109件中 81 - 90件表示
  • 小説すばる新人賞

    小説すばる新人賞から見た渡辺淳一渡辺淳一

    第1回から第3回 五木寛之、田辺聖子、半村良、渡辺淳一小説すばる新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 精神外科

    精神外科から見た渡辺淳一渡辺淳一

    医学博士で作家の渡辺淳一による『脳は語らず』は、1970年代に日本の大学で行われ、後で週刊誌などに取り上げられて「事件」に発展したロボトミー手術をドキュメンタリータッチで描いた小説である。精神外科 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺

    自殺から見た渡辺淳一渡辺淳一

    切ったのが静脈の場合、発見・対処が早ければ後遺症が残ることは稀である。切ったのが動脈の場合は、一刻も早く止血する必要がある。健康な成人の場合、体内から半分の血液が失われると死亡すると言われている。ただし失った血液量にかかわらず、傷口が深い場合は神経が破損している場合や、そうでなくても切った傷跡が何年も残る。解剖学に通じてない者の場合、頚動脈を切ろうとして頚静脈を切ってしまう例があることが上記渡辺淳一『自殺のすすめ』に記載されている。自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た渡辺淳一渡辺淳一

    小沢は、囲碁普及を目的として日本棋院週刊碁特別企画のイベントでたびたび公開対局をしている。そのイベントで2007年10月28日、ANAインターコンチネンタルホテル東京・囲碁サロン「Ranca」にて、与謝野馨と対決した。互先コミ6目半、師与謝野が黒を握り、2時間半の激戦の末、小沢が勝負を制した。また、12月29日、同所で開催された同イベントで作家の渡辺淳一と対決し、小差ながらも勝利した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山田浅右衛門

    山田浅右衛門から見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『項の貌』山田浅右衛門が刃こぼれもせずに首切りが出来た理由を医学的な見地から推測している。山田浅右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊カドカワ

    月刊カドカワから見た渡辺淳一渡辺淳一

    通称月カド。A5サイズの文芸雑誌として出発し、清水義範、渡辺淳一、有吉佐和子、開高健などを起用した。月刊カドカワ フレッシュアイペディアより)

  • 黒木 瞳

    黒木瞳から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『孤舟』 原作:渡辺淳一(作品紹介ページ)黒木瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 白い影

    白い影から見た渡辺淳一渡辺淳一

    『白い影』(しろいかげ)は、1973年に放送されたテレビドラマである。田宮二郎主演の「白いシリーズ」の第1作。原作は渡辺淳一の『無影燈』。白い影 フレッシュアイペディアより)

  • 乃木希典

    乃木希典から見た渡辺淳一渡辺淳一

    乃木の死を題材にした文学作品も多く発表されている。例えば、櫻井忠温の『将軍乃木』『大乃木』、夏目漱石『こころ』、森鴎外『興津弥五右衛門の遺書』『阿部一族』、司馬遼太郎の『殉死』、芥川龍之介の『将軍』、渡辺淳一の『静寂の声』などである。この中で大正時代に刊行された芥川の『将軍』は乃木を皮肉った作品で、大正デモクラシー潮流を推進するものであった。乃木希典 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢 たかお

    大沢たかおから見た渡辺淳一渡辺淳一

    渡辺淳一『光と影』(CD/2011年12月)- 朗読:公式ページ大沢たかお フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード