304件中 111 - 120件表示
  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネルから見た温室効果ガス温室効果ガス

    「地球温暖化の動きを遅らせ、さらには逆転させることは、我々の世代のみが可能な(defining)挑戦である。」…気候変動の緩和策の効果、経済的実現性と、温室効果ガスの濃度別に必要な緩和策の規模や被害等の分類などの評価。(第三作業部会報告書:気候変動の緩和策)気候変動に関する政府間パネル フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た温室効果ガス温室効果ガス

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • 電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法

    電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法から見た温室効果ガス温室効果ガス

    日本における石油使用量は、オイルショック以降官民一体の省エネルギー(省エネ)努力の結果、低下傾向を示していた。しかし、近年、その省エネ努力も限界に迫り、中東産原油への依存度自体はかえって高まりつつある。また、エネルギー多様化のため推進された原子力発電所の建設は益々困難になっており、原子力以外によるエネルギー多様化が模索されていた。さらに、国際的な地球温暖化対策のための温室効果ガス(二酸化炭素など)排出規制強化も進められており、環境負荷の低いエネルギーへのシフトは緊急の課題となりつつある。そうした中で2002年、この「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)」は策定され、翌2003年から施行された。電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラー・アップドラフト・タワー

    ソーラー・アップドラフト・タワーから見た温室効果ガス温室効果ガス

    2012年段階でソーラー アップドラフト タワーの温室効果ガス(GHG)排出量に関するデータは見られない。本発電所は建築材料や建築工事時に温室効果ガスの排出を伴うが、運転(発電)中の排出はない。しかもコレクター内部を農場として使用し、植物によるCO2吸収が期待されるため、建築材料の採鉱から施設廃棄までのライフサイクル中の全排出量を、ライフサイクル中の全発電量で平均した値(排出原単位)は化石燃料発電による排出量(日本の平均で690g-CO2/kWh)よりも少ないと期待される。ソーラー・アップドラフト・タワー フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た温室効果ガス温室効果ガス

    2000年代に温室効果ガスによる地球温暖化が国際問題となる。建設業など石綿作業者を中心にアスベスト吸引によるアスベスト問題が注目された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • フィッシャー・トロプシュ法

    フィッシャー・トロプシュ法から見た温室効果ガス温室効果ガス

    アメリカ国立再生可能エネルギー研究所 (National Renewable Energy Laboratory, NREL) の研究によれば、燃料サイクル全体として見た場合、石炭から製造した合成燃料の使用による温室効果ガスの放出は、石油を用いた場合の2倍近くなるとされている。同様に他の汚染物質の放出量も大幅に増加するが、それらの多くは製造過程で捕集することが可能であるとされる。フィッシャー・トロプシュ法 フレッシュアイペディアより)

  • ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ポスト京都議定書(ポストきょうとぎていしょ、)とは、京都議定書の第一約束期間である2008年?2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されていた、気候変動枠組条約の「新たなる目標」の通称。ポスト京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書目標達成計画

    京都議定書目標達成計画から見た地球温暖化係数温室効果ガス

    基準年は1990年度(代替フロンについては1995年)。また、二酸化炭素(CO2)以外の排出量は、地球温暖化係数をもとにしたCO2換算である。京都議定書目標達成計画 フレッシュアイペディアより)

  • ISO 14000

    ISO 14000から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ISO 14064-1 温室効果ガス ― 第1部:組織における温室効果ガスの排出量及び吸収量の定量化及び報告のための仕様並びに手引ISO 14000 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回気候変動枠組条約締約国会議

    第3回気候変動枠組条約締約国会議から見た温室効果ガス温室効果ガス

    第3回気候変動枠組条約締約国会議(だい3かいきこうへんどうわくぐみじょうやくていやくこくかいぎ)は、1997年12月に日本の京都府京都市にある国立京都国際会館で開催された、温室効果ガス排出規制に関する国際的な合意形成を主な目的とした国際会議である。第3回気候変動枠組条約締約国会議 フレッシュアイペディアより)

304件中 111 - 120件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード