304件中 11 - 20件表示
  • チーム・マイナス6%

    チーム・マイナス6%から見た温室効果ガス温室効果ガス

    チーム・マイナス6%(チーム・マイナスろくパーセント)は地球温暖化の一因とされる温室効果ガスを抑制するために2005年〜2009年12月まで日本国政府が主導したプロジェクトである。現在は25%削減を目指すチャレンジ25キャンペーンに移行している。チーム・マイナス6% フレッシュアイペディアより)

  • イドロ・ケベック

    イドロ・ケベックから見た温室効果ガス温室効果ガス

    発電、送電、配電施設の建設や管理による環境への影響やイドロ・ケベックの活動も例外ではなく、水力発電開発において施設を建設する時に現場地域の環境や地元住民に影響を与える。例として、新たな貯水池の開発は食物連鎖を乱し湖や川の水銀濃度を上げてしまうという。これにより一時的に貯水池からの温室効果ガス排出が増加し、汀線の侵食を進めてしまう。イドロ・ケベック フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た温室効果ガス温室効果ガス

    日本は、京都議定書によって二酸化炭素を主とする温室効果ガスの排出削減義務を負っているが、各地にある原子力発電所の停止によって代替電源を火力発電に求めざるをえないことから、温室効果ガスの排出量が増加し、京都議定書の削減目標を達成することが困難な情勢となっている。東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た温暖化ガス温室効果ガス

    国際エネルギー機関 (IEA) が2008年6月に発表した報告書では、地球温暖化やエネルギー資源の枯渇に対して何も手を打たなかった場合 (Baseline) は石炭と天然ガスの利用量が増え、温暖化ガスの排出量が倍以上に増加し、再生可能エネルギーの導入量も殆ど伸びない可能性を指摘している。一方、世界が積極的に対策を進めた場合 (BLUE Map) は、2050年までにエネルギー部門からの温暖化ガスの排出量を半減すると同時に、再生可能エネルギーが発電量の46%を占める見通しを提示している。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 氷河時代

    氷河時代から見た温室効果ガス温室効果ガス

    これまでに十分裏づけされてきた氷河時代の中で、過去10億年の間でおそらく最も厳しかったものは、8億5000万年前から6億3000万年前(クライオジェニアン)に起きた。このとき氷床が赤道まで達し、スノーボールアース(雪玉地球、全球凍結)を作り出したとされる。スノーボールアースは火山によって作り出された温室効果ガス(二酸化炭素()など)の蓄積により終焉を迎えたのかもしれない。「大陸氷床と海上の流氷の存在は、ケイ酸塩の風化と光合成の両方を抑制しただろうが、それらは現在の二つの大きな溜まり場である。」この氷河時代の終結は、続いて起きたエディアカランとカンブリア爆発を招いたといわれているが、。氷河時代 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見た温室効果ガス温室効果ガス

    気候変動に関する政府間パネルの第4次報告書(2007年)によると、気温上昇を2℃程度に食い止めるには、この年までに温室効果ガスの排出量を2000年時より半減させる必要があるとの指摘がされている。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に関する動きの歴史

    地球温暖化に関する動きの歴史から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1827年にジョゼフ・フーリエが温室効果を発表、1861年にジョン・ティンダルが水蒸気・二酸化炭素・オゾン・メタンなどが主要な温室効果ガスであることを発見するとともに地球の気候を変える可能性を指摘した。これらの研究をベースに1896年、スヴァンテ・アレニウスは自身の著書『宇宙の成立』の中で、石炭などの大量消費によって今後大気中の二酸化炭素濃度が増加すること、二酸化炭素濃度が2倍になれば気温が5?6℃上昇する可能性があることなどを述べた。このころは、二酸化炭素による冷害防止に触れた『グスコーブドリの伝記』(宮沢賢治、1932年)などに見られるように、一部には浸透していたものの、こういった科学知識が一般に広く認知されるには至っていなかった。地球温暖化に関する動きの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 暴走温室効果

    暴走温室効果から見た温室効果ガス温室効果ガス

    一般に、暴走温室効果の「引き金」は太陽放射であり、その効果を増幅させる温室効果ガスとして想定されているのは水蒸気である。暴走温室効果の研究は太陽定数の変化がどのように気温変化に対して影響を与えるかをモデル計算により求めるというものである。太陽定数が増加すれば水蒸気濃度も増加する。増加した水蒸気濃度は大気の光学的厚さを著しく増加させ、やがては大気上層における外向きの長波放射に限界が訪れるだろうといわれている。しかし、水蒸気濃度の増加に伴い当然、雲の形成も活発に行われると予想され、正味の太陽放射に大きな影響を与えると考えられる。暴走温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 国際環境NGO FoE Japan

    国際環境NGO FoE Japanから見た温室効果ガス温室効果ガス

    2008年 - 日本の責任ある温室効果ガス削減のための法律制定を求めるMAKE the RULEキャンペーンを開始。企業の社会的責任(CSR)としての生物多様性保全への取組みを評価する基準案を作成国際環境NGO FoE Japan フレッシュアイペディアより)

  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た温室効果ガス温室効果ガス

    欧州では2020年までに20%の温室効果ガス排出削減と20%の再生可能エネルギー導入の目標について2007年に合意した。それを受け、欧州委員会は再生可能エネルギー推進に関する新しいEU指令案を含む温暖化対策に関する包括的政策パッケージを2008年1月に発表、同年12月17日に議会で採択した。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

304件中 11 - 20件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード