67件中 51 - 60件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た島清恋愛文学賞

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見たエッセイ

    「鈍感力」(どんかんりょく)は、2007年に発売したエッセイ集の題名でもある。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た学制改革

    1949年 学制改革で北海道立第一中学校卒業渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た訴訟

    中国での過熱する人気は訴訟沙汰も引き起こしている。著作6冊を無断で出版されたことによる著作権侵害を理由に、2008年夏に渡辺は中国の出版社を相手取り、上海市法院に提訴したが、2009年12月、両者の和解が成立した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見たくれなゐ (渡辺淳一)

    くれなゐ 集英社 1979 のち文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た菊池寛賞

    2003年(平成15年) 菊池寛賞渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た医学部

    渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - )は、日本の作家。北海道上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た結婚

    特筆すべきは近年の中国における評価であり、「言情大師(叙情の巨匠)」という異名で知られる人気作家となっている。中国人留学生の王海藍らの調査によれば、1990年代末以降、中国で最も翻訳されている日本の作家は村上春樹と渡辺であるという。中国の女流人気作家で恋愛・結婚生活を描いた小説で話題を呼んでいる王海鴒など、渡辺の恋愛小説の影響を強く受けた作家も登場している。都市化による家族の紐帯の希薄化により、精神的支柱としての家庭が崩壊しつつあることが背景にあると言われる(『朝日新聞』2006年5月7日)。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た朝日新聞

    特筆すべきは近年の中国における評価であり、「言情大師(叙情の巨匠)」という異名で知られる人気作家となっている。中国人留学生の王海藍らの調査によれば、1990年代末以降、中国で最も翻訳されている日本の作家は村上春樹と渡辺であるという。中国の女流人気作家で恋愛・結婚生活を描いた小説で話題を呼んでいる王海鴒など、渡辺の恋愛小説の影響を強く受けた作家も登場している。都市化による家族の紐帯の希薄化により、精神的支柱としての家庭が崩壊しつつあることが背景にあると言われる(『朝日新聞』2006年5月7日)。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た北海道札幌南高等学校

    1952年 北海道札幌南高等学校卒業(同期に荒巻義雄)渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード