109件中 11 - 20件表示
  • ラジカル鈴木

    ラジカル鈴木から見た渡辺淳一渡辺淳一

    講談社 渡辺淳一著 みんな大変 装画と挿画ラジカル鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • 郷原宏

    郷原宏から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一作品にみるヒロインたちの生きかた 安宅夏夫共著 KSS出版 1999郷原宏 フレッシュアイペディアより)

  • シャトー・マルゴー

    シャトー・マルゴーから見た渡辺淳一渡辺淳一

    日本でシャトー・マルゴーが一般にも広く知られることになったきっかけは、渡辺淳一の小説『失楽園』であろう。ラストシーンで主人公と不倫相手とが心中する時に毒薬を入れて飲んだのがシャトー・マルゴーだったのである。小説が映画化されてブームになると、ワインをよく知らない人たちが、マルゴー村の普通のワインをシャトー・マルゴーと間違えて「これで心中したんだ」などと悦に入っていたこともあったとか1。シャトー・マルゴー フレッシュアイペディアより)

  • プラチナ世代

    プラチナ世代から見た渡辺淳一渡辺淳一

    プラチナ世代(ぷらちなせだい)とは、渡辺淳一の造語であり、シルバー世代に代わる名前として用いられている言葉である。また、サッカーにおいて、黄金世代に代わる世代として用いられている。プラチナ世代 フレッシュアイペディアより)

  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『きみに届く声』(主演・眞木大輔『EXILE』 原作・渡辺淳一 エイベックス 2008年)久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • 花埋み

    花埋みから見た渡辺淳一渡辺淳一

    『花埋み』(はなうずみ)は、渡辺淳一 による日本の小説。日本最初の女医、荻野吟子の生涯を題材とした作品である。花埋み フレッシュアイペディアより)

  • 人妻風俗

    人妻風俗から見た渡辺淳一渡辺淳一

    人妻風俗は「低い年齢層の中高生をイメージさせる女性」ではなく「20代以降の成熟した大人世代の女性」によるサービスを謳い、集客に成功する。渡辺淳一の不倫小説「失楽園」がブームとなったことも追い風となり、デリヘル・ホテヘル店が新たに風適法管理下に入った1999年前後、風俗の1ジャンルとして定着した。人妻風俗 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『幻覚』(中央公論新社)2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 命燃えて (劇作品)

    命燃えて (劇作品)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『命燃えて』(いのちもえて)は、渡辺淳一の小説『花埋み』を基にし、1998年に新橋演舞場にて初公演された演劇作品である。命燃えて (劇作品) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の文学

    2006年の文学から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『愛の流刑地』(幻冬舎)2006年の文学 フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード