67件中 21 - 30件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た医療

    主題は、伝記(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多かったが、伝記は時期を問わず書き続けられており、渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度導入に賛同する。「現実に困惑している人たちのために、別姓を認めるよう動くべきである。夫婦別姓が認められない最大の理由は、自民党のおじさんたちが反対しているからである。理由はこれを認めると、日本古来の家族制度がこわれて、妻の不倫が増えるから、と。自分は浮気をしても、妻だけはさせたくないということで夫婦別姓反対、というのでは、あまりに情け無くて、せこい話ではないか。」と述べるなど、選択的夫婦別姓制度導入反対論者を批判している。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た文藝春秋

    『渡辺淳一作品集』全23巻が、文藝春秋から刊行されている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た札幌医科大学

    渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - )は、日本の作家。北海道上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た遠き落日

    主題は、伝記(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多かったが、伝記は時期を問わず書き続けられており、渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た直木三十五賞

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た吉川英治文学賞

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た失楽園 (渡辺淳一)

    主題は、伝記(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多かったが、伝記は時期を問わず書き続けられており、渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た愛の流刑地

    主題は、伝記(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多かったが、伝記は時期を問わず書き続けられており、渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た文藝春秋読者賞

    1983年(昭和58年) 第48回文藝春秋読者賞 - 『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード