304件中 31 - 40件表示
  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    世界全体に展開する温室効果ガス関連の第三者機関のトップに位置する。気候変動関連認証実績で世界第1位(CDM Validation実績世界シェア50%、JI Determination実績世界シェア40%以上)。世界で最も早く、CDM有効化審査を行う第三者機関(DOE)として2004年3月に認定を受け、現在ではほとんどの分野での審査を認められている(2007年9月現在)デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

  • スノーボールアース

    スノーボールアースから見た温室効果ガス温室効果ガス

    スノーボールアース仮説では、地球が完全に凍結したとしても再び温暖な環境を取り戻す過程を提示し、地球史上にスノーボールアース状態が存在する可能性を示した。凍結から脱する要素として火山活動に由来する二酸化炭素などの温室効果ガスの蓄積を挙げている。スノーボールアース フレッシュアイペディアより)

  • エア・コンディショナー

    エア・コンディショナーから見た温室効果ガス温室効果ガス

    初期のエア・コンディショナーや冷蔵庫は、アンモニア、クロロメタン、プロパンといった有毒または可燃性のガスを使用しており、それらが漏れ出すと死亡事故に繋がる危険性があった。トマス・ミジリーは世界初のフロン類であるフレオンを1928年に開発した。この冷媒は人間には安全だったが、後になって大気のオゾン層にとって有害だということがわかった。「フレオン」はデュポン社の商標であり、実際はクロロフルオロカーボン(CFC)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)といった物質で、商品名(R-11, R-12, R-22, R-134A)には分子構成を示す数が付けられている。住宅などの空調によく使われたものはR-22という商品名のHCFCである。これは2010年までに新製品には使われなくなり、2020年には完全に使用されなくなる予定である。アメリカでは自動車のエア・コンディショナーのほとんどがR-12を使っていたが、1994年にR-134Aに切り替えられた。R-11とR-12はアメリカ合衆国内では既に生産されておらず、廃棄されたエア・コンディショナーから回収したガスをきれいにしたものが売られているだけとなっている。オゾン層に影響しないいくつかの冷媒が代替フロンとして開発されており、例えばR-410Aはブランド名 Puronで販売されている。オゾン層に悪影響を与える主な冷媒はR-22、R-11、R-123である。ただし、R-410A冷媒などの代替フロンは強力な温室効果ガスでもあったフロン類ほどではないもののやはり地球温暖化係数が高いため、これに代わる次世代冷媒の開発が行われている。エア・コンディショナー フレッシュアイペディアより)

  • フロン類

    フロン類から見た温室効果ガス温室効果ガス

    冷媒や溶剤として20世紀中盤に大量に使用されたが、オゾン層破壊の原因物質ならびに温室効果ガスであることが明らかとなり、今日ではモントリオール議定書をはじめ様々な国際協定・法律によって、先進国を中心に使用には大幅な制限がかけられている。フロン類 フレッシュアイペディアより)

  • 気候変動

    気候変動から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球規模の気候を決める要因には、気候システムに内在するものと、システム外からの影響による外部強制力がある。気候システム内では、大気や海洋が物理法則にしたがって相互作用している。例えば大気海洋相互作用によって起こるエルニーニョ・南方振動は、気候システムに内在した変動である。一方、太陽活動の変動、地球の公転軌道の変化、火山噴火によるエアロゾルの増加、海塩粒子、土壌性エアロゾル(ダスト)の発生などは、自然の要因による外部強制力である。温室効果ガスや大気汚染物質の排出、森林の伐採や土地利用の変化など、人間活動に由来する外部強制力もある。気候変動 フレッシュアイペディアより)

  • 天然ガス

    天然ガスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    石炭・石油に比べて燃焼させた時に、大気汚染物質(窒素酸化物や硫黄酸化物など)や温室効果ガス(二酸化炭素)の排出が少ないため、火力発電所においても中心的な燃料となっている。天然ガス フレッシュアイペディアより)

  • メイタン・トラディション

    メイタン・トラディションから見た温室効果ガス温室効果ガス

    近年では外国為替仲介業務のみならず二酸化炭素排出権デリバティブ商品(温室効果ガス排出総量・CO2削減クレジット・排出権取引)も取扱う。契約クレジット量は266.2万トンである。これは中国国内製鉄所において、廃棄されていたガス(高炉・コークス炉)を回収・発電し、系統からの購入電力を減らし、電力網の化石燃料(石炭)使用量を減らすことにより、温室効果ガスの排出を削減する。メイタン・トラディション フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た温室効果ガス温室効果ガス

    一方、温室効果ガスによる地球温暖化、フロン類などによるオゾン層の破壊も、地球規模の大気汚染(地球環境問題)として浮上した。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • シェールガス

    シェールガスから見た温室効果ガス温室効果ガス

    別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している。ライス大学ベーカー研究所の研究では、アメリカとカナダにおけるシェールガスの生産量の増加によってロシアとペルシャ湾岸諸国からヨーロッパ各国へのガス輸出価格が抑制されると結論付けた。2009年の米中シェールガス・イニシアティブにおいてアメリカのオバマ大統領は、シェールガス開発は温室効果ガス排出量を減らすことができるとの見解を示した。しかしその後シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が学会から上がるようになった。シェールガス フレッシュアイペディアより)

  • 第192回国会

    第192回国会から見た温室効果ガス温室効果ガス

    同年11月8日には、2020年(平成32年)以降における温室効果ガス排出量の削減に努めることなどの新たな地球温暖化対策の国際的枠組について定めるパリ協定が承認された。第192回国会 フレッシュアイペディアより)

304件中 31 - 40件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード