96件中 31 - 40件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た愛の流刑地

    主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た直木三十五賞

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た吉川英治文学賞

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た失楽園 (渡辺淳一)

    主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た麻酔 (小説)

    主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た桜の樹の下で

    桜の樹の下で』朝日新聞社 1989 のち新潮文庫、朝日文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た泪壺

    泪壺』講談社 2001 のち文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た雲の階段

    雲の階段』講談社 1982 のち文庫、角川文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た雪舞

    雪舞』河出書房新社 1973 のち文春文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た文藝春秋読者賞

    1983年(昭和58年) 第48回文藝春秋読者賞 - 『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード