96件中 61 - 70件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た本塁打

    は開幕を二軍で迎えたが、4月17日に一軍登録され、同日の福岡ソフトバンクホークス戦7回裏にリック・ショートの代走として一軍初出場し、8回表からは遊撃の守備に就いた。翌18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の埼玉西武ライオンズ戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日の千葉ロッテマリーンズ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後を保ち、一時は新人王有力候補とも言われた。打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも増えた。最終的な打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年、新人として両リーグ唯一の規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少だった。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たスポルたん!LIVE

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た仙台放送

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2006年11月21日に行われた2006年の大学生・社会人ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスより5巡目指名を受け、入団。背番号は社会人時代と同じ「2」。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た社会人野球

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た失策

    は開幕を二軍で迎えたが、4月17日に一軍登録され、同日の福岡ソフトバンクホークス戦7回裏にリック・ショートの代走として一軍初出場し、8回表からは遊撃の守備に就いた。翌18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の埼玉西武ライオンズ戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日の千葉ロッテマリーンズ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後を保ち、一時は新人王有力候補とも言われた。打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも増えた。最終的な打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年、新人として両リーグ唯一の規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少だった。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表

    入社1年目の、3年目のに都市対抗野球大会にて優勝を経験。自身も遊撃手として勝利に貢献した。には第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選ばれ、全9試合に出場し、打率.357のハイアベレージを記録。社会人ベストナインの一人に選ばれた。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た出塁率

    1月30日、球団から入籍が発表された。開幕戦には「1番・遊撃手」で出場。「出塁率を上げる」という目標から打席で粘って四死球で出塁というスタイルで高出塁率を維持。一時期は打率が2割台ながら出塁率が4割を超えていた時期もあった。しかし、交流戦で三盗の際ヘッドスライディングをした際に肩を負傷。怪我の影響で打撃不振に陥り、後半は下位打線を打ったり他の選手にスタメンを譲ったりすることが多くなった。打率は.251と規定打席到達では26位と振るわなかったものの、盗塁数は前年より増えて34盗塁とリーグ2位、盗塁成功率は.850であった。死球は22個とダントツだった(シーズン記録ではの城島健司と同数の5位)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たプロ野球選手

    渡辺 直人(わたなべ なおと、1980年10月15日 - )は、茨城県牛久市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た城西大学

    野球を始めたのは小学3年生。牛久市立下根中学校、茨城県立牛久高校、城西大学(竹原直隆と同期)を経て、三菱ふそう川崎に入社。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「渡辺直人」のニューストピックワード