺淳一渡辺淳一

    プラチナ世代(プラチナせだい)とは、渡辺淳一の造語であり、シルバー世代に代わる名前として用いられている言葉である。また、サッカーにおいて、黄金世代に代わる世代として用いられている。プラチナ世代 フレッシュアイペディアより)

  • 雪舞

    雪舞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『雪舞』(ゆきまい)は、渡辺淳一の小説作品。1973年9月に河出書房新社より刊行された。同作を原作とし、1974年と1984年に放送されたテレビドラマについても紹介する。雪舞 フレッシュアイペディアより)

  • 冬の陽

    冬の陽から見た渡辺淳一渡辺淳一

    原作は渡辺淳一の小説『ダブル・ハート』(1969年に文藝春秋より出版、後に『死化粧』のタイトルで角川文庫、文春文庫より出版)。冬の陽 フレッシュアイペディアより)

159件中 11 - 20件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード