89件中 11 - 20件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た岩隈久志

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た藤田一也

    2月1日から始まった横浜のキャンプに参加。実戦で一度も遊撃を守ることなく二塁にコンバートされたが、若手の特守にも志願して毎日参加しアピールを行った結果、4月12日の開幕戦でスタメンを勝ち取った。4月24日の阪神戦では下柳剛から自身2年ぶりとなるホームランを放った。7月には監督推薦で自身初となるオールスターゲームに選出された。仙台で開催されたオールスター第三戦目では「9番・二塁手」としてスタメン出場、2安打を放ち、敢闘選手賞を獲得した。夏場に調子を落とし藤田一也との併用の時期もあったが、正遊撃手の石川雄洋の怪我により9月終盤からは移籍後初となる遊撃に回った。最終的には、チーム方針により少なかった盗塁数以外は例年並みの成績を残した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た梶谷隆幸

    シーズンに入ると、石川が事実上の二塁手コンバートとなり、遊撃手にはオープン戦で絶好調だった梶谷隆幸が入ったため、開幕からしばらく控え続きとなる。梶谷の不振により4月後半からスタメン出場が続いたが、5月6日の中日戦で左肩を脱臼し、残りの前半戦は治療のため二軍暮らしとなった。復帰後は打撃不振に苦しみ、内村賢介の加入もあり出番が減少。打率も.224と伸び悩んだ。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た高橋信二

    初盗塁:2007年4月28日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9回裏に二盗(投手:MICHEAL、捕手:高橋信二渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た山崎武司

    11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たトム・デイビー

    初打点:2007年5月11日、対オリックス・バファローズ6回戦(スカイマークスタジアム)、3回表にトム・デイビーから二塁ゴロ野手選択の間に記録渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た草野大輔

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た岩村明憲

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た下柳剛

    2月1日から始まった横浜のキャンプに参加。実戦で一度も遊撃を守ることなく二塁にコンバートされたが、若手の特守にも志願して毎日参加しアピールを行った結果、4月12日の開幕戦でスタメンを勝ち取った。4月24日の阪神戦では下柳剛から自身2年ぶりとなるホームランを放った。7月には監督推薦で自身初となるオールスターゲームに選出された。仙台で開催されたオールスター第三戦目では「9番・二塁手」としてスタメン出場、2安打を放ち、敢闘選手賞を獲得した。夏場に調子を落とし藤田一也との併用の時期もあったが、正遊撃手の石川雄洋の怪我により9月終盤からは移籍後初となる遊撃に回った。最終的には、チーム方針により少なかった盗塁数以外は例年並みの成績を残した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た野村克也

    プロ入り時は右肩が下がるアッパー気味のスイングをしており(三菱ふそう川崎の選手の特徴とも言われている)、入団初年度には監督の野村克也に「お前のスイングでは通用しない」とレベルスイングの必要性を2時間に渡って説かれ、開幕直前に矯正のために二軍降格となった。シーズンに入ってからも、事あるごとに野村からアッパースイングにならないようにアドバイスや指導を受けている。その都度、短期間で悪い部分を修正してくるので、その修正能力の高さを「いい選手をとった」と野村は評価していた。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「渡辺直人」のニューストピックワード