237件中 91 - 100件表示
  • エコロジー

    エコロジーから見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化の問題が表面化した後は、いわゆる温室効果ガスの削減が新たな重点となった。フロンガスの代替については、専門的部分が大きく、一般市民は係わる面が少ない。しかし、二酸化炭素については、それを削減できればエコであるとの風潮が生まれた。こうした観点から原子力発電所は発電時の温室効果ガス排出が相対的に少ないと評価されるが、放射性廃棄物の処理という新たな問題も生み出し、別の点で環境に負荷を与えているのではないかとする懸念もある。エコロジー フレッシュアイペディアより)

  • 根本順吉

    根本順吉から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1970-80年に地球寒冷化を予測していたが、その後の温暖化現象について、温室効果ガスを原因とする説をとらず、予測を超えた変化であるといった立場をとった。根本順吉 フレッシュアイペディアより)

  • CRE戦略

    CRE戦略から見た温室効果ガス温室効果ガス

    CRE関連の企業リスクとしては、価格変動リスク、コンプライアンス・リスク(設計・建築の法令違反等)、オペレーショナル・リスク(CREによる企業活動の制約等)、環境リスク(温室効果ガス、土壌汚染、アスベスト、PCB等)、カントリーリスク(海外不動産)等、様々なリスクがあることが認識されており、CRE関連のリスクに対するリスク・コントロールが企業の持続的成長に必要との認識が高まりつつある。このような状況により、CREマネジメントが企業のリスクマネジメントの一部を補完するとの認識が高まりつつあること。CRE戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 適正農業規範

    適正農業規範から見た温室効果ガス温室効果ガス

    廃棄物の流出 (豚を飼育する上で発生する硝酸塩による水質汚濁など)・栄養素の流出・温室効果ガス (牛を飼育する上で発生するメタンガスなど)の排出は避ける;適正農業規範 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の資源量

    太陽光発電の資源量から見た温暖化ガス温室効果ガス

    日本国内の標準的な環境においては、設備量1kWpあたりの発電量は約1000kWh/年である。100GWpの設備量の年間発電量は約100TWhとなり、日本の年間総発電量(約1064TWh)の約10%となる。太陽光発電の導入により、昼間のピーク電力需要の緩和と、火力発電に由来する温暖化ガスの排出量削減が期待されている。太陽光発電の資源量 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の環境性能

    太陽光発電の環境性能から見た温室効果ガス温室効果ガス

    太陽光発電も他の発電方式(電源)同様、その設備(モジュールやパワーコンディショナーなど)の生産時にはある程度の温室効果ガス (GHG) の排出を伴う。しかし化石燃料に基づくエネルギー源と異なり、太陽光発電は運転中に温室効果ガスや有害物質を含む排出ガスを出さない(動作原理については太陽電池を参照)。一般にライフサイクル中の全排出量を全発電量で平均すると、太陽光発電のGHG排出量は化石燃料による電源の排出量より桁違いに少なく、利用することで化石燃料の消費量を削減し、全体的な排出量を削減できる。太陽光発電の環境性能 フレッシュアイペディアより)

  • 省エネルギーセンター

    省エネルギーセンターから見た温室効果ガス温室効果ガス

    受賞した機器には「省エネ大賞受賞マーク」を付けることができる。省エネルギー性を発揮する機器やシステムを新たに研究開発し製品化した企業などは自ら応募し、審査を経て表彰される。これらの機器やシステムを消費者や社会が広く利用することによって二酸化炭素など温室効果ガスの排出量削減が行えるとされる。省エネルギーセンター フレッシュアイペディアより)

  • IPCC第4次評価報告書

    IPCC第4次評価報告書から見た温室効果ガス温室効果ガス

    二酸化炭素は、人為起源の温室効果ガスの中で最も影響が大きい。メタン、一酸化二窒素、ハロカーボン類などが影響した。(図SPM-2, 2.3, 7.3)IPCC第4次評価報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 南魚沼市地球温暖化対策地域協議会

    南魚沼市地球温暖化対策地域協議会から見た温室効果ガス温室効果ガス

    京都議定書における温室効果ガス削減目標を達成するために、民生部門における温室効果ガスの排出量を削減するため組織され、地球温暖化問題に対する意識や知識の高揚を図るとともに、効果的な対策についての情報提供等を行い、更にその取組の支援をしていく体制の整備と日常生活における温室効果ガスの削減を図ることを目的とする。南魚沼市地球温暖化対策地域協議会 フレッシュアイペディアより)

  • ライフサイクルアセスメント

    ライフサイクルアセスメントから見た温室効果ガス温室効果ガス

    3.影響評価とは、様々な環境負荷(二酸化炭素などの温室効果ガス、窒素酸化物などの大気汚染物質、油などの水質汚濁物質)を、環境影響に換算(これを特性化という)することである。設定された目的と、評価範囲の投入排出項目をみて、適切に環境影響領域を選択することが必要である。定量化された複数の環境影響に重み付けを行った上で足し合わせ、統合化することもある。重み付けをどのようにするかは立場や考え方によって異なるため、ISO規格においては重み付けは必須要素に含まれていない。ライフサイクルアセスメント フレッシュアイペディアより)

237件中 91 - 100件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード