76件中 61 - 70件表示
  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たレコードレーベル

    1982年に日本コロムビアからポリドール(現:ユニバーサルミュージック)に移籍、併せて自らのレーベル「domo」を立ち上げる。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見た音楽プロデューサー

    コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』ではヴィブラフォン奏者のマイク・マイニエリがプロデューサーとして迎えられている。このアルバムの収録曲"Unicorn"が日立のオーディオ・ブランド「Lo-D」のCM曲に使われ、人気を不動のものとする。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たLo-D

    コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』ではヴィブラフォン奏者のマイク・マイニエリがプロデューサーとして迎えられている。このアルバムの収録曲"Unicorn"が日立のオーディオ・ブランド「Lo-D」のCM曲に使われ、人気を不動のものとする。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たラジオパーソナリティ

    1981年からはFM東京(当時)系列で自身の番組『グッド・バイブレーション〜渡辺香津美・ドガタナ・ワールド』のパーソナリティーを務める。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見た暁星中学校・高等学校

    東京都渋谷区のたばこ屋に生まれる。中学2年でベンチャーズに興味を持ち、初めてギターを手にする。入学した暁星高等学校の先輩にモト冬樹がおり、彼のギターの影響も受ける。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たフェイカー・ホリック

    1979年には坂本龍一、矢野顕子、村上秀一らと「KYLYN BAND(キリンバンド)」を結成。また同年にはイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のワールドツアーにサポート・ギタリストとして参加した。この模様はYMOの3枚目のアルバム『パブリック・プレッシャー(公的抑圧)』で発表されるが、渡辺のギター・チャンネルは、当時彼が所属していた日本コロムビアの意向でカットされることとなり、代わりに坂本龍一のシンセサイザーが追加録音された(渡辺のギターは後年リリースの『フェイカー・ホリック』などに収録された)。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見た夢の乱入者

    1990年から1996年にかけて関西テレビの深夜ローカル番組『夢の乱入者』に出演。ポップス系を中心に異分野のミュージシャンをゲストに招き、トークとスタジオライブ(東原力哉、清水興らとのバンドにて。公開収録もあり)で多数と共演した。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たギブソン・レスポール

    あまりヴィンテージギターは使用しないが、TOCHIKAの裏ジャケに写っている、1950年代後半のギブソン・レスポール・スペシャル、オヴェーション・アダマス1687-2などはたまにライブやレコーディングに使用する。また、近年はマーティンのヴィンテージのD-45を手に入れ、使用している。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たシンセサイザー

    1979年には坂本龍一、矢野顕子、村上秀一らと「KYLYN BAND(キリンバンド)」を結成。また同年にはイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のワールドツアーにサポート・ギタリストとして参加した。この模様はYMOの3枚目のアルバム『パブリック・プレッシャー(公的抑圧)』で発表されるが、渡辺のギター・チャンネルは、当時彼が所属していた日本コロムビアの意向でカットされることとなり、代わりに坂本龍一のシンセサイザーが追加録音された(渡辺のギターは後年リリースの『フェイカー・ホリック』などに収録された)。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺香津美

    渡辺香津美から見たコマーシャルソング

    コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』ではヴィブラフォン奏者のマイク・マイニエリがプロデューサーとして迎えられている。このアルバムの収録曲"Unicorn"が日立のオーディオ・ブランド「Lo-D」のCM曲に使われ、人気を不動のものとする。渡辺香津美 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「渡辺香津美」のニューストピックワード