304件中 41 - 50件表示
  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1月18日 - 世界最初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」など人工衛星計8基搭載したH-IIAロケット15号機、種子島宇宙センターから打ち上げ成功。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論から見た温室効果ガス温室効果ガス

    (反論)二酸化炭素は自然界で排出されているが、その一方で、ほぼ同量が吸収されてバランスを保っていた。それに加えて人為的に二酸化炭素などの温室効果ガスを増やしてきたことが、地球温暖化の原因と考えられる(IPCC第4次評価報告書)。海洋は二酸化炭素の放出源ではなく、正味で吸収源である。地球温暖化に対する懐疑論 フレッシュアイペディアより)

  • 天野明弘

    天野明弘から見た温室効果ガス温室効果ガス

    また環境省中央環境審議会委員として、京都議定書に定められた温室効果ガス排出削減目標を達成するために経済的手法(環境税・排出権取引制度)の導入を提言しており、現在の経団連による同手法への懐疑的なスタンスや自主的取組を中心とする温室効果ガス削減政策の実効性には批判的な立場を取っていた。天野明弘 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素

    二酸化炭素から見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。二酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-2016)

    民主党 (日本 1998-2016)から見た温室効果ガス温室効果ガス

    1998年の「基本政策」では「原子力発電の安全性向上と国民的合意を形成する」とし、1999年8月の「政権政策委員会提言」では温室効果ガス削減の考慮、老朽化の廃炉、新規原子力発電所の建設検討、原子力安全委員会の独立性、原子力の安全確保、「原子力情報公開ガイドライン」などを列挙した。2003年マニフェストでは「安全を最優先し、原子力行政の監視を強めます」、2005年マニフェストでは「過渡的エネルギーとして慎重に推進」、2007年および2009年の政策集では「着実に取り組みます」とした。民主党 (日本 1998-2016) フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見た温室効果ガス温室効果ガス

    テキサス州はアメリカ合衆国で最大の温室効果ガスを排出している。毎年の二酸化炭素排出量は1.5兆ポンド(6.8億トン)近くに上っている。世界の国と比較したとき、テキサス州は第7位の排出量となる。2000年と比較して出生数から死亡数を引いた自然増では1,389,275人が増加し、国外からの移民で801,576人、国内移動で451,910人が増加した。2004年時点で350万人の外国出身者がおり(州人口の15.6%に相当)、このうち120万人が不法在留外国人 (不法在留外国人はテキサス州内の外国生まれの3分の1以上及び総計州人口の5.4%と計算する) であると見込まれる。2000年から2006年の間の不法移民増加率では国内最大である。2010年、不法移民は州人口の6.0%となっている。これは国内の50州では5番目に高い数字となっている。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た温室効果ガス温室効果ガス

    技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できる。設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ(パワーコンディショナー)、用途により蓄電池も組み合わせて構成される。開発当初は極めて高価で宇宙開発等限られた用途に用いたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになった(太陽光発電の市場動向を参照)。今後コスト低減や市場拡大が続くと見込まれ、各国で普及政策が進められると同時に、貿易摩擦に発展する例や価格競争で倒産する企業が見られる。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見た温室効果ガス温室効果ガス

    イギリスは西側世界で最初に商用の原子力発電を開始した国であり、1990年代後半には発電電力量の1/4を原子力がまかなっていた。チェルノブイリ原子力発電所事故後、原子力開発は停滞し、プラントの老朽化・閉鎖に伴い発電シェアは低下を続けていた。2000年代に入って北海油田の枯渇や地球環境問題への対処から原子力を見直す機運が高まり、温室効果ガスの削減目標(2050年に1990年比で80%削減)に合わせて、2008年の原子力白書において原子力を積極的に推進する方針が明確に打ち出された。低炭素エネルギーの導入促進のための差額補填契約 (CfD) による補助の対象に原子力も入れることで、新規建設を進めようとしている。2013年には英国内で原子力発電所の建設を目指すフランス電力と英国政府の間でCfDの合意・契約がなされ、欧州委員会の承認のもと、新規建設が進められようとしている。原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果気体

    温室効果気体から見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果気体 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化係数

    地球温暖化係数から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化係数 フレッシュアイペディアより)

304件中 41 - 50件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード