前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
304件中 1 - 10件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化(ちきゅうおんだんか、)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の原因

    地球温暖化の原因から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化は、人間の産業活動に伴って排出された温室効果ガスが主因となって引き起こされているという説が主流である。『気候変動に関する政府間パネル』によって発行されたIPCC第4次評価報告書によって、人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は「90%を超える」とされている。IPCC第4次評価報告書は現在世界で最も多くの学術的知見を集約し、かつ世界的に認められた報告書であり、原因に関する議論が行われる場合も、これが主軸となっている。地球温暖化の原因 フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た温室効果ガス温室効果ガス

    製造や運搬、稼動、保守、廃棄などの際、エネルギー源や原材料の一部として化石燃料等が利用されることで、ある程度の温室効果気体の排出がある。この排出量は、主に設備(発電設備など)の製造・設置・稼動・保守・廃棄などで決まるものが多い。バイオマス燃料の場合、燃料の製造・運搬時の排出量が大きい(バイオマス燃料そのものからの炭素の排出については、燃料の育成時に環境中から二酸化炭素として吸収されるため、その分はカーボンニュートラルとみなされる)。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た温室効果気体温室効果ガス

    設備の耐用年数内に得られるエネルギーに対する温室効果気体の排出が化石燃料を用いた場合に比べ非常に少なく済むものが含まれる。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • セクター別アプローチ

    セクター別アプローチから見た温室効果ガス温室効果ガス

    セクター別アプローチとは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの国別削減量を決めるための手法の一つである。産業・運輸・家庭などの部門(これら部門のことをセクターという)ごとに温室効果ガス削減可能量を算出し、その合計を国別の総量目標とする。温室効果ガス削減可能量は、省エネ技術の普及率などを調査し、最も効率の良い技術を導入した場合を想定して算出する。積み上げ方式ともいわれ、政治判断で削減目標を義務づけた京都議定書とは違い、公平で統一的な基準に基づいて削減目標を定めようとする考え方である。2013年以降の地球温暖化対策の枠組み(ポスト京都議定書)交渉のなかで提唱されている。理論的バックボーンとしては、21世紀政策研究所から発表された2008年3月の「ポスト京都議定書の枠組としてのセクター別アプローチ―日本版セクター別アプローチの提案―」という報告書がある。セクター別アプローチ フレッシュアイペディアより)

  • 国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律

    国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律から見た温室効果ガス温室効果ガス

    国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(くにとうにおけるおんしつこうかガスとうのはいしゅつのさくげんにはいりょしたけいやくのすいしんにかんするほうりつ)平成19年(2007年)5月23日法律第56号は、国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関し、国等の責務を明らかにするとともに、基本方針の策定その他必要な事項を定めることにより、国等が排出する温室効果ガス等の削減を図り、もって環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築に資することを目的とする。国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術

    地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術から見た温暖化ガス温室効果ガス

    現在の世界の温暖化ガスの年間排出量は炭素換算で約72億トン(二酸化炭素換算で264億トン)で、自然が吸収できる量の2倍以上と見積もられている。このため温暖化ガスの安定化濃度をCO2換算で450ppmにするためには、2050年までにエネルギー由来の排出量を半減させる必要があるとされる(IPCC第4次評価報告書)。地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書

    京都議定書から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素 (N2O)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) について、先進国における削減率を1990年を基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標値(参照)を達成することが定められた。京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た温暖化ガス温室効果ガス

    加熱(暖房・給湯)の場合、発熱現象そのもの(燃焼など)を利用する従来の方法に徐々に取って代わりつつある。大気・地中熱・水(地下水・河川・下水道)・排熱等から、投入エネルギー(電気が多いがその他の動力・熱のものもある)よりも多い熱エネルギーを回収して利用する。適切な条件下で利用すれば省エネルギーや温暖化ガスの排出量削減が可能であり、地球温暖化への対策技術の一つにも挙げられている。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
304件中 1 - 10件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード