109件中 21 - 30件表示
  • 風姿花伝

    風姿花伝から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 『秘すれば花』(現代語での解説・エッセイ)講談社文庫 (同書のオーディオブック/電子書籍版)風姿花伝 フレッシュアイペディアより)

  • くれなゐ (渡辺淳一)

    くれなゐ (渡辺淳一)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『くれなゐ』は渡辺淳一が1975年に発表した小説。9月25日から1976年9月25日の1年間、北海道新聞・中日新聞・東京新聞・西日本新聞の4紙にて連載された。病気で子宮を喪ってしまった冬子を主人公に、女性としての生き方、不倫の恋の行方を描く。くれなゐ (渡辺淳一) フレッシュアイペディアより)

  • 現代恐怖サスペンス

    現代恐怖サスペンスから見た渡辺淳一渡辺淳一

    原作・渡辺淳一、脚本・塙五郎、監督・鷹森立一現代恐怖サスペンス フレッシュアイペディアより)

  • 雪舞

    雪舞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『雪舞』(ゆきまい)は、渡辺淳一の小説作品。1973年9月に河出書房新社より刊行された。同作を原作とし、1974年と1984年に放送されたテレビドラマについても紹介する。雪舞 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道718号忠別清水線

    北海道道718号忠別清水線から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一が『峰の記憶』の題材として取り上げた。北海道道718号忠別清水線 フレッシュアイペディアより)

  • 和田心臓移植事件

    和田心臓移植事件から見た渡辺淳一渡辺淳一

    当時、札幌医科大学整形外科講師の地位にあった作家の渡辺淳一は、この心臓移植を題材に地の利をいかして関係者からくわしく話を聞き、『小説心臓移植(のちに「白い宴」と改題)』を発表した。綿密な調査で知られる吉村昭も心臓移植を追った小説『神々の沈黙』の中でこの手術に関して触れており、後に、その取材ノートともいえる『消えた鼓動』を発表した。和田心臓移植事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中央公論文芸賞

    中央公論文芸賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日に浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2ヵ月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内のパレスホテルで贈呈式が行われている。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった。中央公論文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 雄別炭鉱

    雄別炭鉱から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一(雄別炭鉱病院に勤務していた)雄別炭鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田錬三郎賞

    柴田錬三郎賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第8回から第14回 長部日出雄、黒岩重吾、津本陽、半村良、渡辺淳一柴田錬三郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 上柳昌彦

    上柳昌彦から見た渡辺淳一渡辺淳一

    2006年10月3日から2007年3月27日の間、『サプライズ!』火曜日で「うなぎまさこ先生の乙女の診療所」が約20年ぶりに復活した。うなぎは主婦リスナーの下ネタ絡みの相談に乗り、卑猥な文言が出ると「ワァ〜オ♪」などと嬌声を上げていた。2007年2月19日には、官能的な作風で知られる作家の渡辺淳一と“夢の共演”を果たしたが、終始「ワァ〜オ♪」と嬌声を上げまくるうなぎに、渡辺はただただ苦笑するばかりであった。なお、このうなぎまさこは、あくまでも上柳本人とは別人という設定になっていた。上柳昌彦 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード