266件中 41 - 50件表示
  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たレナウン (企業)

    レナウン『SIMPLE LIFE』(1985年 - 1988年)渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たテレビ朝日

    月曜ワイド劇場 美しい女医の診察室II (1984年3月26日、テレビ朝日渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たパナソニック

    松下電器産業(現:パナソニック) カラーテレビ『αArtサラウンド』(1987年)渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たスズキ (企業)

    スズキ『ワゴンR』(2012年 - )渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た東宝

    タンポポ (1985年、東宝、伊丹十三 監督) - ガン 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た熊井啓

    1996年に刊行された社会派映画監督熊井啓の著書「映画の深い河」では、深く渡辺について言及している。熊井の「海と毒薬」に起用するかどうか判断するために初めて渡辺と会った時に感じた独特の雰囲気は、「初めて石原裕次郎や小林旭、赤木圭一郎、吉永小百合らを見た時に感じたスター性と同じものを感じた」と記している。また、スター性だけでなく「海と毒薬」の製作過程で長尺のアフレコを行った際のあまりにも正確な仕事ぶりに感心し、三船敏郎に劣らない卓越した集中力を持っている俳優であると激賞。そして、いつか渡辺主演で映画を撮りたいと述べていた。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た伊達政宗

    1987年(昭和62年)のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役(伊達政宗役)を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。一躍全国的な人気を獲得、スターダムにのし上がる。また、その頃から歌手としても1992年(平成4年)頃まで活動していた。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た佐々木小次郎

    巌流島 小次郎と武蔵 (1992年1月1日、NHK) - 佐々木小次郎渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た連続テレビ小説

    1982年(昭和57年)、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たすと1984年には『瀬戸内少年野球団』で映画デビュー。その後も『タンポポ』、『海と毒薬』などの映画に相次いで準主役級で出演。1986年(昭和61年)のNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』にも出演した。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た栗林忠道

    2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に、栗林忠道役で日本国外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺だけは監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において、壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示

「渡辺謙」のニューストピックワード