159件中 81 - 90件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一の出版パーティーの壇上で「このごろ渡辺さんはアッチの方が弱っているそうだが、やり続けなきゃだめだ」と激励した。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • ストリーム (TBSラジオ)

    ストリーム (TBSラジオ)から見た渡辺淳一渡辺淳一

    豊崎と永江は2008年までストリーム・ブックレビューのレギュラーだったが、2009年は月1回当コーナーで本の紹介をした。豊崎はそれ以前も主に文学賞と渡辺淳一の批判をするために不定期にこのコーナーに出演していた。ストリーム (TBSラジオ) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の文学

    2006年の文学から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一 『愛の流刑地』(幻冬舎)2006年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一文学賞

    渡辺淳一文学賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    作家・渡辺淳一の功績をたたえ、集英社により創設された。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。2015年4月23日、創設することが発表される。対象は、日本語で書かれた小説単行本および単行本未刊行の文庫とされる。受賞作品は、『すばる』および『小説すばる』で発表される。受賞者には、正賞の記念品と副賞の賞金200万円が贈られる。渡辺淳一文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木 瞳

    黒木瞳から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『孤舟』 原作:渡辺淳一黒木瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本顕治

    宮本顕治から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1951年(昭和26年)1月21日、百合子が死去(51歳)。没後岩崎書店から刊行された『宮本百合子全集』の解説を書き、それをその後、単行本『宮本百合子の世界』にまとめた。この本は、現在でも百合子研究史上重要な位置を占めるものとされている。また、獄中にいたころの百合子との往復書簡を編集して『十二年の手紙』として刊行した。後に作家の渡辺淳一が、この書簡集を、愛の記録として高く評価している。往復書簡の全体像は、2001年(平成13年)からの『宮本百合子全集』と、2002年(平成14年)に刊行された『宮本顕治獄中からの手紙』(全2巻、ISBN 4-406-02948-6,ISBN 4-406-02949-4)によって明らかにされた。1954年には、『新日本文学』誌上で大西巨人と、野間宏の作品『真空地帯』の評価や新日本文学会の組織問題をめぐって論争するなど、1950年代前半は文芸評論家としての活躍が目立っていた。なお、宮本は百合子の死去後、百合子の秘書だった大森寿恵子(評論家・翻訳家の高杉一郎の義妹)と再婚している。寿恵子はその後、『若き日の宮本百合子』を著している。宮本顕治 フレッシュアイペディアより)

  • 森田芳光

    森田芳光から見た渡辺淳一渡辺淳一

    1997年5月に、渡辺淳一『失楽園』を、役所広司、黒木瞳の主演で映画化。人生に疲れた中年男女が不倫の果てに心中するというストーリーで、R-15指定を受ける。結果的に観客動員数が200万人を超える大ヒットとなり、「失楽園」という言葉はこの年の流行語ともなった。森田芳光 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞の報道

    産経新聞の報道から見た渡辺淳一渡辺淳一

    2006年8月15日から渡辺淳一作の小説『あじさい日記』を連載(2007年4月25日完結)。作品の内容が現実の人間とあまりにかけ離れているとして担当記者のブログに読者の批判が殺到、“炎上”する騒ぎになった。片山雅文・東京本社文化部長(当時)も担当と渡辺をコメントで弁護したため、「30年来の読者だったが今次の対応には失望した、宅配契約を切る」「産経は読者より広告主と筆者が大事なのか」と発言する読者も出る。産経新聞の報道 フレッシュアイペディアより)

  • 遺産と創造性

    遺産と創造性から見た渡辺淳一渡辺淳一

    文化的都市に関しては、上海万博テーマフォーラムに招かれた渡辺淳一が、「都市化は時代の流れで、人々により良い生活を実現させるものである。都市化は文化の伝承と矛盾するものではない。理想的な都市は、一つ大きな枠の中で。人々に自由な空間を持たせるものだ。こうした都市では、人々は個性を伸ばして生きられる。」と語っている。遺産と創造性 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山駿

    秋山駿から見た渡辺淳一渡辺淳一

    瀬戸内寂聴、渡辺淳一など、通俗作家としてあまり文芸評論家が論じない作家を積極的に評価している。早くから時代小説家では、藤沢周平や宮城谷昌光を評価した(『時代小説礼賛』より)。秋山駿 フレッシュアイペディアより)

159件中 81 - 90件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード