159件中 71 - 80件表示
  • 岡村昭彦

    岡村昭彦から見た渡辺淳一渡辺淳一

    その後、日本共産党の活動家として北海道に渡り、札幌南高等学校在学中(当時)の加清純子(渡辺淳一『阿寒に果つ』の主人公のモデルとなった画家。戸田城聖の姪)と恋仲となる。1951年10月、日本共産党の第5回全国協議会(五全協)の決定に従って山村工作隊の一員となり、釧路に移住。このとき医師免許を持たぬまま東京大学医学士と称し、岡村照彦の偽名のもとに釧路市で医院を開き、無資格の女子高生を看護婦に仕立てて同居し、薬局から大量の医薬品を詐取していたため、同年12月16日に詐欺容疑で釧路市警に逮捕される。このとき岡村には、医師法違反や医療法違反のほか堕胎罪の容疑もかけられていた。岡村から拙劣な堕胎手術を受けたため重態となり、再手術を余儀なくされたとの複数女性からの訴えがあった。このとき岡村は「効かぬ注射で高い金をとる医者は立派な詐欺行為だ。私はどんな病気でも治せる自信を持っている」と強弁したが、1952年1月26日に釧路地裁で懲役4月の実刑判決を受け、釧路刑務所に収監される。これに先立つ1949年、岡村は医師政令162号違反で懲役6月・執行猶予3年の判決を受けていた上、1950年には横浜地裁から米国のドル不法所持で懲役1年・執行猶予3年の判決を受けていたため執行猶予は取り消され、前刑と併せて服役することとなった。このとき、加清純子は岡村を保釈するために奔走し、釧路刑務所で岡村と面会した後に、行方不明となり阿寒湖畔を経由する道で死体として発見された。岡村昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原璋子

    藤原璋子から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『天上紅蓮』文藝春秋、2011年 ISBN 4163805001藤原璋子 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒に果つ

    阿寒に果つから見た渡辺淳一渡辺淳一

    『阿寒に果つ』(あかんにはつ)は、渡辺淳一の小説。『婦人公論』の1971年7月号から1972年12月号にかけて連載された。同作を原作とし、1975年に製作・公開された日本映画についても紹介する。阿寒に果つ フレッシュアイペディアより)

  • 島清恋愛文学賞

    島清恋愛文学賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 - 1994年から2013年まで島清恋愛文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 化身 (渡辺淳一)

    化身 (渡辺淳一)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『化身』(けしん)は、渡辺淳一の恋愛小説、また、それを原作とした映像作品。小説は1984年4月1日から1985年11月1日にかけて『日本経済新聞』に掲載され、1986年3月25日に集英社から単行本として刊行された。化身 (渡辺淳一) フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    特別賞 - 「もののけ姫」製作スタッフ、野村萬斎、渡辺淳一、今村昌平エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • 村上聡美

    村上聡美から見た渡辺淳一渡辺淳一

    無影燈(1996年4月12日、渡辺淳一ドラマスペシャル)村上聡美 フレッシュアイペディアより)

  • 本上まなみ

    本上まなみから見た渡辺淳一渡辺淳一

    課外授業 ようこそ先輩「表現上手はほめ上手〜作家 渡辺淳一〜」(2010年5月16日、NHK) - ナレーション本上まなみ フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋読者賞

    文藝春秋読者賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第48回(1986年)渡辺淳一『静寂の声』藤尾正行「"放言大臣"大いに吠える」文藝春秋読者賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の文学

    1970年の文学から見た渡辺淳一渡辺淳一

    直木賞 - 結城昌治『軍旗はためく下に』、渡辺淳一『光と影』1970年の文学 フレッシュアイペディアより)

159件中 71 - 80件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード