304件中 21 - 30件表示
  • カーボンフットプリント

    カーボンフットプリントから見た地球温暖化係数温室効果ガス

    カーボンフットプリントにおける二酸化炭素の排出量を表す単位として、t-CO2eq(二酸化炭素換算トン)というものを用いる。通常、温暖化に対する「寄与度」を示す地球温暖化係数(GWP)を排出後100年間で積分した値(ITH 100)を重量あたりで定数化し、これに重量をかけて算出する。二酸化炭素以外の温室効果ガスについても、地球温暖化係数の大小で等価的に二酸化炭素の重量に換算する。別名GWPともいい、地球温暖化対策においては必ず用いられる単位である。実際に排出された二酸化炭素の(推定)量とは異なるので注意しなければならない。カーボンフットプリント フレッシュアイペディアより)

  • カーボンフットプリント

    カーボンフットプリントから見た温室効果ガス温室効果ガス

    個人や団体、企業などが生活・活動していく上で排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの出所を調べて把握すること。炭素の足跡。カーボンフットプリント フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た温室効果ガス温室効果ガス

    二酸化炭素は現在の濃度であれば人体に直接害をなすものではないが(二酸化炭素を参照)、大気中に留まると温室効果ガスとして働き、太陽からもたらされるエネルギーを宇宙へ放出する循環経路に支障を来たし、20世紀中に気温を 1.7℃上昇させ地球温暖化問題の一因となっていることが指摘されている。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化対策の推進に関する法律

    地球温暖化対策の推進に関する法律から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、全ての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることに鑑み、地球温暖化対策に関し、地球温暖化対策計画を策定するとともに、社会経済活動その他の活動による温室効果ガスの排出の抑制等を促進するための措置を講ずること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする。(第1条)地球温暖化対策の推進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書目標達成計画

    京都議定書目標達成計画から見た温室効果ガス温室効果ガス

    京都議定書目標達成計画(きょうとぎていしょもくひょうたっせいけいかく、英:Kyoto Protocol Target Achievement Plan)は、京都議定書で日本に課せられた、温室効果ガスの6%削減を達成するために必要な措置を計画・立案したものである。京都議定書目標達成計画 フレッシュアイペディアより)

  • 三隅発電所

    三隅発電所から見た温室効果ガス温室効果ガス

    中電は2000年、2003年にも延期を申し入れており、3回目の延期申し入れとなった。政府が温室効果ガス排出量を2020年に1990年比で25%削減するとの目標を打ち出したこともあり、原子力発電を中心とした温室効果ガスを出さない発電方法に軸足を置きたい中国電力は、松江市鹿島町にある島根原子力発電所3号機や、山口県上関町にある上関原子力発電所1、2号機の建設・運転を優先させてきた経緯があるが、福島第一原子力発電所事故(2011年)により、上関原子力発電所の建設は中止になる可能性がある。三隅発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た温室効果ガス温室効果ガス

    グローバルスケール(Global Scale、数100km?):メタン、一酸化二窒素、フロン: エアロゾルと気候変動の関係、温室効果ガス、成層圏オゾンの減少大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • 金星の植民

    金星の植民から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ロバート・ズブリンは著書『Entering Space 』で巨大なソーラーシールドにより太陽から金星を保護し、大気の二酸化炭素をドライアイスに凝固させ、"雪"として地表に降らせるのに十分なほど冷やし、最終的には埋めるか他の世界(おそらくは火星。火星は金星とは反対に、大気圧や温室効果ガスの不足という問題を持っている)に送る、という方法を提案している。太陽を遮蔽し、過剰な温室効果ガスを取り除くことで、気圧と熱の問題は解決される。しかしズブリン自身も水の不足が重大な問題として残っていることを認めている。彗星や氷を含む小惑星を衝突させるとしても、長い時間がかかる上、完了しても少しの解決にしかならないと考えられている。さらに、惑星の回転を加速させるという案に至っては、はるかに遠い未来の話だろう。金星の植民 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た温室効果ガス温室効果ガス

    鳩山が「朝日地球環境フォーラム2009」のスピーチで、日本の2020年までの温室効果ガス排出削減の中期目標について、「1990年比25%削減をめざす」、「あらゆる政策を総動員して実現をめざす」と発言。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 地球のエネルギー収支

    地球のエネルギー収支から見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果は、温室効果ガスが熱に変わりやすい赤外線などの電磁波を吸収して大気や地球表面が得たエネルギーをより長く環境中に留めるように働き、平衡状態における大気や地球表面の平均温度が上昇することを指す。温室効果ガスが増加すると、一時的に放射の量が減少し、大気や地球表面の温度が上昇し、放射が再び増えることで安定する(放射強制力の項を参照)。地球のエネルギー収支 フレッシュアイペディアより)

304件中 21 - 30件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード