317件中 21 - 30件表示
  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た根岸吉太郎

    絆 -きずな-(1998年、東宝、根岸吉太郎 監督) - 佐古章生 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た李相日

    許されざる者(2013年、ワーナー・ブラザース映画、李相日 監督) - 釜田十兵衛 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た瀬戸内寂聴

    孫たちには「J」と呼ぶよう指示している。妻の南共々瀬戸内寂聴と親交がある。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た福本豊

    プロ野球の阪神タイガースの熱狂的なファンであり、阪神の試合結果はハリウッドに活動拠点を移した後でもインターネットなどで随時情報収集しており、渡辺自身も多忙な中、2005年9月19日と9月20日には阪神甲子園球場に駆けつけ、阪神×中日戦を観戦。20日には関西ローカルの独立UHF局のナイター中継『サンテレビボックス席』に5回までゲスト出演した。日本にいるときは精力的に甲子園球場にタイガースの応援に出かけて行く。野球解説者の福本豊と友人で、試合観戦後は福本と甲子園球場近隣の庶民的な居酒屋でにぎやかに野球談義に花を咲かせていた。またそう言ったことからハリウッド関係者の間では「シーズンオフの間に撮影は終わる。」と説明したり阪神が勝利した翌日にオファーをかけるとOKが出やすいということが言われているという都市伝説がある渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た坂本龍馬

    幕末純情伝(1991年、松竹、薬師寺光幸 監督) - 坂本竜馬渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た本田圭佑

    docomo LTE Xi篇(2013年)※本田圭佑と共演渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た荻原浩

    日本映画では2006年に、荻原浩の小説『明日の記憶』映画化作品で映画初主演。同作品の映画化に当たっては各映画会社の駆け引きがあり、渡辺を含む複数の日本を代表する大物俳優達が候補に挙がったが、自らも闘病経験があり原作に人一倍の共感を持てた渡辺が、荻原に映画化を熱望する旨の手紙を直接送付したことで(荻原は最初誰かの悪戯だと思ったが、紛れもなく渡辺本人からのものだと知り仰天したという)、渡辺の主演で映画化された。白血病の発症以降、患者役や医療関係者役、難病を扱った作品は避けてきたが、この作品で若年性のアルツハイマー病に冒されていくという主人公を演じている。また、映画公開と同じ時期に発表した自らの著書『誰? - WHO AM I?』で、かつて白血病の治療中頻繁に受けた輸血(主に血小板輸血)が原因でC型肝炎ウイルスに感染し、『明日の記憶』の撮影はその治療の副作用に悩まされながら敢行していたことを告白。現在は急性骨髄性白血病・C型肝炎ウイルス感染ともに問題のない良好な状態を保っているという。更にこの作品で初めてエグゼクティブ・プロデューサーを兼任。映画の普及とアルツハイマー病への理解を促進するため全国各地を奔走した(ただし、渡辺本人は「自分はプロデューサーというよりも『イントロデューサー(紹介者)』である」と述べている)。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た山崎豊子

    2009年10月、山崎豊子原作の映画『沈まぬ太陽』に恩地元役で主演し、第33回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第34回報知映画賞主演男優賞を受賞。映画公開初日の舞台挨拶にて作品・撮影の厳しさを語り男泣きした。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た本広克行

    スペーストラベラーズ(2000年、東映、本広克行 監督) - 坂巻隼人(クラッシュボンバー) 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺謙

    渡辺謙から見た本木克英

    てなもんや商社(1997年、松竹、本木克英 監督) - 王 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

317件中 21 - 30件表示

「渡辺謙」のニューストピックワード