前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た小泉孝太郎

    『鈍感力』朗読:小泉孝太郎(作品紹介ページ)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た大沢たかお大沢 たかお

    『光と影』 朗読:大沢たかお(作品紹介ページ)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た黒木瞳黒木 瞳

    『孤舟』 朗読:黒木瞳(作品紹介ページ)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た村上春樹

    特筆すべきは近年の中国における評価であり、「言情大師(叙情の巨匠)」という異名で知られる人気作家となっている。中国人留学生の王海藍らの調査によれば、1990年代末以降、中国で最も翻訳されている日本の作家は村上春樹と渡辺であるという。中国の女流人気作家で恋愛・結婚生活を描いた小説で話題を呼んでいる王海鴒など、渡辺の恋愛小説の影響を強く受けた作家も登場している。都市化による家族の紐帯の希薄化により、精神的支柱としての家庭が崩壊しつつあることが背景にあると言われる(『朝日新聞』2006年5月7日)。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た荒巻義雄

    1952年 北海道札幌南高等学校卒業(同期に荒巻義雄渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た和田寿郎

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た小泉純一郎

    元首相の小泉純一郎は同年2月20日、国会内で当時の幹事長中川秀直、官房長官塩崎恭久らと会い、「目先のことに鈍感になれ。『鈍感力』が大事だ。支持率は上がったり下がったりするもの。いちいち気にするな」と発言し、その中で『鈍感力』という言葉を引用したため流行語となった。同書は同年夏までに100万部を売るベストセラーとなっている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た中川秀直

    元首相の小泉純一郎は同年2月20日、国会内で当時の幹事長中川秀直、官房長官塩崎恭久らと会い、「目先のことに鈍感になれ。『鈍感力』が大事だ。支持率は上がったり下がったりするもの。いちいち気にするな」と発言し、その中で『鈍感力』という言葉を引用したため流行語となった。同書は同年夏までに100万部を売るベストセラーとなっている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た寺内正毅

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た白河法皇

    天上紅蓮 2011(白河法皇と待賢門院璋子を題材にしたもの) 文藝春秋渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード