237件中 21 - 30件表示
  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見た温室効果ガス温室効果ガス

    自動車は地球温暖化の原因となる温室効果ガス(自動車の排出単位輸送量あたりの二酸化炭素排出量は鉄道や飛行機より多い)をはじめ大気汚染や酸性雨騒音公害など深刻な環境問題を発生させており、一部は環境対策に充当すべきではないかとの議論がある(財源を目的としていた環境税化)。ただし、温室効果ガスについては排出する主体全てに課税すべきであり、既に徴税の仕組みが確立しており徴収しやすい自動車を狙い撃ちにするような制度は不公平であるとの反論もある。また、道路建設は同時に自然を破壊することにもなり、自然を破壊してまで道路を建設した結果、道路の利便性が増せば、自動車の利用を促進し、温室効果ガスの発生につながることから、本末転倒ではないかとの指摘もある。環境対策であれば道路ではなく、モーダルシフトを促進させることに財源を使うべきとの議論もある。また、課税して価格が上昇することによる消費抑制効果は、広い意味ではピグー税と同じ効果がある。ただし、自動車に対して環境と批判する割りに、鉄道や航空機に対する批判がないのは二枚舌だと批判される。現実的に鉄道や航空機では行き先が限定されている。またナフサ免税、A重油免税も整合性を欠くと批判がある。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た温室効果ガス温室効果ガス

    欧州では2020年までに20%の温室効果ガス排出削減と20%の再生可能エネルギー導入の目標について2007年に合意した。それを受け、欧州委員会は再生可能エネルギー推進に関する新しいEU指令案を含む温暖化対策に関する包括的政策パッケージを2008年1月に発表、同年12月17日に議会で採択した。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • メイタン・トラディション

    メイタン・トラディションから見た温室効果ガス温室効果ガス

    近年では外国為替仲介業務のみならず二酸化炭素排出権デリバティブ商品(温室効果ガス排出総量・CO2削減クレジット・排出権取引)も取扱う。契約クレジット量は266.2万トンである。これは中国国内製鉄所において、廃棄されていたガス(高炉・コークス炉)を回収・発電し、系統からの購入電力を減らし、電力網の化石燃料(石炭)使用量を減らすことにより、温室効果ガスの排出を削減する。メイタン・トラディション フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に関する動きの歴史

    地球温暖化に関する動きの歴史から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1827年にジョゼフ・フーリエが温室効果を発表、1861年にジョン・ティンダルが水蒸気・二酸化炭素・オゾン・メタンなどが主要な温室効果ガスであることを発見するとともに地球の気候を変える可能性を指摘した。これらの研究をベースに1896年、スヴァンテ・アレニウスは自身の著書『宇宙の成立』の中で、石炭などの大量消費によって今後大気中の二酸化炭素濃度が増加すること、二酸化炭素濃度が2倍になれば気温が5?6℃上昇する可能性があることなどを述べた。このころは、二酸化炭素による冷害防止に触れた『グスコーブドリの伝記』(宮沢賢治、1932年)などに見られるように、一部には浸透していたものの、こういった科学知識が一般に広く認知されるには至っていなかった。地球温暖化に関する動きの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 暴走温室効果

    暴走温室効果から見た温室効果ガス温室効果ガス

    一般に、暴走温室効果の「引き金」は太陽放射であり、その効果を増幅させる温室効果ガスとして想定されているのは水蒸気である。暴走温室効果の研究は太陽定数の変化がどのように気温変化に対して影響を与えるかをモデル計算により求めるというものである。太陽定数が増加すれば水蒸気濃度も増加する。増加した水蒸気濃度は大気の光学的厚さを著しく増加させ、やがては大気上層における外向きの長波放射に限界が訪れるだろうといわれている。しかし、水蒸気濃度の増加に伴い当然、雲の形成も活発に行われると予想され、正味の太陽放射に大きな影響を与えると考えられる。暴走温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • カーボンフットプリント

    カーボンフットプリントから見た地球温暖化係数温室効果ガス

    カーボンフットプリントにおける二酸化炭素の排出量を表す単位として、t-CO2eq(二酸化炭素換算トン)というものを用いる。通常、温暖化に対する「寄与度」を示す地球温暖化係数(GWP)を排出後100年間で積分した値(ITH 100)を重量あたりで定数化し、これに重量をかけて算出する。二酸化炭素以外の温室効果ガスについても、地球温暖化係数の大小で等価的に二酸化炭素の重量に換算する。別名GWPともいい、地球温暖化対策においては必ず用いられる単位である。実際に排出された二酸化炭素の(推定)量とは異なるので注意しなければならない。カーボンフットプリント フレッシュアイペディアより)

  • カーボンフットプリント

    カーボンフットプリントから見た温室効果ガス温室効果ガス

    個人や団体、企業などが生活・活動していく上で排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの出所を調べて把握すること。炭素の足跡。カーボンフットプリント フレッシュアイペディアより)

  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    世界全体に展開する温室効果ガス関連の第三者機関のトップに位置する。気候変動関連認証実績で世界第1位(CDM Validation実績世界シェア50%、JI Determination実績世界シェア40%以上)。世界で最も早く、CDM有効化審査を行う第三者機関(DOE)として2004年3月に認定を受け、現在ではほとんどの分野での審査を認められている(2007年9月現在)デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論から見た温室効果ガス温室効果ガス

    (反論)二酸化炭素は自然界で排出されているが、その一方で、ほぼ同量が吸収されてバランスを保っていた。それに加えて人為的に二酸化炭素などの温室効果ガスを増やしてきたことが、地球温暖化の原因となっている(IPCC第4次評価報告書)。海洋は二酸化炭素の放出源ではなく、正味で吸収源であると考えられている。地球温暖化に対する懐疑論 フレッシュアイペディアより)

  • フロン類

    フロン類から見た温室効果ガス温室効果ガス

    冷媒や溶剤として20世紀中盤に大量に使用されたが、オゾン層破壊の原因物質ならびに温室効果ガスであることが明らかとなり、今日では様々な条約・法律によって使用には大幅な制限がかけられている。フロン類 フレッシュアイペディアより)

237件中 21 - 30件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード