123件中 51 - 60件表示
  • CM/TV

    CM/TVから見た渡辺香津美渡辺香津美

    坂本含む、渡辺香津美らによるバンド『KYLYN』が演奏している。CM/TV フレッシュアイペディアより)

  • 松原勝也

    松原勝也から見た渡辺香津美渡辺香津美

    ソリストとしては、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、神戸市室内合奏団など主要オーケストラと共演した。室内楽奏者としては、ヨーヨー・マ、ピーター・ゼルキン、チャールズ・ナイディック等と共演した。さらに、ギタリストの福田進一、渡辺香津美とのデュオ、トリオとしても活躍松原勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 下田逸郎

    下田逸郎から見た渡辺香津美渡辺香津美

    2008年3月1日、NHK BS-2「フォークの達人」(全22回)の最終回の達人として登場。当時在住していた福岡県飯塚市にある嘉穂劇場で斉藤ノブ、渡辺香津美、石川セリらと共演する。下田逸郎 フレッシュアイペディアより)

  • 湶尚子

    湶尚子から見た渡辺香津美渡辺香津美

    趣味悠々「渡辺香津美のアコースティックギター講座」(NHK教育)湶尚子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦夫

    藤本敦夫から見た渡辺香津美渡辺香津美

    神奈川県立横須賀高等学校、早稲田大学卒業。ピアノを高橋悠治の母に、声楽を前田幸市郎に師事、小学生の頃よりステージ、テレビ、ラジオ、レコーディングなどで活動。1980年にはYMO初の国内ツアー、「TECHNOPOLIS 2000-20」に急病の大村憲司に代わって参加。その後、橋本一子、横山雅史、木村万作、石井AQらと組んだ「カラード・ミュージック (Colored Music)」での活動を経て、リーダー活動の他、山下洋輔、渡辺香津美、坂田明、今堀恒雄、菊地成孔、POiSON GiRL FRiEND、Phewなど多数のバンドに参加する一方、テレビ、映画の作曲家、プロデューサー、アレンジャー、セッションミュージシャンなど多岐にわたって活動する。藤本敦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 金子飛鳥

    金子飛鳥から見た渡辺香津美渡辺香津美

    プログレッシブ・ロック色が濃い作品。今堀恒雄、富岡義広、渡辺香津美、坂田明などが参加。金子飛鳥 フレッシュアイペディアより)

  • パブリック・プレッシャー

    パブリック・プレッシャーから見た渡辺香津美渡辺香津美

    同ツアーのサポート・ギタリストは渡辺香津美であったが、当時渡辺が所属していた日本コロムビアはその収録を拒否したため、ギターのチャンネルはカットされ坂本龍一のシンセサイザーに置き換えられた。クレジットには「Also thanks to Mr. KYLYN」として渡辺への謝辞が残されている。パブリック・プレッシャー フレッシュアイペディアより)

  • トミー・スナイダー

    トミー・スナイダーから見た渡辺香津美渡辺香津美

    渡辺香津美、富倉安生等が参加したアルバム「THERE COMES A TIME』からの先行シングル・カット。トミー・スナイダー フレッシュアイペディアより)

  • 日野賢二

    日野賢二から見た渡辺香津美渡辺香津美

    2010年 - 2011年 TV/Music Air『MIDNIGHT JAM/MIDNIGHT JAM EX』のホスト役兼ミキシングを担当する。同番組では、日野が率いるセッション・バンドに毎回1人のゲストを迎え、カバー曲、オリジナル曲を演奏する。現在までのゲストは日野皓正、Shiho(Fried Pride)、渡辺香津美、中川晃教、小林香織、Tinaなど。MIDNIGHT JAM EX のゲストには、カイル・イーストウッド、ネーザン・イースト、リチャード・ボナ他、海外ミュージシャンを迎え1年間に計24本の制作本数が予定されている。日野賢二 フレッシュアイペディアより)

  • ステップス・アヘッド

    ステップス・アヘッドから見た渡辺香津美渡辺香津美

    第一期(1979年から1981年)の顔ぶれは、ライヴ・アルバムである「スモーキン・イン・ザ・ピット」からわかるように、マイケル・ブレッカー(テナー・サックス)、スティーヴ・ガッド(ドラムズ)、エディ・ゴメス(ベース)、ドン・グロルニック(ピアノ)、マイク・マイニエリ(ヴィブラフォン)である。そして、このアルバムには特別ゲストとして渡辺香津美(ギター)が参加している。この2枚組のライヴ・アルバムは1979年12月15日と16日に、東京の「六本木ピットイン」(2004年に閉店)で録音された。2枚目のスタジオ・アルバムは、1979年12月17日に録音され、「ステップ・バイ・ステップ」というタイトルがつけられた。「スモーキン・イン・ザ・ピット」は1980年に発売され、ゴールド・ディスクを獲得している。スタジオ録音の「ステップ・バイ・ステップ」は、1作目の発売後まもなく、1980年夏に発売され、さらに続いて3作目の「パラドックス」(もう一枚のライヴ・アルバム)が発売された。1999年に再発されたスモーキン・イン・ザ・ピットのブックレットの中のマイク・マイニエリの発言によると、この3枚のアルバムだけが「ステップス」の名義で発売されたものだということである。1982年に、「ステップス」という名称がノース・カロライナ州のあるバンドによって商標登録されていることがわかり、それゆえバンドの名前を「ステップス・アヘッド」に変えたのである。ステップス・アヘッド フレッシュアイペディアより)

123件中 51 - 60件表示

「渡辺香津美」のニューストピックワード