89件中 41 - 50件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た阪神タイガース

    2月1日から始まった横浜のキャンプに参加。実戦で一度も遊撃を守ることなく二塁にコンバートされたが、若手の特守にも志願して毎日参加しアピールを行った結果、4月12日の開幕戦でスタメンを勝ち取った。4月24日の阪神戦では下柳剛から自身2年ぶりとなるホームランを放った。7月には監督推薦で自身初となるオールスターゲームに選出された。仙台で開催されたオールスター第三戦目では「9番・二塁手」としてスタメン出場、2安打を放ち、敢闘選手賞を獲得した。夏場に調子を落とし藤田一也との併用の時期もあったが、正遊撃手の石川雄洋の怪我により9月終盤からは移籍後初となる遊撃に回った。最終的には、チーム方針により少なかった盗塁数以外は例年並みの成績を残した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た千葉ロッテマリーンズ

    開幕一軍は逃したが、4月17日に一軍登録され、その日のソフトバンク戦7回裏にリック・ショートの代走として出場し、8回表からは遊撃の守備に就き、一軍初出場。翌日の18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の西武戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日のロッテ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後をキープし、新人王有力候補とも言われたが、プロの壁は厚く徐々に打率を下げていってしまった。一方で打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも多くなった。打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年ルーキーとして両リーグ通じてただ一人規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少で、非常に三振の少ないバッターである。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た中日ドラゴンズ

    シーズンに入ると、石川が事実上の二塁手コンバートとなり、遊撃手にはオープン戦で絶好調だった梶谷隆幸が入ったため、開幕からしばらく控え続きとなる。梶谷の不振により4月後半からスタメン出場が続いたが、5月6日の中日戦で左肩を脱臼し、残りの前半戦は治療のため二軍暮らしとなった。復帰後は打撃不振に苦しみ、内村賢介の加入もあり出番が減少。打率も.224と伸び悩んだ。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たポスティングシステム

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た入籍

    1月30日、球団から入籍が発表された。開幕戦に「1番・遊撃手」で出場。「出塁率を上げる」という目標から打席で粘って四死球で出塁というスタイルで高出塁率を維持。一時期は打率が2割台ながら出塁率が4割を超えていた時期もあった。しかし、交流戦で三盗の際ヘッドスライディングをした影響で肩を負傷。重い怪我ではなかったものの、怪我の影響で打撃不振になってしまい、結果としてこの怪我が尾を引き、後半は下位打線を打ったり他の選手にスタメンを譲ったりする事が多くなってしまった。打率は.251と規定打席到達では26位と奮わなかったものの、盗塁数は前年より増えて34盗塁とリーグ2位、盗塁成功率は.850であった。死球は22とダントツだった(シーズン記録ではの城島健司と同数の5位)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た広島東洋カープ

    100盗塁:2011年7月13日、対広島東洋カープ10回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、7回表に二盗(投手:中村恭平、捕手:倉義和)渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た都市対抗野球大会

    入社1年目の2003年、3年目のに都市対抗野球大会にて優勝を経験、自身も遊撃手として出場し勝利に貢献した。その後、第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表入りを果たし、全9試合に出場、.357のハイアベレージを記録。社会人ベストナインの一人に選ばれた。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た北海道日本ハムファイターズ

    初盗塁:2007年4月28日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9回裏に二盗(投手:MICHEAL、捕手:高橋信二)渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た遊撃手

    入社1年目の2003年、3年目のに都市対抗野球大会にて優勝を経験、自身も遊撃手として出場し勝利に貢献した。その後、第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表入りを果たし、全9試合に出場、.357のハイアベレージを記録。社会人ベストナインの一人に選ばれた。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    入団以来、打撃は可もなく不可もなくといった成績を残しているが、2008年からは出塁率を上げるためファウルで粘って投手に球数を投げさせた上で四球を選んだり、死球で塁に出たりと出塁率は高い。そのため三振が少なく、なかなか球を避けようとしないため死球の数が多いのも特徴である。1年目の2007年からリーグ6位の12死球を記録し、2008年は7月28日に2打席連続死球を記録し、オールスター前にもかかわらず20個に到達した。しかし、現在までに死球による故障離脱は1度もしていない。空振り自体も少なく、2011年はセ・リーグで規定打席に到達した選手の中で4番目の少なさだった。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「渡辺直人」のニューストピックワード