159件中 61 - 70件表示
  • 山藤章二

    山藤章二から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一「努力してもムダなこと…」(1976-1977)〔単行本にイラストなし、『イラストエッセイパンの耳』集英社文庫 1982にイラストのみ完全収録〕山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 中央公論文芸賞

    中央公論文芸賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日に浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2か月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内のパレスホテル東京で贈呈式が行われている。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。中央公論文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 荒巻義雄

    荒巻義雄から見た渡辺淳一渡辺淳一

    北海道小樽市出身。北海道札幌南高等学校卒業。高校の同期に、後の作家渡辺淳一および渡辺の小説『阿寒に果つ』に登場する夭折の天才画家加清純子がいた(荒巻の小説『白き日旅立てば不死』のヒロインの加能純子も彼女をモデルにしている)。のちの漆工芸作家で北海道教育大学名誉教授の伊藤隆一も高校の同級生。荒巻義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 美幾

    美幾から見た渡辺淳一渡辺淳一

    美幾(みき、1836年 - 1869年8月12日)は、江戸時代末期 - 明治時代初期の遊女である。梅毒の治療中に重体に陥り、医師から解剖のための遺体提供を依頼されて承諾したと伝えられ、日本で最初の献体者(特志解剖)とされる。美幾とその生涯については、渡辺淳一の小説『白き旅立ち』、吉村昭の小説『梅の刺青』などが題材に取り上げている。美幾 フレッシュアイペディアより)

  • エ・アロール それがどうしたの

    エ・アロール それがどうしたのから見た渡辺淳一渡辺淳一

    『エ・アロール それがどうしたの』は渡辺淳一による小説作品(角川書店より発行)。もともと中日新聞・東京新聞・北海道新聞・西日本新聞の連載小説であり、2003年にTBS系にてテレビドラマ化された。エ・アロール それがどうしたの フレッシュアイペディアより)

  • 柴田錬三郎賞

    柴田錬三郎賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第8回から第14回 長部日出雄、黒岩重吾、津本陽、半村良、渡辺淳一柴田錬三郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊新潮

    週刊新潮から見た渡辺淳一渡辺淳一

    別れぬ理由(渡辺淳一作、1986年2月13日号 - 1987年3月5日号)週刊新潮 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野吟子

    荻野吟子から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『花埋み』(渡辺淳一による伝記的小説) ISBN 4-10-117601-9(新潮文庫)荻野吟子 フレッシュアイペディアより)

  • KAWADE夢ムック

    KAWADE夢ムックから見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 : その絢爛たる文学世界の原点を求めてKAWADE夢ムック フレッシュアイペディアより)

  • 作家の値うち

    作家の値うちから見た渡辺淳一渡辺淳一

    小説に点数をつけるという前代未聞の手法から評価が分かれ、安原顯や浅田彰からは批判を受ける一方で、『文学賞メッタ斬り!シリーズ』では、大森望と豊崎由美が、その年度の代表的な文学賞受賞作を評価している。本作では村上春樹、矢作俊彦、小島信夫、石原慎太郎を高く評価する一方で、大江健三郎、渡辺淳一、日野啓三、五木寛之などの大家も厳しい言葉で批評している。また同じ作家の作品でも高橋源一郎は『さようなら、ギャングたち』を91点と非常に高く評価する一方で、『ゴーストバスターズ 冒険小説』を「恥知らず」の一言で斬り捨てている。作家の値うち フレッシュアイペディアより)

159件中 61 - 70件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード