304件中 71 - 80件表示
  • マテリアルフローコスト会計

    マテリアルフローコスト会計から見た温室効果ガス温室効果ガス

    今までの環境会計では、環境対策に使われた費用にばかり目が行き、それが本当に環境対策になっているのか、また企業にとって環境会計がプラスになるのか、根本のところで疑問の生じる企業が多かった。しかし最近では世界的に環境への注目度が高まり、温室効果ガスの排出制限や有害廃棄物削減などの環境負荷低減が国際的に義務化されてきた。企業経営者にはこれまでにも増して環境経営への意識向上が迫られるようになってきた。従来、環境対策は利益を生まない経営コストとして過小評価されてきたが、CSRにおいて環境保全への取組み姿勢を社内外に示す説明責任はもはや不可避となってきたのである。マテリアルフローコスト会計 フレッシュアイペディアより)

  • クールアース推進構想

    クールアース推進構想から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ピークアウトと温室効果ガス排出半減の方策を至急検討するように国際連合に要請することクールアース推進構想 フレッシュアイペディアより)

  • 日傘効果

    日傘効果から見た温室効果ガス温室効果ガス

    火山の噴火のような場合、二酸化炭素などの温室効果ガスがエアロゾルとともに放出されるため、エアロゾルからの赤外線放射が近くにある温室効果ガスに吸収されやすくなり、他の場合に比べて地表に届く放射量の減少幅が大きくなってしまい、気温の低下も著しくなる。また、火山の大噴火の場合は特に、エアロゾルが成層圏まで達し、成層圏の強い風によって急速に地球全体にエアロゾルが拡散するため、地球規模で地上気温の低下が起こる。日傘効果 フレッシュアイペディアより)

  • クロロジフルオロメタン

    クロロジフルオロメタンから見た地球温暖化係数温室効果ガス

    温室効果ガスとしては、クロロジフルオロメタンは1810の地球温暖化係数を持つ(二酸化炭素の1810倍である)。代替物では、R-410Aは高い地球温暖化係数を持つが、プロパンはわずか3である。クロロジフルオロメタン フレッシュアイペディアより)

  • クロロジフルオロメタン

    クロロジフルオロメタンから見た温室効果ガス温室効果ガス

    温室効果ガスとしては、クロロジフルオロメタンは1810の地球温暖化係数を持つ(二酸化炭素の1810倍である)。代替物では、R-410Aは高い地球温暖化係数を持つが、プロパンはわずか3である。クロロジフルオロメタン フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合域内排出量取引制度

    欧州連合域内排出量取引制度から見た温室効果ガス温室効果ガス

    欧州連合域内排出量取引制度(おうしゅうれんごういきないはいしゅつりょうとりひきせいど、英:European Union Emission Trading Scheme 略称:EU ETS)とは、欧州連合 (EU) 域内における二酸化炭素についての、複数の国による世界最大の排出量取引制度。EUの気候変動に対する政策の柱となっている。EU ETSでは、合計でEUの二酸化炭素排出量の半分に迫る量、温室効果ガス排出量合計の40%となるエネルギー部門や工業部門の1万を超える施設を対象としている。欧州連合域内排出量取引制度 フレッシュアイペディアより)

  • IPCC第5次評価報告書

    IPCC第5次評価報告書から見た温室効果ガス温室効果ガス

    大気中の温室効果ガス濃度は、過去80万年に無かった水準を超えている。IPCC第5次評価報告書 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・クレメント

    ヴォルフガング・クレメントから見た温室効果ガス温室効果ガス

    2002年のドイツ連邦議会選挙後、議席を減らして求心力を弱めた連邦首相のゲアハルト・シュレーダーの求めに応じ、10月21日にノルトライン=ヴェストファーレン州首相(および州議会議員)を辞任、第二次シュレーダー内閣に経済・労働相として入閣した。これは改革断行に苦しむシュレーダー内閣の目玉人事とされ、経済大臣と労働大臣を兼任するクレメントは「スーパー大臣」と呼ばれた。クレメントはここでも、飲料缶のデポジット制導入、将来の原子力発電所全廃、京都議定書で定められた温室効果ガスの排出権取引導入などをめぐり、緑の党所属の環境相ユルゲン・トリッティンとの困難な調整に取り組まなくてはならなかった。新自由主義的と批判され閣僚も多くが難色を示したシュレーダー内閣の改革案「アゲンダ2010」にも、クレメントは積極的な賛意を示した。ヴォルフガング・クレメント フレッシュアイペディアより)

  • トリフルオロヨードメタン

    トリフルオロヨードメタンから見た温室効果ガス温室効果ガス

    炭素、フッ素、ヨウ素原子を含む。ヨウ素は、塩素に比べ、成層圏のオゾン層破壊効果が数百倍も強いが、弱い炭素-ヨウ素結合は、水の影響ですぐに壊れてしまうため、トリフルオロヨードメタンのオゾン層破壊能は、ブロモトリフルオロメタンの1000分の1以下である。大気中での寿命は、ブロモトリフルオロメタンの1%以下で、火山から形成される塩化水素よりも短い、1か月以下である。しかし、炭素-フッ素結合自体が赤外線を吸収しやすく、分解後も非常に効率的な温室効果ガスとして振る舞う。トリフルオロヨードメタン フレッシュアイペディアより)

  • 直接溶融炉

    直接溶融炉から見た温室効果ガス温室効果ガス

    コークスなどの燃料が化石燃料に由来することから、他の溶融方式と比較し、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量が多いとして問題視する意見がある。一方で、他の溶融方式に比べ排熱利用発電での売電能力が高いことから、施設で購入する電力を大幅に削減することができ、電力消費量を二酸化炭素排出量に換算し、トータルで比較した場合には、大きな差が無いとも言われている。直接溶融炉 フレッシュアイペディアより)

304件中 71 - 80件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード