266件中 81 - 90件表示
  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た中日ドラゴンズ

    趣味は乗馬や料理など多岐にわたる。無類の蕎麦好きで、テレビ番組に出演した際、十割蕎麦を「ケレン」と評するほどのこだわりを持ち、特に故郷新潟名物の「へぎそば」を好む。スポーツではラグビーの神戸製鋼、プロ野球の阪神タイガースのファンとして知られる。特に阪神タイガースに関しては熱狂的なファンであり、阪神の試合結果はハリウッドに活動拠点を移した現在でもインターネットなどで随時情報収集しており、渡辺自身も多忙な中、2005年9月19日と9月20日には阪神甲子園球場に駆けつけ、阪神×中日戦を観戦。20日には関西ローカルの独立UHF局のナイター中継『サンテレビボックス席』に5回までゲスト出演した。日本にいるときは精力的に甲子園球場にタイガースの応援に出かけて行く。野球解説者の福本豊と友人で、試合観戦後は福本と甲子園球場近隣の庶民的な居酒屋でにぎやかに野球談義に花を咲かせていた。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た新潟市

    第4回(2009年)'''安吾賞(新潟市主催)渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たゴールデングローブ賞

    2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に、栗林忠道役で日本国外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺だけは監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において、壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たベストドレッサー賞

    第35回(2006年)ベストドレッサー賞 - 『明日の記憶』渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たファッションモデル

    前妻との間に儲けた第1子(長男)の渡辺大は俳優として、第2子(長女)の杏は女優・ファッションモデルとして活躍している。2008年(平成20年)8月には長男の大に第1子が誕生し、渡辺は48歳の若さで初孫を持つ身となった。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た阪神ファン

    趣味は乗馬や料理など多岐にわたる。無類の蕎麦好きで、テレビ番組に出演した際、十割蕎麦を「ケレン」と評するほどのこだわりを持ち、特に故郷新潟名物の「へぎそば」を好む。スポーツではラグビーの神戸製鋼、プロ野球の阪神タイガースのファンとして知られる。特に阪神タイガースに関しては熱狂的なファンであり、阪神の試合結果はハリウッドに活動拠点を移した現在でもインターネットなどで随時情報収集しており、渡辺自身も多忙な中、2005年9月19日と9月20日には阪神甲子園球場に駆けつけ、阪神×中日戦を観戦。20日には関西ローカルの独立UHF局のナイター中継『サンテレビボックス席』に5回までゲスト出演した。日本にいるときは精力的に甲子園球場にタイガースの応援に出かけて行く。野球解説者の福本豊と友人で、試合観戦後は福本と甲子園球場近隣の庶民的な居酒屋でにぎやかに野球談義に花を咲かせていた。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たランボー

    ランボー(シルヴェスター・スタローン)日本テレビ版渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た白血病

    日本映画では2006年(平成18年)に、荻原浩の小説『明日の記憶』映画化作品で映画初主演を果たす。同作品の映画化に当たっては各映画会社の駆け引きがあり、渡辺を含む複数の日本を代表する大物俳優達が候補に挙がったが、自らも闘病経験があり原作に人一倍の共感を持てた渡辺が、荻原に映画化を熱望する旨の手紙を直接送付したことで(荻原は最初誰かの悪戯だと思ったが、紛れもなく渡辺本人からのものだと知り仰天したという)、渡辺の主演で映画化された。白血病の発症以降、患者役や医療関係者役、難病を扱った作品は避けてきたが、この作品で若年性のアルツハイマー病に冒されていくという主人公を演じている。また、映画公開と同じ時期に発表した自らの著書『誰? - WHO AM I?』で、かつて白血病の治療中頻繁に受けた輸血(主に血小板輸血)が原因でC型肝炎ウィルスに感染し、『明日の記憶』の撮影はその治療の副作用に悩まされながら敢行していたことを告白。現在は急性骨髄性白血病・C型肝炎ウィルス感染ともに問題のない良好な状態を保っているという。更にこの作品で初めてエグゼクティブ・プロデューサーを兼任。映画の普及とアルツハイマー病への理解を促進するため全国各地を奔走した(ただし、渡辺本人は「自分はプロデューサーというよりも『イントロデューサー(紹介者)』である」と述べている)。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た太陽にほえろ!

    太陽にほえろ! 第574話「冒険の海」(1983年10月28日、日本テレビ/東宝) - 清水ユウジ 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た養子縁組

    1983年(昭和58年)に結婚した前夫人とは2年に及ぶ調停の末、2005年(平成17年)3月に離婚。時を同じくしてテレビ東京のサスペンスドラマの共演を機に知り合った女優の南果歩と本格的に交際を開始し、同年12月3日に再婚。二人の交際に関しては日本の芸能マスコミもノーマークで、AP通信配信の写真で渡辺が映画『SAYURI』のニューヨークプレミアに同伴した「未確認ゲスト」の女性が南と判明すると同時に、二人の結婚が公表された。南が前夫の辻仁成との間に儲けた1子(男子)とも養子縁組(次男)し、一時は南と次男と共にロサンゼルスを生活の拠点にしていた。仕事で世界各地を飛び回る渡辺と、より家族の時間を多く持てるよう考慮して、家族の生活の拠点は日本においている。当初、結婚式などは挙げなかったが、2010年8月、結婚5年目の節目としてロサンゼルスで挙式したことを公表した。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

266件中 81 - 90件表示