96件中 41 - 50件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た同人誌

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た別れぬ理由

    別れぬ理由』新潮社 1987 のち文庫、中公文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見たゴルフ

    主な趣味として将棋とゴルフが知られている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た詩人

    河邨文一郎(詩人/札幌医科大学時代の渡辺淳一の師匠)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た整形外科学

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た角川文庫

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た国会議事堂

    元内閣総理大臣の小泉純一郎は同年2月20日、国会内で当時の幹事長中川秀直、内閣官房長官塩崎恭久らと会い、「目先のことに鈍感になれ。『鈍感力』が大事だ。支持率は上がったり下がったりするもの。いちいち気にするな」と発言し、その中で『鈍感力』という言葉を引用したため流行語となった。同書は同年夏までに100万部を売るベストセラーとなっている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た阿寒に果つ

    阿寒に果つ』中央公論社 1973 のち文庫、角川文庫、扶桑社文庫、ポプラ文庫、講談社文庫 渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た冬の陽

    『ダブル・ハート』(『冬の陽』)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見たエ・アロール それがどうしたの

    エ・アロール それがどうしたの』角川書店 2003 のち文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード