237件中 31 - 40件表示
  • 大気化学

    大気化学から見た温室効果ガス温室効果ガス

    グローバルスケール(Global Scale、数100km?):メタン、一酸化二窒素、フロン: エアロゾルと気候変動の関係、温室効果ガス、成層圏オゾンの減少大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • シェールガス

    シェールガスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している。ライス大学ベーカー研究所の研究では、アメリカとカナダにおけるシェールガスの生産量の増加によってロシアとペルシャ湾岸諸国からヨーロッパ各国へのガス輸出価格が抑制されると結論付けた。2009年の米中シェールガス・イニシアティブにおいてアメリカのオバマ大統領は、シェールガス開発は温室効果ガス排出量を減らすことができるとの見解を示した。しかしその後シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が学会から上がるようになった。シェールガス フレッシュアイペディアより)

  • 地球のエネルギー収支

    地球のエネルギー収支から見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果は、温室効果ガスが熱に変わりやすい赤外線などの電磁波を吸収して大気や地球表面が得たエネルギーをより長く環境中に留めるように働き、平衡状態における大気や地球表面の平均温度が上昇することを指す。温室効果ガスが増加すると、一時的に放射の量が減少し、大気や地球表面の温度が上昇し、放射が再び増えることで安定する(放射強制力の項を参照)。地球のエネルギー収支 フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見た温室効果ガス温室効果ガス

    テキサス州はアメリカ合衆国で最大の温室効果ガスを排出している。毎年の二酸化炭素排出量は1.5兆ポンド(6.8億トン)近くに上っている。世界の国と比較したとき、テキサス州は第7位の排出量となる。2000年と比較して出生数から死亡数を引いた自然増では1,389,275人が増加し、国外からの移民で801,576人、国内移動で451,910人が増加した。2004年時点で350万人の外国出身者がおり(州人口の15.6%に相当)、このうち120万人が不法在留外国人 (不法在留外国人はテキサス州内の外国生まれの3分の1以上及び総計州人口の5.4%と計算する) であると見込まれる。2000年から2006年の間の不法移民増加率では国内最大である。2010年、不法移民は州人口の6.0%となっている。これは国内の50州では5番目に高い数字となっている。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た温室効果ガス温室効果ガス

    二酸化炭素は現在の濃度であれば人体に直接害をなすものではないが(二酸化炭素を参照)、大気中に留まると温室効果ガスとして働き、太陽からもたらされるエネルギーを宇宙へ放出する循環経路に支障を来たし、20世紀中に気温を 1.7℃上昇させ地球温暖化問題の一因となっていることが指摘されている。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 氷河期

    氷河期から見た温室効果ガス温室効果ガス

    最近の氷期が終わったのは、1万年ほど前である。現在は典型的な間氷期が1万2000年ほど続いていると考えられているが、氷床コアデータによる精密な時期の断定は難しく、世界的な寒冷化をもたらす新しい氷期が間もなく始まる可能性もある。今のところ「温室効果ガス」を増加させている人為的な要因の方が、ミランコビッチの軌道周期のどの影響よりも重いだろうと信じられているが、地球軌道要素に対するより最新の研究は、人間活動の影響が無いとしても、現在の間氷期は少なくとも5万年は続くだろうとも示唆している。氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 環境問題

    環境問題から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1997年、京都にて「気候変動枠組条約第3回締結国会議」が開催された。ここでは京都議定書により二酸化炭素、メタン、フロンガスといった温室効果ガスの総排出量を削減することが取り決められた。削減目標は国ごとに割り当てられ、先進国全体で2012年までに1990年の総排出量から5.2%削減することが求められている。これは2050年までに総排出量を半減させるという長期目標に比べて微々たる量であるが、排出削減で合意したこと自体に一定の意味がある。京都議定書については、ロシアはいわゆる「ホットエア」の問題がある他、EUは東欧への技術導入でCO2削減が比較的容易であり、日本などは他国に比べて追加的にCO2を削減するのに大変費用がかかるとされる。環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1月18日 - 世界最初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」など人工衛星計8基搭載したH-IIAロケット15号機、種子島宇宙センターから打ち上げ成功。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た温室効果ガス温室効果ガス

    一方、温室効果ガスによる地球温暖化、フロン類などによるオゾン層の破壊も、地球規模の大気汚染(地球環境問題)として浮上した。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-)

    民主党 (日本 1998-)から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1998年の「基本政策」では「原子力発電の安全性向上と国民的合意を形成する」とし、1999年8月の「政権政策委員会提言」では温室効果ガス削減の考慮、老朽化の廃炉、新規原子力発電所の建設検討、原子力安全委員会の独立性、原子力の安全確保、「原子力情報公開ガイドライン」などを列挙した。2003年マニフェストでは「安全を最優先し、原子力行政の監視を強めます」、2005年マニフェストでは「過渡的エネルギーとして慎重に推進」、2007年および2009年の政策集では「着実に取り組みます」とした。民主党 (日本 1998-) フレッシュアイペディアより)

237件中 31 - 40件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード