317件中 101 - 110件表示
  • 渡辺謙

    渡辺謙から見たランボー

    ランボー(シルヴェスター・スタローン)日本テレビ版渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た養子縁組

    1983年(昭和58年)に結婚した前夫人とは2年に及ぶ調停の末、2005年3月に離婚。時を同じくしてテレビ東京のサスペンスドラマの共演を機に知り合った女優の南果歩と本格的に交際を開始し、同年12月3日に再婚。二人の交際に関しては日本の芸能マスコミもノーマークで、AP通信配信の写真で渡辺が映画『SAYURI』のニューヨークプレミアに同伴した「未確認ゲスト」の女性が南と判明すると同時に、二人の結婚が公表された。南が前夫の辻仁成との間に儲けた1子(男子)とも養子縁組(次男)し、一時は南と次男と共にロサンゼルスを生活の拠点にしていた。仕事で世界各地を飛び回る渡辺と、より家族の時間を多く持てるよう考慮して、家族の生活の拠点は日本においている。当初、結婚式などは挙げなかったが、2010年8月、結婚5年目の節目としてロサンゼルスで挙式したことを公表した。2017年3月、元ホステスとの不倫関係を『週刊文春』にて報じられた。南果歩が乳がんで闘病中であることもあり、所属事務所は「渡辺が米国から帰国次第、今後の対応を検討する」としている。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た上海国際博覧会

    2010年の中国の上海国際博覧会でのジャパンデーにあわせ、財団法人の角川文化振興財団(理事長:角川歴彦)の企画によって原寸大で復元された遣唐使船がかつての遣唐使と同一の航路で大阪港から上海に入港し、プロジェクトの親善大使を務めた渡辺を乗せて会場内を流れる黄浦江を航行した。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た日刊スポーツ映画大賞

    第19回(2006年)日刊スポーツ映画大賞 主演男優賞 - 『明日の記憶』渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た吹奏楽

    新潟県北魚沼郡広神村にて共に教師をしていた両親の元に生まれる。両親の転勤で幼少期を入広瀬村、守門村(ともに魚沼市)、高田市(上越市)で過ごす。新潟県立小出高等学校在学時には吹奏楽部に所属し、幼少の頃から親しんできたトランペットを担当。高校卒業後の1978年、東京の武蔵野音楽大学進学を目指す。しかし音大受験に必要な本格的な音楽教育は受けておらず、また渡辺が中学生の時、父・亮一が病に倒れ仕事が出来なくなったこともあり、学費捻出の困難などの問題から断念。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見たトニー賞

    2015年、ミュージカル『王様と私』でトニー賞・ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされる。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た東日本大震災

    2013年、東日本大震災の被災者たちを支援しようと、宮城県気仙沼市に自身がプロデュースしたライブカフェ「K-port」をオープン。オープニングイベントとして11月24日に1日だけのスペシャル企画として、南果歩と朗読劇「ラヴ・レターズ」 を上演している。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た新潟市

    第4回(2009年)安吾賞(新潟市主催)渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見たゴールデングローブ賞

    2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に、栗林忠道役で日本国外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺だけは監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において、壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見たファッションモデル

    前妻との間に儲けた第1子(長男)の渡辺大は俳優として、第2子(長女)の杏は女優・ファッションモデルとして活躍している。なお、息子の大とは間接的にではあるが共演歴はあるが、娘の杏とは役者業以外でも共演したことはない。2008年8月には長男の大に第1子が誕生し、渡辺は48歳の若さで初孫を持つ身となった。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

317件中 101 - 110件表示

「渡辺謙」のニューストピックワード