159件中 41 - 50件表示
  • 北海道道718号忠別清水線

    北海道道718号忠別清水線から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一が『峰の記憶』の題材として取り上げた。北海道道718号忠別清水線 フレッシュアイペディアより)

  • 急性腰痛症

    急性腰痛症から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一の小説『愛ふたたび』(幻冬舎)で有賀朋子という弁護士が主人公の元へ治療にやってきて、ヘキセンシュス(ぎっくり腰)を「ですから、そのまま訳すと“魔女の一撃”というような意味になりますが」と説明する場面があり、二人は恋人になっていく。急性腰痛症 フレッシュアイペディアより)

  • NHK人間講座

    NHK人間講座から見た渡辺淳一渡辺淳一

    月曜日:人間をみつめる(渡辺淳一NHK人間講座 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦雄一郎

    三浦雄一郎から見た渡辺淳一渡辺淳一

    大学進学において、スキーが出来るからという理由で北海道大学を受験先に選び、入学試験直前にもかかわらず「もう来れないかもしれない」と考え藻岩山でスキー三昧だったものの合格し、獣医学部に進学、北海道大学では一般教養部で当時理学部に在籍していた作家の渡辺淳一と同期だったがのちに、渡辺は札幌医科大学に転校した。三浦雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浦安文学賞

    浦安文学賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1990年、うらやすニュース創刊10周年を記念して創設された。主催は、浦安ニュース社。後援は、浦安市、浦安市教育委員会。選考委員は、作家の渡辺淳一。応募資格は、特になし。種目は、未発表の小説作品。ジャンルは問われない。1万2000字(400字詰め原稿用紙30枚)以内。賞金は、浦安文学賞(1人)が20万円、佳作(2人)が5万円、奨励賞(若干名)が各1万円。2008年、うらやすニュース休刊に伴い、第19回をもって幕を下ろす。第18回受賞の実川れおは、第30回吉野せい賞を受賞している。浦安文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮三郎

    宇都宮三郎から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一は『白き旅立ち』で、日本で初めて献体を行ったとされる女性美幾と宇都宮三郎の姿をフィクションで描いている(美幾の項を参照)。宇都宮三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 泪壺

    泪壺から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『泪壺』(なみだつぼ)は、渡辺淳一の短編小説。『オール讀物』1988年6月号に掲載された。2001年に同作を所収した同名の短編小説集が講談社より発行された。同作を原作とし、2008年に公開された日本映画についても紹介する。泪壺 フレッシュアイペディアより)

  • 婦人公論

    婦人公論から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『阿寒に果つ』1971年7月号 - 1972年12月号婦人公論 フレッシュアイペディアより)

  • くれなゐ (渡辺淳一)

    くれなゐ (渡辺淳一)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『くれなゐ』は、渡辺淳一の小説。1975年9月25日から1976年9月25日の1年間、「北海道新聞」・「中日新聞」・「東京新聞」・「西日本新聞」の4紙にて連載された。病気で子宮を喪ってしまった冬子を主人公に、女性としての生き方、不倫の恋の行方を描く。くれなゐ (渡辺淳一) フレッシュアイペディアより)

  • 現代恐怖サスペンス

    現代恐怖サスペンスから見た渡辺淳一渡辺淳一

    原作・渡辺淳一、脚本・塙五郎、監督・鷹森立一現代恐怖サスペンス フレッシュアイペディアより)

159件中 41 - 50件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード