237件中 71 - 80件表示
  • クールアース推進構想

    クールアース推進構想から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ピークアウトと温室効果ガス排出半減の方策を至急検討するように国際連合に要請することクールアース推進構想 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書目標達成計画

    京都議定書目標達成計画から見た地球温暖化係数温室効果ガス

    基準年は1990年度(代替フロンについては1995年度)。また、二酸化炭素(CO2)以外の排出量は、地球温暖化係数をもとにしたCO2)換算である。京都議定書目標達成計画 フレッシュアイペディアより)

  • RechargeIT

    RechargeITから見た温室効果ガス温室効果ガス

    RechargeIT(リチャージIT)は、Googleの慈善事業部門Google.orgの5つのイニシアティブの1つ。プラグインEVの採用の加速化によるCO2 排出の低減、石油使用の削減、電力送電網の安定化を目的に創出された。RechargeIT フレッシュアイペディアより)

  • 樹脂型枠

    樹脂型枠から見た温室効果ガス温室効果ガス

    毎年大阪で開催されている建設技術展 近畿に継続的に出展し、「樹脂製型枠(プラスチック製型枠)を合板代替型枠として活用することは、建設現場での環境配慮への取り組みとして、産業廃棄物低減及び温室効果ガス削減に努める事で有り、型枠工事施工時の環境配慮として、省資源、省エネルギー、環境負荷物質の低減に有効で、「発生抑制(Reduce)・再利用(Reuse)・再資源化(Recycle)の3R」により、熱帯雨林材の使用抑制に効果がある」と主張している。樹脂型枠 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌学

    土壌学から見た温室効果ガス温室効果ガス

    土壌利用という目的や、土壌への純粋な好奇心によって土壌学の研究がすすめられ、土壌資源の多様性やダイナミクスについて、日々新たな知見が示されている。また、地球温暖化への関心の高まりもあって、気候変動や温室効果ガス、炭素隔離といった事柄と土壌との関係を調べるための、新しい研究手法が必要とされている。さらに、地球の生物多様性の維持や、化石人類の文化研究などの分野においても土壌の知見が必要とされており、土壌についてのさらなる理解が求められている。土壌学 フレッシュアイペディアより)

  • 認証排出削減量

    認証排出削減量から見た温室効果ガス温室効果ガス

    認証排出削減量(にんしょうはいしゅつさくげんりょう、、略称CER)は、京都議定書で規定された途上国への地球温暖化対策のための技術・資金援助スキームであるクリーン開発メカニズム (CDM) のルールに則って温室効果ガスを削減し、その排出削減量に基づき発行される国連認証のクレジットである。カーボンオフセットに利用される。認証は第三者の認証機関が行う。認証排出削減量 フレッシュアイペディアより)

  • 共同実施

    共同実施から見た温室効果ガス温室効果ガス

    共同実施(きょうどうじっし、英語:Joint Implementation, 略称:JI)とは、先進国がほかの先進国に技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量を削減する事業または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量をそれぞれの国の温室効果ガス排出量の削減分に再配分することができる制度である。京都議定書の第6条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。共同実施 フレッシュアイペディアより)

  • 熱源設備

    熱源設備から見た温室効果ガス温室効果ガス

    未利用エネルギーの利用により、省エネルギー・大気汚染防止・温室効果ガス削減が可能である。熱源設備 フレッシュアイペディアより)

  • スペンサー・ワート

    スペンサー・ワートから見た温室効果ガス温室効果ガス

    『温暖化の〈発見〉とは何か』 (The Discovery of Global Warming, 2003) は、温室効果ガスが地球温暖化の原因であるという説が科学者にいかに受容され、その危機が認識されてきたかを明らかにする。 19世紀ジョン・チンダルによる大気の温度についての温室効果の発見に始まり、1950年代の地質学的データ、近年のコンピュータ・シミュレーションなどの多様な研究を介して積み上げられてきた証拠を幅広い歴史的視点から分析している。スペンサー・ワート フレッシュアイペディアより)

  • 綾里崎

    綾里崎から見た温室効果ガス温室効果ガス

    気象ロケット観測所は、1970年(昭和45年)4月気象庁によって開設。1976年WMO大気バックグランド汚染地域観測所として降塵の化学成分観測。1987年WMO/GAWの一環として大気二酸化炭素の定常的な観測。1990年オゾン層破壊物質、紫外線、温室効果ガスの観測。2001年(平成13年)3月21日までの気象ロケット観測数1119回。2002年3月、気象ロケット観測所の名称を廃止。それ以後、WMO世界気象機関が推進している全球大気監視計画(GAW)に基づき、温室効果ガスやオゾンなどの観測を行っている。綾里崎 フレッシュアイペディアより)

237件中 71 - 80件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード