304件中 101 - 110件表示
  • R443A

    R443Aから見た地球温暖化係数温室効果ガス

    地球温暖化係数(Global Warming Potential:GWP)が3と極めて低く、またR22に対する成績係数(Coefficient Of Performance:COP)比は105?110と良好であるが、可燃性が高い(ASHRAEは強燃性と分類)点が実用上の留意事項である。R443A フレッシュアイペディアより)

  • バイオガス

    バイオガスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    メタン発酵は、メタン菌をはじめとする多種の微生物により、炭水化物やタンパク質など多様な有機物を分解できる特徴がある。嫌気性発酵の特性上、曝気のための動力は不要であり、周囲への臭気の影響も一般に軽微である。メタンは水に溶けにくいため、分離・回収も容易である。高い温室効果係数を持つメタンを、適切に管理した設備で回収することは、地球温暖化防止の点でも有効である。バイオガス フレッシュアイペディアより)

  • 綾里崎

    綾里崎から見た温室効果ガス温室効果ガス

    気象ロケット観測所は、1970年(昭和45年)4月気象庁によって開設。1976年WMO大気バックグランド汚染地域観測所として降塵の化学成分観測。1987年WMO/GAWの一環として大気二酸化炭素の定常的な観測。1990年オゾン層破壊物質、紫外線、温室効果ガスの観測。2001年(平成13年)3月21日までの気象ロケット観測数1119回。2002年3月、気象ロケット観測所の名称を廃止。それ以後、WMO世界気象機関が推進している全球大気監視計画(GAW)に基づき、温室効果ガスやオゾンなどの観測を行っている。綾里崎 フレッシュアイペディアより)

  • 環境モデル都市

    環境モデル都市から見た温室効果ガス温室効果ガス

    環境モデル都市(かんきょうモデルとし)は、低炭素社会の実現に向けて温室効果ガスの大幅削減などへの取り組みを行うモデル都市として、日本政府により選定された自治体である。環境モデル都市 フレッシュアイペディアより)

  • 低炭素社会実行計画

    低炭素社会実行計画から見た温室効果ガス温室効果ガス

    低炭素社会実行計画(ていたんそしゃかいじっこうけいかく)は、温室効果ガスの削減を目的とした、日本の経済界による自主的取組みの計画の総称である。特に、日本経済団体連合会(経団連)およびその傘下の業界団体が策定し、2020年を目標年次とする「経団連低炭素社会実行計画」、および2030年を目標年次とする「経団連低炭素社会実行計画(フェーズII)」を指すことが多い。低炭素社会実行計画 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素排出係数

    二酸化炭素排出係数から見た地球温暖化係数温室効果ガス

    二酸化炭素排出係数(にさんかたんそはいしゅつけいすう、)とは、単位生産量・消費量等あたりの二酸化炭素の排出量を表す数値である。二酸化炭素排出原単位()ともいう。ただし、地球温暖化係数を用いて、温室効果ガスの排出量を二酸化炭素の排出量に換算したものは二酸化炭素換算量(にさんかたんそかんざんりょう、)と呼ばれる。二酸化炭素排出係数 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素排出係数

    二酸化炭素排出係数から見た温室効果ガス温室効果ガス

    二酸化炭素排出係数(にさんかたんそはいしゅつけいすう、)とは、単位生産量・消費量等あたりの二酸化炭素の排出量を表す数値である。二酸化炭素排出原単位()ともいう。ただし、地球温暖化係数を用いて、温室効果ガスの排出量を二酸化炭素の排出量に換算したものは二酸化炭素換算量(にさんかたんそかんざんりょう、)と呼ばれる。二酸化炭素排出係数 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国家イノベーション庁

    タイ国家イノベーション庁から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化や温室効果ガスといった気候変動問題への関心の高まりに伴い、 タイ王国では官民ともにこの危機的状況に対応するために多くの新たなスキームを導入している。イノベーション庁ではこの問題に取り組むためにエコインダストリー創出の実行戦略を立ち上げた。代替エネルギー源開発、エネルギー多様化、再生可能エネルギー源開発を戦略の主眼にすえており、また近年の環境問題の悪化から、エコテクノロジー、エコ製品および廃棄物エネルギー化技術、省エネルギー加工技術、生物由来原料の開発も行っている。さらに地方の再生可能エネルギー開発と関連産業セクターの推奨と支援も行っている。イノベーション庁では以下のプラットフォームを戦略領域と定めて事業を行っている。タイ国家イノベーション庁 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌学

    土壌学から見た温室効果ガス温室効果ガス

    土壌利用という目的や、土壌への純粋な好奇心によって土壌学の研究がすすめられ、土壌資源の多様性やダイナミクスについて、日々新たな知見が示されている。また、地球温暖化への関心の高まりもあって、気候変動や温室効果ガス、炭素隔離といった事柄と土壌との関係を調べるための、新しい研究手法が必要とされている。さらに、地球の生物多様性の維持や、化石人類の文化研究などの分野においても土壌の知見が必要とされており、土壌についてのさらなる理解が求められている。土壌学 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー貯蔵

    エネルギー貯蔵から見た温室効果ガス温室効果ガス

    現在、液体の炭化水素燃料が輸送の際のエネルギー貯蔵形式としては支配的である。しかし、自動車、トラック、列車、船舶、航空機の燃料としてこれを使うと、温室効果ガスが発生する。水素などの炭酸ガスを発生しない燃料や、ある種のエタノールやバイオディーゼルなどの実質的に炭酸ガスを増やさない燃料は、温室効果ガス増加の懸念への対応策と見なされている。エネルギー貯蔵 フレッシュアイペディアより)

304件中 101 - 110件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード