123件中 91 - 100件表示
  • 村上秀一

    村上秀一から見た渡辺香津美渡辺香津美

    1986年には渡辺香津美との全米ツアー、1987年には国際交流基金によるアフリカツアーを行った後、島健トリオと山羊智詞のソロプロジェクトを母体とした、ハードロックバンド「ザ・メーカーズ」を結成。1990年より、「山羊智詞&赤羽楽団」に参加するなど、活動の幅を広げている。村上秀一 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・シネマ・パラダイス

    ニュー・シネマ・パラダイスから見た渡辺香津美渡辺香津美

    主題曲「Cinema Paradiso」はこれまでに各国のさまざまな企業のCMに使われているほか、テレビ番組でも頻繁に用いられる。イタリアのジャズ・トランペット奏者ファブリッツィオ・ボッソのアルバム『』、パット・メセニーとチャーリー・ヘイデンのデュオ作『ミズーリの空高く』、クリス・ボッティのアルバム『』など多くのミュージシャンがカバーしている。日本では、ギタリストの渡辺香津美がアコースティック・ギターをメインに用いた『おやつ』、 大賀好修がB'zの松本孝弘のソロ・ワークス『Theatre of Strings』でカバーしている。ニュー・シネマ・パラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 深町純

    深町純から見た渡辺香津美渡辺香津美

    渡辺香津美「Mermaid Boulevard」(1977年)深町純 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田美奈子

    吉田美奈子から見た渡辺香津美渡辺香津美

    nowadays ? 吉田美奈子&渡辺香津美 (2008年10月15日)吉田美奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見た渡辺香津美渡辺香津美

    1987年 2月20日‐‐アントニオ猪木・闘魂ライヴ「突然卍固めコンサート」 (中野サンプラザ) イエロー・メディスン/渡辺香津美/上田正樹/石田長生/竹田和夫/他原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • 松武秀樹

    松武秀樹から見た渡辺香津美渡辺香津美

    1986年『Tokyo Joe』(坂本龍一&渡辺香津美松武秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • SUGIZO

    SUGIZOから見た渡辺香津美渡辺香津美

    自身が尊敬し影響を受けたミュージシャンとして挙げるのは、YMOと土屋昌巳、渡辺香津美、布袋寅泰、DEAD END、フランク・ザッパ、スティーブ・ヴァイ、ロバート・フリップ、ジミ・ヘンドリックス、マイルス・デイヴィス、ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、ジャパン。ジャパンには特に影響を受けており、高校時代に真矢が「ドラムセットを買うならどんなのを買えばいい?」と相談してきたらジャパンのスティーヴ・ジャンセンと同じドラムセットを買うようにアドバイスしたり、ジャパンのトリビュートアルバムに参加した時は2曲提供(内1曲は自身の初ボーカル曲)という程の思い入れようである。SUGIZO フレッシュアイペディアより)

  • 古澤良治郎

    古澤良治郎から見た渡辺香津美渡辺香津美

    在学中からジャズ・ドラマーを志し、この頃から板橋文夫とともに演奏することが多かった。卒業後の1969年に本田竹広のグループに参加し、プロ・ドラマーとしての活動を始めた。以降、自らがリーダーのグループをもちながら、山下洋輔トリオ、渋谷毅トリオ、ELBCTRO JAZZ GROUP(本田竹廣、渡辺香津美など)、向井滋春クインテット、本多俊之PROJECT 4、峰厚介クインテットなどをはじめ、数多くのグループ、セッションに参加する。古澤良治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸守

    神戸守から見た渡辺香津美渡辺香津美

    高校在校時は軽音楽同好会に所属、友人と2人でアコースティック路線を歩んでいた。一方、その当時から「有名になりすぎたミュージシャンには興味がない」と広言しており、主にフュージョンに傾倒していた節もある。渡辺香津美、カシオペア、ザ・スクエア(現T-SQUARE)が好みだった。神戸守 フレッシュアイペディアより)

  • Infinite (渡辺香津美のアルバム)

    Infinite (渡辺香津美のアルバム)から見た渡辺香津美渡辺香津美

    『INFINITE / KAZUMI WATANABE FIRST』(インフィニット / カツミ ワタナベ ファースト)は、 日本のギタリスト、渡辺香津美のデビューアルバムである。Infinite (渡辺香津美のアルバム) フレッシュアイペディアより)

123件中 91 - 100件表示

「渡辺香津美」のニューストピックワード