前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • J-MELO

    J-MELOから見た渡辺香津美渡辺香津美

    Vol6 渡辺香津美・本田雅人・松本圭司・グレッグ・リー・則竹裕之・May J.・シャンティ・スナイダーJ-MELO フレッシュアイペディアより)

  • オマー・ハキム

    オマー・ハキムから見た渡辺香津美渡辺香津美

    1980年、マイク・マイニエリに出会い、マイクがプロデュースするカーリー・サイモンのバンドのドラマーに。同年渡辺香津美のTochikaツアーでマイク・マイニエリ、 マーカス・ミラー、 ウォーレン・バーンハートと共に来日公演を行っている。オマー・ハキム フレッシュアイペディアより)

  • イエロー・マジック・オーケストラ

    イエロー・マジック・オーケストラから見た渡辺香津美渡辺香津美

    この第1回ワールド・ツアーの模様は、翌年2月発売の3枚目のアルバム『パブリック・プレッシャー』に収録された。このアルバムにおいてサポート・ギタリストの渡辺香津美のギター・チャンネルは、渡辺が所属していた日本コロムビアの意向で全編がカットされてしまっている。(コズミック・サーフィンでは、他のマイクが拾ったギターの音をかすかに聞き取ることができる)その代わりに、坂本のシンセサイザーが後から録音されている。(後にギターのトラックは『フェイカー・ホリック』などいくつかのライヴ盤で復活する)。この事がむしろアルバム自体の仕上がりを「テクノ」風にさせており、YMOのスタイルを方向付けさせ、ファンを拡大させた事は「怪我の功名」というべき事である。後になって実況録音的『フェイカー・ホリック』を聴いたファンの多くが、疑似ライブとも言える『パブリック・プレッシャー』の方を支持したのは、ファンがYMOに何を求めているかを表している、特筆すべき事である。イエロー・マジック・オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • マーカス・ミラー

    マーカス・ミラーから見た渡辺香津美渡辺香津美

    ブレッカー・ブラザーズ、渡辺香津美らとセッション。マーカス・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た渡辺香津美渡辺香津美

    1979年の中野サンプラザ、渋谷公会堂でのライブ録音。すでにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成していた高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一が参加しているが、YMOとしてはクレジットされていないうえ、曲目の重なりもない。一方、1979年は矢野自身が渡辺香津美(本アルバムには不参加)のKYLYN BAND、坂本龍一のカクトウギ・セッションに参加していた時期であり、これらの活動と曲目が重なるところが多い。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • ライディーン (YMOの曲)

    ライディーン (YMOの曲)から見た渡辺香津美渡辺香津美

    2011年、渡辺香津美がアルバム『TRICOROOLL』でカバーしている。メンバーは渡辺香津美(eg, g syn.)がオベド・カルヴェール(ds)、オラシオ・”エル・ネグロ”・エルナンデス(ds)、ヤネク・グウィズダーラ(b)ライディーン (YMOの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 千のナイフ

    千のナイフから見た渡辺香津美渡辺香津美

    ギターで渡辺香津美が参加。坂本からの注文は「火がついたように弾きまくってくれればいいから」だった。山下達郎もカスタネットで参加している。千のナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 深町純

    深町純から見た渡辺香津美渡辺香津美

    渡辺香津美「Mermaid Boulevard」(ゲスト・1977年)深町純 フレッシュアイペディアより)

  • 山木秀夫

    山木秀夫から見た渡辺香津美渡辺香津美

    井上陽水、桑田佳祐、今井美樹、尾崎亜美、佐藤竹善、塩谷哲、高中正義、 寺尾聰、徳永英明、所ジョージ、Bank Band、福山雅治、森山良子、山崎まさよし、渡辺香津美など。山木秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た渡辺香津美渡辺香津美

    1978年2月、細野晴臣のアルバム『はらいそ』に参加。細野の誘いにより、高橋幸宏とともに「イエロー・マジック・オーケストラ」(YMO)を結成、活動を開始する。10月、坂本初のソロアルバム『千のナイフ』をリリースし、ソロ・デビューも果たす。11月、YMO名義の『イエロー・マジック・オーケストラ』を発売、続く『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』で爆発的人気を博す。またこの年、風の旅団の前身となるテント劇団「曲馬館」の音楽にも参加した。翌1979年にはYMOと並行する形で渡辺香津美、矢野顕子、小原礼、村上秀一、本多俊之らとセッションユニットKYLYNや、ほぼ同じメンバーで、各パート二人ずつで演奏技術を競わせるというコンセプトのカクトウギセッションでの活動を行う。また一部の楽曲で第二ピアノを演奏した高橋悠治のLP『新ウィーン楽派ピアノ音楽集成』が発表された(後に『新ウィーン楽派ピアノ作品集』としてCD化。また参加楽曲シェーンベルク「四手のための六つの小品」は坂本のアルバム『フェイヴァリット・ヴィジョンズ』にも収録されている)。同年から1980年にかけて、YMOは2度にわたるワールドツアーを実施。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「渡辺香津美」のニューストピックワード