159件中 31 - 40件表示
  • 野わけ

    野わけから見た渡辺淳一渡辺淳一

    『野わけ』(のわけ)は、渡辺淳一の小説。女性ファッション雑誌『non-no』の1972年6月20日号から1973年8月20日号に連載された。単行本は1974年に集英社から初出版、後に文春文庫、集英社文庫、角川文庫からそれぞれ出版された。本項目では、同作を原作としたテレビドラマについても記述する。野わけ フレッシュアイペディアより)

  • 私立霧舎学園ミステリ白書シリーズ

    私立霧舎学園ミステリ白書シリーズから見た渡辺淳一渡辺淳一

    愛読書は『花埋み』(渡辺淳一)。私立霧舎学園ミステリ白書シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 寺久保友哉

    寺久保友哉から見た渡辺淳一渡辺淳一

    北海道大学医学部在学中の1966年に、『ジャンパー』で「文藝」全国学生小説コンクール佳作。同人雑誌「くりま」に小説を発表し始める。なお「くりま」同人には渡辺淳一・高橋揆一郎などがいた。京都大学で研修後、札幌市中央区に「オフィス街クリニック」を開業し院長として診療に当たるかたわら、小説を書き続けた。1974年、「停留所前の家」で第8回北海道新聞文学賞受賞。1976年から1977年にかけ芥川賞候補に連続4回ノミネートされたが、いずれも受賞には至らなかった(第75回『棄小舟』、第76回『陽ざかりの道』、第77回『こころの匂い』、第78回『火の影』)。1986年、精神病・神経症に関するコラムを北海道新聞に連載している(全51回)。また1978年発表の『翳の女』は、1987年に『恋人たちの時刻』のタイトルで映画化。澤井信一郎が監督し、野村宏伸・河合美智子・真野あずさらが出演した。2004年にはDVD化されている。寺久保友哉 フレッシュアイペディアより)

  • 豊崎由美

    豊崎由美から見た渡辺淳一渡辺淳一

    文壇の大御所、大家に対しても「慎ちゃん」(石原慎太郎)、「テルちゃん」(宮本輝)、「ジュンちゃん」(渡辺淳一)、「ツモじい」(津本陽)などあだ名を付け、容赦なくこき下ろす。また、書評に関しても「現代文学が読めない人」(宮本)、「候補作すら読んでおらず、他の選考委員や編集者にあらすじを教えてもらっているらしい」(津本)、「日本語がおかしい」(石原)などと厳しい批判をする。豊崎由美 フレッシュアイペディアより)

  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『きみに届く声』(主演・眞木大輔『EXILE』 原作・渡辺淳一 監督・塩屋俊 エイベックス 2008年)久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • 吉川英治文学賞

    吉川英治文学賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第25回から第33回 五木寛之、伊藤桂一、尾崎秀樹、黒岩重吾、杉本苑子、水上勉(第32回以降欠席)、渡辺淳一吉川英治文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ日本の顔

    クイズ日本の顔から見た渡辺淳一渡辺淳一

    9月19日:渡辺淳一(作家)クイズ日本の顔 フレッシュアイペディアより)

  • 日本医療小説大賞

    日本医療小説大賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第1回 - 第2回 : 篠田節子、久間十義、渡辺淳一日本医療小説大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 火車 (小説)

    火車 (小説)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    週刊文春ミステリーベスト10で第1位になったほか、各誌紙で称賛する書評が寄せられ、第108回直木三十五賞候補となり、「出色のミステリー」「謎解きの面白さは抜群」(田辺聖子)、「大いに感心し、選考という立場を忘れて夢中で読んだ」(井上ひさし)など好意的な意見が寄せられたが、「お遊びの小説」「心を打つものとはなりえない」(渡辺淳一)といった否定的な意見のほか、選評を一行も書かなかった選考委員もおり、また本作を評価していた陳舜臣や藤沢周平が選考会を欠席するなど不運が重なり受賞には至らなかった。第6回山本周五郎賞受賞。「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベスト第1位。2008年(平成20年)に賞創設から20年間の1位に輝いた。火車 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2014年4月

    訃報 2014年4月から見た渡辺淳一渡辺淳一

    4月30日 - 渡辺淳一、日本の作家(* 1933年)訃報 2014年4月 フレッシュアイペディアより)

159件中 31 - 40件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード