213件中 11 - 20件表示
  • キヤノン・EOSシリーズ

    キヤノン・EOSシリーズから見た渡辺謙渡辺 謙

    EOS 40D(2007年8月31日発売) - EOS 30Dの後継機。1,010万画素、APS-Cサイズの撮像素子のほか、DIGIC III、ほこり付着防止・除去対策システム「EOSインテグレイテッドクリーニングシステム」、ライブビューを搭載している。イメージキャラクターは渡辺謙を起用。キヤノン・EOSシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 許されざる者 (2013年の映画)

    許されざる者 (2013年の映画)から見た渡辺謙渡辺 謙

    『許されざる者』(ゆるされざるもの)は、2013年9月13日公開予定の日本映画。主演は渡辺謙。監督は李相日。許されざる者 (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ 遥かなる帰還

    はやぶさ 遥かなる帰還から見た渡辺謙渡辺 謙

    『はやぶさ 遥かなる帰還』(はやぶさ はるかなるきかん)は、2012年2月11日公開の日本映画。監督は瀧本智行。主演は渡辺謙はやぶさ 遥かなる帰還 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た渡辺謙渡辺 謙

    特別賞 渡辺謙『ラストサムライ』(アメリカ)ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た渡辺謙渡辺 謙

    2013年には、ゴッホら若い画家を描いた「コンフィダント・絆」(2007)・ゲッベルスらナチスを扱った「国民の映画」(2011)に引き続き、海外芸術家シリーズの3作目としてウラディミール・ホロヴィッツとその調律師がテーマの舞台「ホロヴィッツとの対話」を作・演出する予定。同作はフランツ・モアを演じる渡辺謙の12年振りの舞台復帰作や和久井映見の舞台初挑戦としても注目される。また同年ナポレオンを扱う新作「おのれナポレオン」を、劇作家・俳優の野田秀樹を主演に迎えて発表する予定である。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊守章

    渡邊守章から見た渡辺謙渡辺 謙

    クローデル、ラシーヌなどのフランス演劇を専門としたが、能楽など日本演劇にも造詣が深い。1970年には観世寿夫らと冥の会を結成して演劇の実践も行い、1979年より演劇集団 円の演出家として活躍。ラシーヌの『フェードル』を能様式で演出、フランスでも上演した。ほかに『能ジャンクション・葵上』のような実験的な能や、クローデル、コクトーのほか、多くの近代演劇の上演を行い、1996年から演劇製作「空中庭園」に拠って演出活動を行う。野村萬斎が武司といった時代にいち早く起用し、渡辺謙も守章演出で初舞台を踏んでいる。演劇企画『空中庭園』主宰。渡邊守章 フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュースアンカー

    FNNスーパーニュースアンカーから見た渡辺謙渡辺 謙

    青山繁晴が国際情勢から政治・事件・社会問題に至るまで、様々なニュースを独自の視点で解説する。前半・後半にキーワードを設けている。最後に問題のカギを提案する。ゲストを交えてのトークバトル(鼎談とも言われる)も行なわれることもある(後述の渡辺謙や出演当時大阪府知事だった橋下徹現・大阪市長など)。FNNスーパーニュースアンカー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見た渡辺謙渡辺 謙

    11日 - 日本テレビ系『金曜特別ロードショー』にて、2009年公開の映画『沈まぬ太陽』(山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演)を地上波初放送。19時から22時54分まで、正味時間202分(CMを挟み234分)のノーカットで放送された。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た渡辺謙渡辺 謙

    出演:長瀬智也(TOKIO)、加藤あい、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲ、渡辺謙2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のテレビ (日本)

    1987年のテレビ (日本)から見た渡辺謙渡辺 謙

    4日 - NHK大河ドラマ第25作『独眼竜政宗』(渡辺謙主演)放送開始( - 12月13日)。大河ドラマ史上最高となる平均視聴率39.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。1987年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

213件中 11 - 20件表示

「渡辺謙」のニューストピックワード