96件中 71 - 80件表示
  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た講師 (教育)

    1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た将棋

    主な趣味として将棋とゴルフが知られている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た中華人民共和国

    中華人民共和国での過熱する人気は、無断出版をも引き起こし、訴訟ともなっている。著作6冊を無断で出版されたことによる著作権侵害を理由に、2008年夏に渡辺は中国の出版社を相手取り、上海市人民法院に提訴したが、2009年12月、両者の和解が成立した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た氷紋

    氷紋』講談社 1974 のち文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た土曜ドラマ (NHK)

    『麗しき白骨』(『白き抗争』)(1983年、NHK土曜ドラマ渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た野わけ

    野わけ』集英社 1974 のち文春文庫、集英社文庫、角川文庫渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た日本

    渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た日本経済新聞

    主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た私の履歴書

    2013年1月には、日本経済新聞文化面の私の履歴書を著している。この連載、また、「告白的恋愛論」などでは、自身の経歴(特に恋愛遍歴)を、かなり大胆に綴っており、どの小説のモデルはどの人、といったことにも、遠慮がちに触れている。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺淳一

    渡辺淳一から見た上砂川町

    渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。渡辺淳一 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「渡辺淳一」のニューストピックワード