89件中 21 - 30件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た鷹野史寿

    開幕一軍は逃したが、4月17日に一軍登録され、その日のソフトバンク戦7回裏にリック・ショートの代走として出場し、8回表からは遊撃の守備に就き、一軍初出場。翌日の18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の西武戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日のロッテ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後をキープし、新人王有力候補とも言われたが、プロの壁は厚く徐々に打率を下げていってしまった。一方で打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも多くなった。打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年ルーキーとして両リーグ通じてただ一人規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少で、非常に三振の少ないバッターである。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たアレックス・グラマン

    初本塁打:2007年7月24日、対西武ライオンズ14回戦(グッドウィルドーム)、9回表にアレックス・グラマンから左越2ラン渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たマイケル中村

    初盗塁:2007年4月28日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9回裏に二盗(投手:MICHEAL、捕手:高橋信二)渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た埼玉西武ライオンズ

    開幕一軍は逃したが、4月17日に一軍登録され、その日のソフトバンク戦7回裏にリック・ショートの代走として出場し、8回表からは遊撃の守備に就き、一軍初出場。翌日の18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の西武戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日のロッテ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後をキープし、新人王有力候補とも言われたが、プロの壁は厚く徐々に打率を下げていってしまった。一方で打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも多くなった。打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年ルーキーとして両リーグ通じてただ一人規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少で、非常に三振の少ないバッターである。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た福岡ソフトバンクホークス

    開幕一軍は逃したが、4月17日に一軍登録され、その日のソフトバンク戦7回裏にリック・ショートの代走として出場し、8回表からは遊撃の守備に就き、一軍初出場。翌日の18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の西武戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日のロッテ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後をキープし、新人王有力候補とも言われたが、プロの壁は厚く徐々に打率を下げていってしまった。一方で打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも多くなった。打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年ルーキーとして両リーグ通じてただ一人規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少で、非常に三振の少ないバッターである。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たマーティ・ブラウン

    この年は115試合に出場したものの、マーティ・ブラウン新監督の若手重視の起用と自身の不調が重なって規定打席には到達せず、成績も全体的に過去最低となった。守備率は.984で遊撃手として2年連続パ・リーグ守備率1位となった。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た内村賢介

    シーズンに入ると、石川が事実上の二塁手コンバートとなり、遊撃手にはオープン戦で絶好調だった梶谷隆幸が入ったため、開幕からしばらく控え続きとなる。梶谷の不振により4月後半からスタメン出場が続いたが、5月6日の中日戦で左肩を脱臼し、残りの前半戦は治療のため二軍暮らしとなった。復帰後は打撃不振に苦しみ、内村賢介の加入もあり出番が減少。打率も.224と伸び悩んだ。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た倉義和

    100盗塁:2011年7月13日、対広島東洋カープ10回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、7回表に二盗(投手:中村恭平、捕手:倉義和渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たDJキャレド

    「Out Here Grindin'」 DJ Khaled( - 2011年4月)渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たゆず (音楽グループ)

    「栄光の架橋」 ゆず(2007年, 2009年 - )渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示

「渡辺直人」のニューストピックワード