24件中 11 - 20件表示
  • 藤田一也

    藤田一也から見た渡辺直人渡辺直人

    、退団したカスティーヨと入れ替わる形で加入した渡辺直人が二塁のレギュラーに定着し、藤田は主に二塁の控えとして起用された。打席数も前年程度に留まったが、規定打席未満ながら打率.303を記録し、守備でもシーズン無失策を達成した。藤田一也 フレッシュアイペディアより)

  • 10月15日

    10月15日から見た渡辺直人渡辺直人

    1980年 - 渡辺直人、プロ野球選手10月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう川崎硬式野球部

    三菱ふそう川崎硬式野球部から見た渡辺直人渡辺直人

    渡辺直人内野手(2006年楽天大学生・社会人ドラフト5巡→横浜)三菱ふそう川崎硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回都市対抗野球大会

    第77回都市対抗野球大会から見た渡辺直人渡辺直人

    渡辺直人(三菱ふそう川崎)第77回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た渡辺直人渡辺直人

    6月8日に一軍登録され、同日の楽天戦(Kスタ)に「7番・一塁手」でスタメン出場した。6月18日、横浜スタジアムでの福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し、杉内俊哉から移籍後初本塁打。この本塁打で同点に追いつき、ターメル・スレッジの本塁打でチームは勝利した。この年は当初は代打要員がメインだったが、正一塁手のブレット・ハーパーが左投手相手に弱く、守備面でも不安があるため、対左投手時のスタメンや守備固めでの起用も増えた。10月13日の阪神戦(横浜スタジアム)では正遊撃手の石川雄洋及び二遊間両方を守れる藤田一也が負傷し、正二塁手の渡辺直人が遊撃手に回る状況の中、その代役で二塁手として起用されていた山崎憲晴が失策を連発したため、急遽プロ入り初めて二塁手でスタメン出場した。最後まで一軍登録を抹消されることは無く、62試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、14打点と物足りない成績に終わった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た渡辺直人渡辺直人

    、初めて1番打者に定着。選手間投票で選出されオールスターゲームに初出場した。中島が北京オリンピック出場で不在の間は遊撃手に回ることもあった。リーグ最多打数を記録しながら前年より打率を大きく上げ、2番を打った栗山とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得した。盗塁は前半戦だけで前年を上回り、12個増やし50盗塁を記録。2位の渡辺直人を16個引き離し2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。打率は3割に満たず、四球が少ないことから出塁率も.322と、やや物足りない面はあったが、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さを見せた。日本シリーズでは7試合で5盗塁(成功率10割)と大暴れし、特に第7戦の8回表においては先頭打者として越智大祐から死球を受け出塁したが、続く栗山巧の打席の初球でいきなり盗塁を敢行した。この時監督の渡辺久信は、死球の際に片岡がガッツポーズをしたのを見て彼の盗塁意欲を感じ取り、初球での犠打(バント)指示をやめたという。この試合の解説として出演していた赤星憲広からも「僕には出来ない」と言わしめた盗塁だった。その後改めてバントで3塁に進み1死3塁で3番中島裕之を迎えた。1回表の同様の場面では「ゴロゴー(ゴロと判断したらスタート)」で本塁へ突入してタッチアウトになり先制点を逃していたが、この場面では「ギャンブルスタート」指示によりバットに当った瞬間にスタートを敢行。中島の三塁ゴロの間に本塁へ突入して同点に追いつき、逆転日本一の足がかりを作る活躍を見せた。アジアシリーズ初戦のSK戦では風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番・遊撃手として出場、チームのアジアシリーズ制覇に貢献した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • ゆず (音楽グループ)

    ゆず (音楽グループ)から見た渡辺直人渡辺直人

    「栄光の架橋」-サブロー、渡辺直人、福元淳史選手使用。ゆず (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た渡辺直人渡辺直人

    初奪三振:同上、3回表2死に渡辺直人から多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見た渡辺直人渡辺直人

    開幕戦の西武ライオンズ戦(グッドウィルドーム)で、「2番・三塁手」として先発出場し、西口文也からプロ初本塁打を放つなど幸先の良いスタートとなった。前半戦は「落ちるとこまで落ちた」と自身も語るほどの打撃不振に陥り、その間に渡辺直人の台頭もあって先発を外れ、代打に回る機会が多くなる。しかし、その代打で結果を残すようになり、ホセ・フェルナンデスの不振から交流戦終了後より三塁手でのスタメン出場が増えてきた(ただし、相手先発が左投手の時は先発をを外れることが多かった)。7月には池山隆寛からアドバイスを受け、腰を低く落とした打撃練習に取り組む。 この練習が功を奏し、チェンジアップなど縦に変化するボールに対応できるようになった8月ごろから打率が上がり始め、8月10日の千葉ロッテマリーンズ戦(クリネックススタジアム宮城)でプロ初のサヨナラ安打を放ち、8月21日のロッテ戦(千葉マリンスタジアム)でソロ本塁打を放った。この試合後、監督の野村克也は「(草野は)勝負強いし、(打撃に関しては)天才的なところがある。草野を3番に」とコメントし、これ以降は先発投手の左右に関係なく「3番・三塁手」で先発出場が定着する。9月には15日・21日・24日・27日・29日・30日と続けざまに猛打賞を記録してチームの勝利に貢献する殊勲打を度々叩き出し、楽天の最下位脱出(単独4位)の立役者の一人となった。最終的には規定打席不足ながら、打率.320を記録する一方、守備面ではリーグ5位の14失策を記録してしまった。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年

    1980年から見た渡辺直人渡辺直人

    10月15日 - 渡辺直人、プロ野球選手1980年 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「渡辺直人」のニューストピックワード