温室効果ガス ニュース&Wiki etc.

温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 (出典:Wikipedia)

「温室効果ガス」Q&A

  • Q&A

    原発の必要性のひとつに、稼働時温室効果ガス排出0と云うものがあります。 この場合の温…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月19日 09:25

  • Q&A

    『2050年自然エネルギー「100%達成シナリオ」むしろ84兆円の節約に!』2017…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年2月17日 21:00

  • Q&A

    お前って逃げ出したの忘れちゃったの? 凄く基本的な問題ですが、既にあり、減価償却も…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年2月15日 19:59

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「温室効果ガス」のつながり調べ

  • 三フッ化窒素

    三フッ化窒素から見た地球温暖化係数

    NF3 は温室効果ガスの一種だが、使用量が少ないため、SF6 やパーフルオロカーボンと比較して地球の大気に対する環境に与える影響は小さいと言われてきた。の地球温暖化係数(GWP)はCO2の17,200倍である。NF3 の温室効果ガスとしての寿命は740年である。NF3 は排出量が少ないとして、京都議定書で定められた温室効果ガスには含まれていない。GWP 16,800、寿命 550年とする報告もある。(三フッ化窒素 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た温室効果ガス

    日本は、京都議定書によって二酸化炭素を主とする温室効果ガスの排出削減義務を負っているが、各地にある原子力発電所の停止によって代替電源を火力発電に求めざるをえないことから、温室効果ガスの排出量が増加し、京都議定書の削減目標を達成することが困難な情勢となっている。(東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

「温室効果ガス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「温室効果ガス」のニューストピックワード